BLOG青い国四国路

四国の綺麗な所・美しい所・古い所のBOLG

全体表示

[ リスト ]

【林の浜と灯つかずの石灯籠】
 直島の東南端に位置する「林の浜(海岸)」はその昔、島の庄屋の娘「三宅まち」が船宿をし、港として賑わっていた所で、今も浜辺の一角に石灯籠が立っているが、三宅まちの名前が刻まれている。
 この石灯籠には伝説が残されている。船宿の庭で灯台の役目をしていた石灯籠を作った石工が、賃金を無理やり博打に誘われて、工賃を取られてしまった。帰るに帰られず、帰りの船から身投げをし、それ以来、石灯籠に火が付かなくなってしまったという。今では「灯つかずの石灯籠」と言われている。
 琴弾地浜から遊歩道が整備されていたが、現在は、その名残は残っているが雑草が生い茂っている所がある。海岸も漂着ごみや利用者の放置ゴミと合い重なって綺麗とは言えない。石灯籠の周りも雑草が茂っている。利用者が少ないので掃除もする人がいないようです。遊歩道は瀬戸内海の風景が綺麗です。
 以上の記事は、香川県立図書館蔵・四国新聞『郷土の顔』新さぬき百景より参照させて戴きました。
 写真は、2010年8月23日撮影
 四国新聞社選定さぬき百景『直島琴弾地浜と林海岸』に指定されています。

 アクセス:琴反地海水浴場から釣り公園方面に進む、釣り公園入り口より左に入ると直ぐにロープを張っている。ここよりは車では入れない。徒歩で往復約1時間位かかります。海岸に入ると入った所に目印を付けてから海岸に入りましょう。帰る時の困らないように!。(私は苦労しました。)
 地図はワイワイマップにスポット投稿します。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→香川で検索→《香川県の公園・景勝地》を スクロールで選定する。

この記事に

閉じる コメント(6)

アバター

なつかしいです。小学生の時に遠足で行きました。琴反地から往復一時間もかかったんですね。石灯籠のことは知りませんでした。

2010/9/9(木) 午後 1:56 浜辺の子 返信する

顔アイコン

落ち着いた風情のある浜ですが、ごみため浜のようで残念ですね。
そろそろ石工さんの呪いが解けますように。

2010/9/9(木) 午後 1:59 [ sum*5*yam*noue ] 返信する

顔アイコン

灯籠が草むらの中に。。
むかしは見晴らしの良いところだったのでしょうね。

2010/9/9(木) 午後 8:49 [ rec*u*ive_s** ] 返信する

顔アイコン

浜辺の子さん、キツイ坂道でした。途中で長袖を脱いで道端に於いてこの浜辺の石灯籠を見に行きました。
誰も利用しなくなってかなり年数が経っているようでした。釣公園の管理人さんが教えてくれた様子よりも綺麗でした。(笑;)

2010/9/10(金) 午前 11:07 [ ロッキー ] 返信する

顔アイコン

sumiさん、少し前までは、白い砂浜と緑の松と碧い海で有ったようです。今は松の木も少なくなり、交通も不便なので人が入らなくなったようです。
海岸のゴミはまだ少しですが、平地ではレジ袋に入ったゴミが目立ちました。(持って帰って下さいとぶつぶつ言いながら帰りました。)
ゴミが無くなれば呪いは解けるかも知れませんね。(笑;)

2010/9/10(金) 午前 11:19 [ ロッキー ] 返信する

顔アイコン

そん君さん、昔は此処の島陰で風・潮待ちをしていたようです。
直島の本村地区も風・潮待ちの船で賑わっていたようです。

2010/9/10(金) 午前 11:40 [ ロッキー ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事