BLOG青い国四国路

四国の綺麗な所・美しい所・古い所のBOLG

全体表示

[ リスト ]

杖杉庵・衛門三郎霊跡

杖杉庵・衛門三郎霊跡
宗 派:高野山真言宗
本 尊:地蔵菩薩
開 基:伝空海
住 所:徳島県名西郡神山町下分地中

杖杉庵(じょうしんあん)縁起
 伊予の国、浮穴郡荏原の荘の長者「衛門三郎」は財宝、倉にみち勢近国に稀な豪族であった。それでいて強欲非道な鬼畜のようなこの長者は貧しい者を虐げ召使を牛馬の如くこき使って栄華の夢に酔いしれたいた。雪模様の寒いある日、その門前に一人の旅僧が訪れた。乞食のようなみすぼらしい旅僧は、一椀の食物を乞うた。下僕の知らせに衛門三郎はうるさげに「乞食にやるものはない追い払え」と言い捨てた。そのあくる日も次の日も訪れた。衛門三郎は怒気満面いきなり旅僧の捧げる鉄鉢を引っ掴むや大地に叩きつけたと見るや鉄鉢は八つの花弁の如く四辺に飛び散った。唖然と息を呑み棒立ちとなった衛門三郎がふと我に返った時には、旅僧は煙りの如く消え失せていた。
 長者には、八人の子供があった。其翌日長男が風に散る木の葉の如くこときれた。其の翌日には次子が亡くなり八日の間に八人の子供が亡くなった。鬼神も恐れぬ衛門三郎も恩愛の情に悲嘆にくれ初めてこれはおのが悪業の報いかと見に迫る思いを感じた。空海上人とか申されるお方が四国八十八ヶ所をお開きになる為この島を遍歴なされているとか、我が無礼を働いたあの御坊こそその上人と思われる。過ぎし日の御無礼をお詫び申さねば相すまぬと発心し懺悔の長者は財宝を金にかえ妻に別れ、住みなれた館を後に野に山に寝、四国八十八ヶ所の霊場を大師を尋ねて遍路の旅をつづけた。春風秋雨行けど廻れど大師の御すがたに合うことが出来なかった。遂に霊場を廻ること二十度会えぬ大師を慕い続けた。二十一度逆の途を取って此の所までたどり着いた。疲れた足をよろぼいつつ木陰に立ち寄り背に負うた黄金の袋を下ろして見ると何とした事ぞ一塊の石となっていた。いよいよ驚き今一歩も立ち上がる気力もなくうち倒れている折しも大師の御姿が現れ給い。やさしく「やよ、旅の巡礼、そなたは過ぎし日わが鉄鉢を打ち砕いた長者にあらずや」と御声「われは空海いつぞやの旅僧なり」「ああ上人さまお許しなされませ、お許しなされまし」と伏し拝み懺悔の涙はらはらと手を合わせ大悲にすがる長者は今こそ悪業深さ無明の闇から光明世界へ還らんとする姿であった。「そのたの悪心すでに消え善心に立ち還った。この世の果報はすでに尽きたり来世の果報は望みに叶うであろう」と仰せられ、衛門三郎は大慈大悲を掌に救われ来世は一国の国司に生まれたいと願った。大師は其の心を憐れみ、小石を其の左手に握らせ、必ず一国の主に生まれよと願い給い、衛門三郎はにこっと微笑みをのこし敢え亡くなった。
 その日は天長八年十月二十日と伝えられる。大師は衛門三郎の亡骸を埋め彼の形見の遍路の杉の杖を建て墓標とされた。その杖より葉を生やし大杉となった。故に此の庵を杖杉庵と呼ばれ今尚大師の遺跡として残っている。
 此の杉は、享保年間消失した。その頃京都御室から「光明院四行八蓮大居士」の戒名が贈られ、四国遍路の元祖として今もこの地に祀られている。
 現地説明板より転載しました。

イメージ 1

イメージ 3

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

詳しい地図で見る

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事