BLOG青い国四国路

四国の綺麗な所・美しい所・古い所のBOLG

全体表示

[ リスト ]

海蔵院・東海寺

【海蔵院・東海寺】
 亀海山(きかいざん) 海蔵院(かいぞういん) 東海寺(とうかいじ)は香川県東かがわ市馬宿にあります。源義経ゆかりの地でもあります。
 本尊は七佛薬師如来 開基は行基菩薩 宗派は真言密教

 寺伝によれば養老五年(721)行基菩薩が開基。平安初期弘法大師空海四国八十八ヶ所開設の折、ご巡錫ご再興、平安中期天禄元年(970)清和源氏の基礎を固めし将軍「源満仲」公(出家摂津多田の庄に住し、多田満仲と称す。鬼退治で有名な頼光の父)が寺領を寄進、七堂伽藍の大寺を建て復興す。境内周囲に外堀を張り巡らし、中世まで僧兵を擁す。

 源平の世、源義経平氏追討の兵を挙ぐ。寿永四年二月屋島の合戦起こる。義経、平氏を屋島に追う途中、弁慶ら一軍率いて阿波の国より大坂(徳島県板野町大坂・旧大坂村)越え(一説には一本松越え)にて讃岐に入り、当山に宿営す。
 源氏入山の門(縮小)。義経馬足を洗いし馬洗いの池(縮小になっている)、鞍掛けの松(二代目)、弁慶打鳴らしの鐘楼(再建)、戦勝祈願本尊薬師如来並びに三社明神等今に伝う。

 天正年間、土佐の雄、長宗我部元親の兵火にかかる。伽藍焼失、宝物離散せり戦国の世終わりたる徳川初期、寺院狭縮、復興今日にいたる。
 0879−33−2836
 写真は2012年1月31日撮影

 山門
イメージ 1

 現在の門
イメージ 2

 本堂
イメージ 3

 大師堂など
イメージ 4

 鐘楼(辧慶打ち鳴らしの鐘)
イメージ 5

 手洗堂
イメージ 6

 義経鞍掛の松(二代目)
イメージ 7

 馬洗いの池(井戸のよう)
イメージ 8


 文はWikipedia&津森 明 著『義経讃岐を駆ける』&現地説明板などより参照・転載しました。
 場所はワイワイマップ(源平ゆかりの地map)にスポット投稿します。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事