BLOG青い国四国路

四国の綺麗な所・美しい所・古い所のBOLG

全体表示

[ リスト ]

喜岡城跡(高松城趾)

【喜岡城跡(高松城趾)】
 喜岡城跡(高松城趾)香川県高松市高松町の住宅街に残っています。
 鎌倉時代の末期、建武の中興の功臣舟木(高松)頼重が讃岐守護職としてこの地に城をかまえていましたが、建武2年(1335)11月26日、足利尊氏の臣「細川定禅」らの軍勢に攻められ、老父一族14人と郎党30余人討死し、落城しました。
 その後、ここ高松城にて高松庄を領した高松左馬助頼邑は、天正13年(1585)4月26日、秀吉の四国征伐の一隊(宇喜多秀家ら七将の兵)約2万3千の攻撃をうけ、手兵百余人と、香西氏派遣の唐人弾正、片山志摩の率いる兵、合わせてわずか二百をもって勇敢に戦いましたが衆寡敵しがたく城兵ひとり残らず討死しました。
 高松町長塚は、当時激戦のあった場所で全将兵を葬ったところと伝えられています。
 高松頼邑、唐人弾正、片山志摩の墓は、喜岡寺境内にあります。
 文は現地『高松市・高松観光協会』説明板より転載しました。

 城郭:平山城
 築城主:
 築城年:
 主な改修者:
 主な城主:舟木(高松)頼重、高松左馬助頼邑
 廃城:天正13年(1585)4月26日

 文は現地説明板などより参照。
 写真は2012年5月22日撮影
 場所はワイワイマップ『城・城址のMAP』にスポット投稿します。

 城跡
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 喜岡権現社(岡神社)
イメージ 4

イメージ 5

   この塚はかって当地点から北東約150mの地点に一基、やや東南寄り約190mの地点に一基に存在していた。
 周囲は肥沃な農地であったが昭和四十八年六月から始まった高松市高松町土地区画整理事業施行の際に此の地に遷し合祀したものである。現地石碑より。
イメージ 6

 円柱の柱が祀られていたが、地神?
イメージ 7

 栄松山 不二院 喜岡寺は 宗派 真言宗御室派 開基 覚行法親王 本尊 不動明王
 寛喜元年(1229)に覚行法親王が常光寺として開基したが、後に焼失し長らく廃寺となっていた。ところが、文禄三年(1592)に古高松村の旦那衆が常光寺の復活を願って堂宇を建築し、この地がかつて喜岡城跡であったことから喜岡寺として中興した。 087-843-0452
イメージ 8

 本堂
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

この記事に

閉じる コメント(4)

こんにちは=*^-^*=

高松城には壮絶な歴史があったのですね。
そしてその後玉藻城ができたのですね。
玉藻城がずっと昔から高松城だと思っていました(>_<)

ポチ☆

2012/6/19(火) 午後 4:03 ナイスな心意気 返信する

顔アイコン

城や城跡と聞くと観光名所のように思いますが、どこでも戦があったんですよね。。

2012/6/19(火) 午後 8:57 [ rec*u*ive_s** ] 返信する

顔アイコン

ナイスさん、この辺りは、源平の戦いもありましたし、天正の時代には土佐の長宗我部の四国制圧があり、豊臣秀吉の四国統一によって戦場になったようです。
戦死者の塚とか祠が至る所に有ったのですが、戦後の食糧事情などで開発が進み神社への合祀をしたのでしょう。

今の高松城は、私の子供の頃は玉藻城と言っていました。何時から高松城になったのか??。玉藻城の由来は、生駒氏が讃岐に入って玉藻の浦にお城を構えたからでしょうか。
ポチ☆ありがとうございます。

2012/6/20(水) 午前 10:25 [ ロッキー ] 返信する

顔アイコン

そん君さん、ここは、観光地とゆうより地元の史跡で、特に子供達に昔には城があったという歴史を学ぶところかもしれませんね。

2012/6/20(水) 午前 11:12 [ ロッキー ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事