BLOG青い国四国路

四国の綺麗な所・美しい所・古い所のBOLG

全体表示

[ リスト ]

【雨滝自然科学館「世界のナマズ展」】
 さぬき市雨滝自然科学館は香川県さぬき市大川町富田中の雨滝山の麓にあります。この辺りは淡水湖で隆起した所らしい。

 昭和六十年五月に、この雨滝山化石層から採取した魚の化石が、平成九年十二月の日本魚類学会で、ナマズ科魚類としては世界最古の化石であることが発表されたことにより、雨滝山化石層は特に注目を浴びるようになった。
 このナマズの化石は、全長9.25cm、大きくて丸みを帯びた頭部、ナマズ科に特徴的な内耳と浮袋を連結するウェバー器官のほか、52〜3本の脊椎骨数など、ナマズ科の 魚類がもつ形質を備えている。また、魚類だけでなく、カエデ、ブナ、ゴキブリ等の化石も発見された。(2階で展示)

 雨滝山化石層は、約1500万年の中期中新世讃岐層群といわれる火山灰層に狭まれた泥岩の岩石層で、古くから化石愛好家がよく訪れ、岩石の中からいろいろな植物の化石を採集していた。(自然科学館駐車場からよく見えます。)

 この世界最古のナマズの化石の発見を記念するとともに貴重な場所の保存、或いは化石を学ぶことができる学習館として、平成十三年九月、雨滝森林浴公園の中に雨滝自然科学館が新設された。
 活きたナマズの展示と2階では瀬戸内海で採取された(漁師さんの漁網に入った。)アンモナイト・ナウマン象の化石などが展示されている。説明も無料で受ける事ができます。
 入館・駐車場無料
 月・火休館日
 0879-23-2138

 文はさぬき市文化財保護協会大川支部HPより転載しました。
 写真は2012年9月20日撮影
 場所はワイワイマップ『歴史的縁の地、文化財、資料館などのMAP』にスポット投稿します。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 男木島近海で採取の珊瑚
イメージ 6

この記事に

閉じる コメント(4)

透明なナマズ ビックリです。最古から ナマズと断層と宴があるのでしょうか
ナマズの尻尾がどこを向くのか 心配デスヨネ。訳の解らないコメントでスイマセン
いつもレポート有り難う御座います

2012/9/24(月) 午後 1:02 [ あかさたなはまやら ] 返信する

こんばんは=*^-^*=

入館も説明も無料なんて至れり尽くせりですね(*^_^*)

約1500万年の中期中新世讃岐層群!
気の遠くなるようなお話です。

スケルトンのおさかな?
エサを食べるとその様子がわかるのでしょうか?

ご近所だったらぜひとも伺いたい科学館です♪

(≧∇≦)ъ ナイス!

2012/9/24(月) 午後 10:02 ナイスな心意気 返信する

顔アイコン

あかさたなはまやらさん、道路の建設の時に出てきたのではないでしょうか?。
断層の目の前が自然科学館です。
電気ナマズもいたそうなのですが、飼育が難しいそうで死んだそうです。

2012/9/25(火) 午前 9:51 [ ロッキー ] 返信する

顔アイコン

ナイスさん、田舎の小さな科学館ですので普段は人が来ないです。暇な時には、館長は草取りをしています。(断層は貴重なものなので素人に頼めないそうです。本人談)
透明なナマズは小さいので見えるでしょうか?。アミとか金魚の餌もやっているようです。
瀬戸内海でもサンゴが居付いて来たそうですよ。
ナイス!ありがとうございます。

2012/9/25(火) 午前 10:01 [ ロッキー ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事