BLOG青い国四国路

四国の綺麗な所・美しい所・古い所のBOLG

全体表示

[ リスト ]

【興昌寺山古墳と四国ミニ霊場】
 興昌寺山1号古墳は香川県観音寺市八幡町にあります。  観音寺市指定史跡昭45年3月12日指定
 興昌寺の本堂脇から四国八十八ヶ所巡り1番より登って行きます。石像やお堂など横目に登ると山頂らしい見晴らしの良い所に出ます。少し下って登った所に説明板が見えてきます。古墳の中は大師堂となっており弘法大師が祀られたいます。暫く進むと不動明王が祀られているお堂に出上手に上がって行くと西国三十三霊場巡りが出来ます。下手を進むと山門に出ます。間を潜り下って行きます。

 興昌寺山1号古墳
 八幡町の興昌寺裏山の山頂部に所在する径20m前後の円墳で、全長8.73mの両袖式横穴石室を埋葬施設とする後期古墳。興昌寺山にはこの山頂近くの1号墳のほかに、2基の古墳の所在が伝えられている。戦後の寺田氏調査では円筒埴輪片が採取されているので中期古墳の所在した可能性がある。玄室は安山岩の大小を組あげたもので、長さ3.81m、幅2m、高さ1.5m強の長方形プランで、側壁は数段から10m段、奥壁は数段の石材によって築かれ、天井石は4段程架講したもので現在3枚の安山岩平板が残っている。玄室部天井石は残存しないが、左右に立柱状の袖石を立て、床面には仕切石を配し玄室を区画する。羨道部は相当破壊されているが、玄室程より狭く、その長さは玄室長より長い。現存部分で、羨道長4.27mを測る。1号墳の出土遺物の組み合わせは不明だが、須恵器の高坏と坏(つき)の出土が伝えられる。 石室床面プラン、同側面観、石材の使用法などから6世紀後半から7世紀初頭に築造年代想定される。この石室の構築法や石材の選択は、母神山古墳群など、財田川、柞田川流域の横穴式石室墳とは、若干異なるという印象を持つが、県内ではむしろ一般的な横穴式石室で、整った形態の中規模石室と言える。この古墳の被葬者の勢力基盤は、室本町の池の宮古墳、高瀬古墳と共に、海上交通や漁業生産者にあったのではないかと考えられる。
 文は香川県立図書館蔵観音寺市史より転載しました。

 写真は2011年12月13日撮影
 場所は、ワイワイマップにスポット投稿します。

 古墳へもここから登ります。
イメージ 1

 19番
イメージ 2

 伊吹も見える展望台
イメージ 3

 23番と24番に在る大師堂(興昌寺山1号墳)
イメージ 4

 左側壁
イメージ 5

 右側壁
イメージ 6

 天井
イメージ 7

 羨道部
イメージ 8

 お堂
イメージ 9

 不動明王堂
イメージ 10

 山門
イメージ 11

 お堂
イメージ 12

 88番
イメージ 13


ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→「古墳」検索→《古墳・経塚のMAP》を スクロールで選定する。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事