BLOG青い国四国路

四国の綺麗な所・美しい所・古い所のBOLG

四国の景勝地

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

尾川地区【古畑棚田】

尾川地区【古畑棚田】

住 所:高知県高岡郡佐川町古畑
マピオンマップ↓↓↓↓

文化財等:高知県の近代化遺産、仁淀川とその流域の魅力「おすすめ88景」
解説等
通称“石垣の里”とも呼ばれる古畑地区、石積みの美と生活の知恵の棚田が今も残っている。 地震や台風でも崩れることがないほど石積みがしっかりとしている。
データー等
40戸程の家々は、全部石垣を築ている。
平均勾配:1/10 
面積(ha):3.8 
枚数:200 
栃平さんという石積みの名工がいたそうです。
資料等:さかわの栞、仁淀川財産目録WEBなど
撮影日:2016年10月19日

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

この記事に

開く コメント(0)

糸山公園

糸山公園 愛媛県今治市小浦町2丁目 えひめの感動の地20選(来島海峡)
 来島海峡は東の鳴門海峡、西の関門海峡と共に激しく落差のある急潮流起きる海峡です。そのため、海の難所として昔から恐れられていました。この流れを知り尽くした水軍が活躍したこともうなずけます。水軍は海賊衆とも言われるけれど、この海域を有料で案内していたガイド的な役割も果たしていたようです。
 明治時代から昭和50年代には大きな赤灯台が来島海峡の海の安全を見守っていましたが、大きな船が航行するようになるとより広い航路が必要となり、灯台を撤去し海底を深くすることになりました。今その灯台は唐子浜に移築されて当時のまま保存されています。
 海峡と橋、船が織り成す動きのある風景は季節や時間によっても様々に変化します。その雄大さ、美しさは他では類を見ることができません。今治市第一の観光絶景スポットです。


 来島海峡大橋に関する資料が展示されています。及びお土産物などの販売 屋外では、高階城太郎氏作のブロンズモニュメント「海へ―」、野口雨情「狂い汐なりや来島瀬戸の汐もぜひなや埋もまく」詩碑がある。

資 料:今治地方観光協会・しまなみ海道今治探訪様WEBサイトより転載しました。
撮影日:2014年6月16日
近隣施設:サンライズ糸山波方公園大角海浜公園、波方八幡宮

イメージ 1

対岸 大島 来島大橋
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

野口雨情詩碑
イメージ 7

詳しい地図で見る

この記事に

開く コメント(0)

貝ノ川の棚田

 貝ノ川の棚田 高知県高岡郡津野町貝ノ川
 石積みの棚田が広がっていて見ごたえのある風景!。季節季節に来てカメラマン達の絶好の撮影スポットだと
思います。道は狭いですが、国道から数分で棚田に到着します。駐車場はありませんが、小時間だと迷惑でしょ
うが問題なかと・・・。今回は、稲刈りも済んでいて残念でしたが、田植え前の水の張った風景も見たいな〜と
思わせる風景でした。
 尚、棚田オーナー制度があって毎年2月頃募集しているようです。問い合わせは、津野町役場企画調整課内 
地域おこし協力隊 0889-55-2311まで
 
 貝ノ川・第5回棚田キャンドルまつり
 高知県高岡郡津野町で10月12日(土)に貝ノ川地区で棚田キャンドルまつりが行われます。(雨天順延翌日に)
 200枚以上からなる石垣の棚田に4000本を超えるキャンドルが設置されます。明るい時の石垣の棚田、暗くなっ
てからはキャンドルの灯かりをお楽しめる。
 
 写真は、2013年10月2日撮影
 場所は、スポットノート『公園・景勝地のmap』に投稿します。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8

この記事に

開く コメント(6)

八重地の棚田

八重地の棚田 徳島県勝浦郡上勝町 平成21年「にほんの里」100選
この棚田は、圃場整備(水田の一枚一枚に用水路、排水路、農道を配置し、区画を大きく整形することで効率的な農作業と生産性の高い水田を造成する事業)をする時、四角形の田んぼにはせず、景観保全を重視し整備前の丸びを帯びた形を出来るだけ残した形となっている。高齢化や過疎化の進む中山間地域で、棚田の景観に配慮しながら考えた画期的な圃場整備の事例。 平成14年11月末にほ場整備が完成
以上の文は現地説明板より転載しました。

田中家住宅 昭和51年(1976)5月20日国指定重要文化財、附棟札一枚(棟上貞享三年)
 田中家住宅は、地区内の的場集落にある。亜鉛引き鉄板葺きの四方寄せ棟造りで四面に瓦葺の庇が回してある。棟から庇に向かう稜線は丸みがあり、軒先が跳ね上がる阿波独特の屋根構えは大変美しいものがある。 屋根はブルーに塗装されている。建築(棟上)は貞享2年(1685)、桁行き約14㍍。阿波最古級の住宅である。
 住人(高齢の女性)がいれば座敷だけは雨戸を開けて見せていただける。もともとは茅葺きであったが、周辺の茅場は、杉、檜を植林をしてしまった為、茅の手当が出来ず、共に屋根葺き職人及びコストの面でトタン葺きになってしまった。トタンの塗装は、住人自ら行っている。(コストを抑えるため) 母屋の裏側にあった倉庫も災害で崩壊し今は更地になったままで、蔵に有った長持ちなど数点は現存する。玄関などは変更されている。座敷には畳が敷かれたため囲炉裏は見えなくなりましたが、天井には煙抜きが残っている。
以上の文は聞き取りに依る。
写真は、2013年9月11日撮影
場所は、スポットノート『古建築物map/公園・景勝地のmap』に投稿します。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 3
 
イメージ 4

この記事に

開く コメント(2)

樫原の棚田

 樫原の棚田 徳島県勝浦郡上勝町大字生実
 樫原の棚田は、平成11年「日本の棚田百選」に認定され、平成22年には徳島県で初めて「国の重要文化的景観」に認定されました。
 棚田は標高500m〜700mの間に分布しており、あぜの形状は非線形の曲線で、山の等高線があぜの形状に映し出されています。樫原の棚田の美しさは「あぜの曲線」「あぜの段」「田畑の小さな面積」が重要な要素となっています。
 江戸時代後期1815年に作成された樫原村分間絵図には水田や家、道の位置が現在と同様に描かれており、200年以上もの間、土地利用形態がほとんど変わらない珍しい事例とされています。この景観を保全していこうと、
2005年からは棚田オーナー制度に取り組み、地区外の棚田オーナーとの交流のもとに、棚田の耕作体験や放棄地
の復田などに取り組んでいます。
 以上の文は、上勝町HPより転載しました。
 写真は、2013年9月11日撮影
 場所は、スポットノート『公園・景勝地のmap』に投稿します。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9

この記事に

開く コメント(14)

開く トラックバック(1)

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事