BLOG青い国四国路

四国の綺麗な所・美しい所・古い所のBOLG

四国のミュージアム

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

栗山(りつざん)記念館

栗山(りつざん)記念館
住 所:香川県高松市牟礼町牟礼3028番地
場 所:香川県高松市立栗山幼稚園内  
マピオンマップ↓↓↓↓
https://www.mapion.co.jp/m2/34.35023024865095,134.12676928560495,19
電 話:087-845-5996
運 営:公益財団法人 栗山顕彰会
開 所:平成3年12月1日
開館時間:午前10時〜午後4時
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝祭日の場合は翌日が休館) 12月28日〜12月31日
入場料:大人200円
解説等:柴野栗山(江戸時代後期の儒学者)の遺品・遺墨・書簡・書籍・雑誌など古文書を収蔵している。詳細は下記ホームページを参照。
履 歴
元文元年(1736) 讃岐国三木郡牟礼村生まれ(現香川県高松市牟礼町) 本名 邦彦 通称 彦輔・彦助
宝暦3年(1753) 江戸に遊学
明和4年(1767) 阿波藩儒
天明8年(1788) 幕府の儒官
寛政2年(1790) 所謂異学の禁を発令
文化4年(1807) 12月1日 72歳で没す 東京都文京区大塚 国史跡大塚先儒墓所(大塚公園)に夫人の墓と並んで現存する。
駐車場:無料
H P:http://wwwd.pikara.ne.jp/rituzan/top/index.html
資料等:栗山記念館冊子、上記ホームページ
撮影日:2018年2月28日
近隣施設:八栗寺石匠の里公園、源平合戦古戦場、セカ中ロケ地

イメージ 1

イメージ 2

この通用口の扉を開けて入っていきます。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

尊像 木彫 頼富新吉作(明治39年)
イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

神武陵碑 栗山が神武天皇の御陵にお参りして余りにも荒れ果てているのを残念に思って作った詩
イメージ 15


この記事に

開く コメント(0)

観音寺市ちょうさ会館

観音寺市ちょうさ会館
住 所:観音寺市豊浜町姫浜982-1 
マピオンマップ↓↓↓↓

電 話:0875-52-5500
運 営:観音寺市
開 所:平成17年
開館時間:午前9時30分〜午後5時00分(入場受付 16時30分まで)
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝祭日の場合は翌日が休館) 年末年始
入場料:有料
解説等:観音寺では、ちょうさ(太鼓台)が100台以上もあるようです。豊浜八幡神社、琴弾八幡神社、大野原八幡神社、稲積神社(春祭り)、などが有名ですが、中でも豊浜は20数台が一同に集まってかき上げが勇壮な一宮神社(最終日)が凄いとしか言いようのない祭りのようです。今年は10月12・13.14日です。宮入りを待つ太鼓台が一列に並んでいるのも一見の値打ちがあるようです。
駐車場:無料
資料等:上記HP、
撮影日:2018年1月31日

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

船席
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 17

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

法被は全太鼓台のを展示
イメージ 11

イメージ 12

雲板の彫刻
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

八つ房・隅房・四つ房・金縄
イメージ 16

イメージ 18



この記事に

開く コメント(0)

四万十町郷土資料館
住 所:高知県高岡郡四万十町大正32-1
マピオンマップ↓↓↓↓

電 話:0880-27-0131
運 営:四万十町教育委員会
開館時間:10:00〜15:00
定休日:毎週月曜/年末年始
入場料:無料
駐車場:無料
展示資料:川漁具・林業具・農業具・生活具・工具・古文書・考古(石器など)・化石等
開 所:平成三年八月
資 料:パンフレット、町HP、
撮影日:2017年8月24日
近隣施設:轟公園(石の風車)、道の駅「大正」、沈下橋多数あり(里川橋)、旧門脇家住宅(同敷地内)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9


轟公園のシンボル『石の風車』がまわる広場や緑地、山の斜面を一気に滑るローラー滑り台フィールドアスレチック施設もある多目的公園。
野外ステージは、様々なイベントに活用されています。
イメージ 10

「とどき太鼓」太鼓練習場
イメージ 11




この記事に

開く コメント(0)

やなせたかし記念館アンパンマンミュージアム

住 所:高知県香美市香北町美良布1224-2
マピオンマップ↓↓↓↓

電 話:0887-59-2300
運 営:(公財)やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団
開 所:1996年設立
施設入場料:有料
駐車場:無料(道の駅・保健福祉センター利用)
撮影日:2017年4月5日
近隣施設:道の駅「美良布」、

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

この記事に

開く コメント(2)

史跡高松城跡「玉藻公園陳列館」
住所:香川県高松市玉藻町2−1
電話:087-851-1521 (玉藻公園管理事務所)
 陳列館は、披雲閣東側の旧馬小屋跡に建てられています。史跡・名勝の中に存在します。
 陳列には、古文書、古鬼瓦、古写真(コピー)、古絵地図(コピー)、お城周辺の古地図(コピー)、家具小物、パノラマ、などの展示。
入館料:無料(公園に入るのには有料) 無料駐車場が東門にあります。

イメージ 1

イメージ 2

高松城天守閣鯱(複製)
宝暦八年(1758)の大暴風雨によって壊れた鯱に代わって造られたもので、明治十七年(1884)に天守閣が取り壊されるまで飾られていた。頭部には鋳工名、製昨年が刻まれている。
右側 宝暦八 戊寅年二月吉日 左側 讃州 高松住 鋳工 森田新八尉 万壽作
高松市歴史資料館所蔵
イメージ 3

讃岐松平藩 御座船用船箪笥 大型書庫用
高松市歴史資料館所蔵
イメージ 4

イメージ 5

古写真
イメージ 6

アメリカ軍の空爆で焼失
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 11

イメージ 10

イメージ 12

史跡高松城址
鞘橋
旭橋
太鼓橋
資料等:高松市発行『史跡 高松城址』など
撮影日:2015年5月5日

詳しい地図で見る

この記事に

開く コメント(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事