BLOG青い国四国路

四国の綺麗な所・美しい所・古い所のBOLG

四国の道の駅など

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

道の駅『広見森の三角ぼうし』
住 所: 愛媛県北宇和郡鬼北町大字永野市138-6
マピオンマップ↓↓↓↓

電 話:0895-45-3751
道 路:国道320号
運 営:株式会社森の三角ぼうし
開 設:平成10年1月16日
施 設:産直コーナー・特産品コーナー・軽食コーナーなど
解 説:地名の由来
「鬼北」は、本町の南に位置する鬼ヶ城山(山頂は宇和島市)鬼の城は自身の地から見て北にあるという意味。
資 料:Wikipedia、上記HPなど、
撮影日:2018年9月18日
近隣施設:道の駅「みま」、道の駅「虹の森公園まつの」、常滑渓谷、

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 黄王丸
 日本で唯一、自治体名に「鬼」の文字がつく鬼北町。その新たな魅力の発見・PRを目的とした「鬼の町づくり」の一環として企画された鬼のモニュメント。デザインと雛形製作を担当したのは、クリーチャー(怪物)造形で世界中にファンを持つ竹谷隆之氏。
 かねてよりJR予土線のホビートレインで関わりのあるフィギュア制作会社海洋堂の提案により、鬼北町と竹谷隆之氏とのコラボレーションが実現しました。
 海洋堂は食玩ブームや可動フィギュアなどで日本のフィギュア界を牽引してきた造形集団。これまでも竹谷氏とタッグを組み数多くの作品を生み出してきました。
 その最強タッグが目指したのは、人々を震え上がらせる圧倒的な迫力。従来の鬼のイメージに、竹谷氏ならではの緻密で独特な造形を加え、新たな鬼の世界が創りあげられっました。
 「鬼王丸」と名付けられた巨大な鬼が、町の新たなランドマークとなって人々に語りかけます「でちこんか!」。
※ 「でちこんか」は鬼北地方の方言で「出てきませんか」という意味
竹谷隆之×海洋堂のポスターより

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

この記事に

開く コメント(0)

道の駅『よって西土佐』
住 所:高知県四万十市西土佐江川崎2410番地3
マピオンマップ↓↓↓↓

電 話:0880-52-1398
道 路:国道441号
運 営:四万十市
開 設:2016年4月10日
施 設:1階の飲食スペース、2階のコミュニティスペース・テラス(飲食可)07:30〜18:00  水々しい市場、西土佐食堂・鮎市場・ストローベイルSANKANYAは12/31〜1/2休業) 詳細は、下記アドレス参照。
解 説:
資 料:Wikipedia、上記HP、など
撮影日:2017年8月24日

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

2階スペース
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

この記事に

開く コメント(4)

道の駅『なかとさ』

道の駅『なかとさ』
住 所:高知県高岡郡中土佐町久礼8645-2
マピオンマップ↓↓↓↓

電 話:0889-59-9090
道 路:高知県道25号中土佐佐賀線
運 営:株式会社SEAプロジェクト
開 設:2017年7月15日
施 設:賑わい広場、ちびっこ広場、芝生広場、ドックラン、など併設
解 説:
資 料:Wikipedia
撮影日:2017年8月24日
近隣施設:久礼漁港、久礼港双名南島灯台

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13



この記事に

開く コメント(2)

道の駅『布施が坂』

道の駅『布施が坂』
住 所:高知県高岡郡津野町船戸小宮谷
電 話:0889-62-3225
事業団体:
道 路:国道197号
施 設:レストラン、特産品販売所(丸々とした美味しそうな茄子が売っていました。)、桂農村公園、龍馬脱藩の路、
近隣施設:天狗高原、梼原町
資 料:Wikipediaなど
撮影日:2013年10月2日

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


イメージ 5

イメージ 6

桂農村公園
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

大町桂月詩碑
イメージ 11

イメージ 12
津野山古式神楽の由来(重要無形民俗文化財=昭和55年 1月28日指定)
津野山古式神楽は、平安時代の延喜十三年(913)藤原径高が京の都より津野山(現津野町)に入国したときに伝えられ、現在に舞い継がれております。
取り入れも終わった秋の大祭には、五穀豊穣、未病息災など加護に感謝し、飲みながら、しゃべりながら神さまと村人が混然一体となって奉納され、楽しむ神楽は、これぞ日本人の心のふるさとであります。
11月15日河内五社神社(北川地区)、16日三嶋神社(高野地区)、19日諏訪神社(芳生野地区)にて奉納。


詳しい地図で見る

この記事に

開く コメント(2)

道の駅『ゆすはら』

道の駅『ゆすはら』
住 所:高知県高岡郡檮原町太郎川3799番地
電 話:0889-65-1100(雲の上ホテル)
事業団体:
道 路:国道197号
施 設:プール、農家レストラン、温泉、雲の上市場、ギャラリー、雲の上ホテル
H P:
解 説:
資 料:Wikipedia、現地説明板、
撮影日:2013年10月2日
近隣施設:太郎川公園=道の駅と併設、梼原町立歴史民俗資料館旧村役場維新の門、檮原町役場=木造、掛橋和泉邸(吉村虎太郎 庄屋屋敷跡)町の駅「ゆすはら」

イメージ 1

イメージ 2

水車小屋
 この水車小屋は急峻な地形の流水を利用して、米麦や雑穀の精白、製粉をする文明の利器として町内各地でみられてが、動力の近代化に伴って廃止された。
 昔の素朴な装置を再現してここに建築した。
イメージ 3

イメージ 4

茶堂
 茶堂のルーツは明らかでないが、藩政時代からあり、木像、石仏を安置して祀り、津野公(津野親忠)の霊を慰め、行路の人々に地区民が輪番で茶菓の接待を行っていた。信仰と人情、社交の場として麗しい役割を果たしてきた。
 この茶堂は化粧板のものと同一寸法で作られており、町内には14ヶ所に保存されている。
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

ホテル・ギャラリーよ温泉施設への連絡橋
イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

詳しい地図で見る

この記事に

開く コメント(2)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事