BLOG青い国四国路

四国の綺麗な所・美しい所・古い所のBOLG

全体表示

[ リスト ]

【宇佐八幡神社(藤尾城跡)】
 藤尾城跡(宇佐八幡神社)
 藤尾城跡は香川県高松市香西本町の藤尾山(磯崎山)に戦国時代の讃岐代表的豪族であった香西氏が天正3年(1575)に、それまでの本拠地・佐料城(高松市鬼無町佐料)に変えて築城した城である。
現在、往時を想像できる遺構は、あまり残っていないが、小高い丘である藤尾山を取りこんだ、城と考えられる。(現地案内説明板より参照)
 中世の平山城として、標高20mの磯崎山(藤尾山)頂上に本丸を設け、山麓の東・南・北に堀をめぐらし、西に空堀を造り、防衛の城として好適の条件を備えていた。現在の町割り(二の丸・天神郭など)から当時の規模を推察することができる。藤尾城は香西の町を拓いた城であり、本丸跡には宇佐八幡神社が祀られている。
 香西氏は、中世の讃岐の豪族で、内海の島々を支配し、海外貿易を行い、18代、365年間にわたり中讃地方に栄えた名氏族であった。長宗我部元親が、四国平定の軍を阿波・讃岐へ進めつつあった動乱期に、香西佳清(よしきよ)(18代)は、磯崎山に本城(藤尾城)、作山(つくりやま)に副城(作山城)、海に臨んで出城(芝山城)の構築工事を始めた。天正10年(1582)8月、長宗我部軍と激戦の末、和議を結んだ。天正13年秀吉の四国征伐によって廃城となった。(高松市公式ホームページより転載)
 高松市指定史跡「藤尾城跡」に昭和51年7月3日指定を受けている。
 写真は、2010年7月19日撮影
 地図はワイワイマップにスポット投稿します。

 鳥居
イメージ 1

 隋神門
イメージ 2

 拝殿
イメージ 3

 本殿
イメージ 4

 高松市指定名木「クロガネモチの木」
イメージ 5

 境内の石垣
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→香川で検索→《香川県の歴史的縁の地、文化財、資料館他 》を スクロールで選定する。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事