BLOG青い国四国路

四国の綺麗な所・美しい所・古い所のBOLG

全体表示

[ リスト ]

【高松市讃岐国分寺跡資料館】
 高松市讃岐国分寺跡資料館は香川県高松市国分寺町国分の国分寺の東側に建てらえています。この資料館は、有料で大人100円が必要です。高校生・中学生・小学生は無料です。ここでパンフレットを貰い、車を其の儘にして徒歩で史跡整備地・伽藍配置模型・覆屋内の復元僧房内に出かけると想像豊かになります。
 高松市讃岐国分寺跡資料館
 http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kyouiku/bunkabu/rekisi/kokubunzi/index.htm
 展示室には、讃岐国分寺についての展示を行ってい他、金堂跡の模型や発掘により出土した遺物などを展示しています。
 史跡整備地は、特別史跡讃岐国分寺跡を,往時の状況がわかるように整備しています。普通の公園と同じように,散策などに利用してください。との事です。
 
 ☆天平文化の華 国分寺の歴史
 天平13(741)年,聖武天皇は各国ごとに官営の僧寺と尼寺(国分二寺)を建てることを命じました。正式名称を僧寺は「金光明四天王護国之寺」(一般には国名を付けて○○国分寺と呼ぶ)尼寺を「法華滅罪之寺」(一般には国名を付けて○○国分尼寺と呼ぶ)と定めました。
また,当時都があった奈良(平城京)には,各国に建てられた国分寺,国分尼寺の頂点として東大寺・法華寺を建立しました。
 これによって,疫病や天災・内乱など社会不安が緩和できると期待したのです。
国分寺の造営工事は,各国の国司(中央から派遣された国府の長)の責任で推進され,遅くとも天平宝字年間(760年前後)には,ほぼ全国的に完成したようです。以上の記事はパンフレットより
 特別史跡 讃岐国分寺跡
 http://blogs.yahoo.co.jp/takamaturocky/32234689.html
 写真は、2010年5月20日撮影

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

この記事に

閉じる コメント(2)

近くなのに、このような資料館があるなんて、知りませんでした。
行ってみようと思います♪。

2010/5/24(月) 午前 8:45 ろりす 返信する

顔アイコン

ほんとに小さな資料館ですが古い事が好きな方にはたまりません。
資料館を出て史跡を散策されると良いですよ。史跡の中にある建物は東の扉から入ることが出来ます。(誰もいませんが中は目が慣れるまで暗いです。)

2010/5/24(月) 午前 10:50 [ ロッキー ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事