BLOG青い国四国路

四国の綺麗な所・美しい所・古い所のBOLG

四国の産業・土木遺産

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

新川のおとし 

新川のおとし 
文化財:高知市指定史跡 昭和35年
所在地:高知県高知市春野町森山
場 所:マピオン地図↓↓↓
築造期:承応元年(1648)
解 説
 新川は、承応元年(1648)、野中兼山によって造られました。
 弘岡井筋(ひろおかゆすじ)は、農業面も灌漑用水路としてでなく水運路としても利用されました。
 八田堰が出来るまでは、奥仁淀の木材や薪炭は仁淀川を下り、新居の「甫淵」に運ばれ、そこから太平洋に出て浦戸湾から高知城下に運ばれていたようです。ところが、八田堰は筏越しを作らなかったため、下流への物資は全て弘岡井筋を通らなければなくなりました。弘岡井筋は割合高いところを通ったため、新川の入口に、新川川の流れと高低の差を調整するために「おとし」を造りました。いわばこの「おとし」が水運路のノドとなりました。このため上流からの大きな筏は壊されて「おとし」を降し、物資もそのまま下ることは出来ず、いったん「せんば」に陸揚げされ、新川の者の舟に積み替えられて、吾南の物資と共に高知城下に運ばれました。だから、「おとし」の付近は、上流からの木材や木炭、雑穀、また高知城下や吾南から奥地に運ばれる日用品や雑貨が山と積まれ、これを取り扱う商人や運送業者で大変な賑わいでした。また、上流からの積荷や筏は、下流への運搬は新川の者に譲らねばならなかったのに対し、新川の舟は上流まで自由に登ることができる。
 保護策もとられました。このため元禄の頃には60軒余であった人家も、幕末の頃には、200軒近くとなり、新川は在郷町として繁栄を極めました。「涼月」や「清水」という料亭や、「用石屋」「杉屋」「中島屋」「えびす屋」などの商人の屋号は、大師堂の前の石灯篭の台石に刻まれて、今でも繁栄の姿を見ることが出来ます。
資料等:現地説明板
撮影日:2016年12月20日
近隣施設:涼月橋、大師堂(春野10景)=ポケモン居るよ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6



イメージ 7

イメージ 8

公園広場=船泊
イメージ 9

石積み突堤の先
イメージ 10

突堤
イメージ 11

イメージ 12

栄華の名残?
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

この記事に

開く コメント(0)

男木島灯台

名  称:男木島灯台(おぎじまとうだい)
住  所:香川県高松市男木町
マピオンマップ↓↓↓↓
http://www.mapion.co.jp/m2/34.43361562301414,134.06069843095025,19

塗  色:無塗装
塔  形:総御影石(庵治石)円形
塔 高(地上〜塔頂):12.4m
灯火標高(平均海面〜灯火):16m
灯質・灯色:単閃白光 毎10秒に1閃光
光達距離:12.5海里
明 弧:52度から280度まで分弧−52度から73度まで緑色でアツサ岩及び中瀬、81度から92度まで赤色でオーソノ瀬を示す。
初点灯:明治28年(1895)12月10日
文化財:選奨土木遺産(平成15年度)、近代化産業遺産(平成20年度)、日本の灯台50選

資 料:海上保安庁刊行「灯台表」、Wikipediaなど
撮影日:2016年8月24日
周辺施設:同島:水仙郷、タンク岩(柱状節理=高松市指定天然記念物)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16
瀬戸内国際芸術祭に合わせて、男木島灯台の開放に行ってきました。灯台の内部を見学するのは、鍋島灯台に次いで二か所目でした。狭い石造りの手すりの無い狭い螺旋階段をロープに捕まりながら頭も気にしながら登りました。穴の中を昇っていく感じでした。高所恐怖症でしたが楽しかったです。

この記事に

開く コメント(2)

マイントピア別子東平

マイントピア別子東平(とうなる) 愛媛県新居浜市立川町
 マイントピア別子東平(とうなる)は、「東洋のマチュピチュ」とも呼ばれ、産業遺産観光地となっています。
 東平は、大正5年から昭和5年までの間、別子銅山の採鉱本部が置かれた所で、地中深くから掘り出された銅の鉱石を坑内電車で東平まで運搬し、そこで選鉱した後、貯鉱庫に貯め、索道を利用して、現在のマイントピア別子(道の駅)のある端出場へと輸送していた中継所となっていたところです。
 最盛期には、社員・家族を含めて約5,000人が周辺の社宅で共同生活する鉱山町でもあり、病院や小学校、郵便局、生協、プール、娯楽場、接待館などの施設も整備され、一時期の別子銅山の中心地として賑わっていました。
 県道からのアクセスは、道幅も狭く十分気をつけて運転してください。尚、道の駅からバスで行けるようです。確認してからお出かけください。見学は無料だと思います。(当地には、食べるものは売っていません。持っていきましょう。)

資 料:下記サイトなど
新居浜市観光サイト
撮影日:2014年8月27日

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

詳しい地図で見る

この記事に

開く コメント(0)

【河内の屋根付き橋(田丸橋)】
 河内(かわのうち)の屋根付き橋(田丸橋)は、愛媛県喜多郡内子町下河内にあり、杉皮で葺いた屋根が付いた橋です。幅2m、全長15m、橋桁を両岸から斜めに渡した木材で支えた橋脚がない構造の橋です。昭和18年(1943)の洪水で橋脚に流木が絡まり流失した経験から、地元の大工の工夫で川をまたぐ姿になった。
 昔は、生活道と物産の倉庫も兼ねており、時には、昼ごはんやお茶の時間になり、子供たちの水遊びの休憩場所になり、時には夕涼みの場所にもなっていたようです。
 地元住民により再建されて以来、今も「田丸橋保存会」によって大切に管理されています。
 河内(かわのうち)の屋根付き橋(田丸橋)=内子町有形民俗文化財昭和五十七年十二月十六日指定 土木学会選奨土木遺産2002年認定されました。
 尚、平成21年(2009)、司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」のテレビドラマでロケ地となった屋根付き橋です。
 文は、現地説明案内板より転載しました。
 アクセス:松山より内子五十崎インターを下り、内子町内を松山方面に、内子町内を過ぎると県道243号へ左折約4km位麓川を登って行きます。右手に川の中に橋が見えてきます。駐車場はありませんが、バス停「下河内」周辺は広くなっています。
 写真は、2011年10月3日撮影

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 川の上流域から
イメージ 9

 草むらの中の道標
イメージ 10


ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→「文化財」検索→《歴史的縁の地、文化財、資料館などのMAP》を スクロールで選定する。

この記事に

開く コメント(10)

【別子銅山次Υ心邊嵒(かんきまぶ)】
 別子本鋪(べっしほんじき)標高1,210m
 本鋪とは一山の主たる生産抗のことである。元禄4年5月9日、幕府の稼行許可を得て、泉屋は直ちに開抗の準備に取りかかった。その時点で、この谷間を利用して、掘り出した鉱石から銅を摘り出すまでの工程を組み込むために、ここを中心となる坑道を開けることにした。前年の秋に初めて調査にやって来た泉屋の番頭(田向重右衛門)が下した決断であった。かくして別子山中に最初に開いた抗口が「歓喜間符かんきまぶ」と「歓東間符かんとうまぶ」である。重右衛門が考えた通り、以来明治になって東延斜坑が主たる生産抗になるまで凡そ200年間、ここが本鋪であり続けた。背後の平坦地には鋪方役所があって、負夫によって運び出された鉱石は重さを計り買い取り、砕女(かなめ)小屋へと運ばれた。
 上方一帯、桧の木立の中には、山方(やまかた)と呼ばれる抗夫の住宅が並んでいた。
 上記記事は、現地案内説明板より転載しました。

 前回は、登山道三叉路をを右にとって東延斜坑跡に行ったが今回は、三差路まで引き返し銅山越え展望台・歓喜間符口方面に進んだが、既にもう3時、来た時間を考えると、展望台まで後40分は素人の足では県道沿いの駐車場に帰るには、遅くなりそうなので今回は展望台へ行くのを断念した。別子山一部終わり。もう一度のトライを考える。
 写真は、2010年8月16日撮影

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

この記事に

開く コメント(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事