BLOG青い国四国路

四国の綺麗な所・美しい所・古い所のBOLG

商業施設(動植物園ほか)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

野間馬ハイランド

野間馬ハイランド
愛媛県今治市野間甲8 0898-32-8155
入園料:無料
休園日:毎週火曜日(祝日は翌日)・年末年始
遊 具:有り

<><>野間馬
野間馬は江戸時代この乃万地方でつくられた日本で一番小型の馬です。性格はおとなしくてかしこく力もちです。女の人や子供たちにも容易にあつかえるので、愛媛県の山間部や瀬戸の島々の農家で数多く飼われていました。ところが、明治の中ころから農用馬も軍馬にも使える大型馬にするための政策がとられ、野間馬はだんだん減ってゆきました。太平洋戦争後は馬に代わって農機具が普及し物を運ぶにも自動車が使われるようになり、やがて野間馬はほとんど目にふれることがなくなりました。まさに、絶滅寸前のこの馬を救ったのが、日本の伝統文化を大切にしょうとこころがけている松山の長岡悟先生でした。先生は、この可愛い野間馬を後世に残しておこうと考えられ、昭和三十四年、愛媛県をくまなく歩いて野間馬を集められました。それから十数年苦労して繁殖に成功された後、昭和五十三年に野間馬のふるさとである今治市へこの貴重な馬四頭を寄贈されました。今治市ではさっそく野間馬保存会をつくり、地域のみんなで力を合わせて保存育成に取り組んできました。
 こうして野間馬は絶滅の危機からまぬがれ今や郷土の文化財として、また観光資源としても注目されています。野間馬ハイランドが整備されたことを記念して碑を建て、長岡悟先生をはじめ関係者のみなさんに深く感謝します。
 現地石碑より転載しました。

<><>野間馬の特徴
体高は120cm以下
体に比べて頭が大きい
たてがみが多い
ずん胴な体型
尻は短く斜尻
蹄が固く蹄鉄がなくても大丈夫!
日本の在来馬のなかでも一番小さい
野間馬は、昭和六十年十月に日本馬事協会より全国で八番目の日本在来馬に認定され、昭和63年4月には今治市の指定文化財に指定されています。
乗馬できます。(有料)
馬には名前が付いています。

撮影日:2014年6月19日

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

詳しい地図で見る

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

渦の道

渦の道

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

淡路島側より
イメージ 5


渦の道

2014年5月28日撮影

この記事に

開く コメント(0)

 北川村『モネの庭』マルモッタン花の庭 高知県安芸郡北川村野友
 花の庭では画家のパレットのような色彩の庭は、四季の花々が咲き、見るたびに新しい風景をお楽しみいただけます。
 駐車場脇のインフォメーション(チケット販売所)を左手に進むと「LaGALERIE」に入るとショップ(モネグッズやガーデニンググッズ&モネの複製画展示スペース)階下に降りると花とガーデニンググッズの展示販売を過ぎて外に出るとカフェテラスがありイングリッシュガーデンが眼下に広がってきます。
 また、当日は寄せ植え体験ツアーの御一行様だと思うのですが、女性たちがスタッフのアドバイスで作られていました。完成出来たものは持ち帰りでバスに積み込んでいました。
 カフェ・手つくり工房(パン屋さん)なども併設していました。他に「光の庭」「遊びの森」もあり幼稚園などが遊びに来るそうです。
 以上の文は、パンフレットなどより転載しました。
 約30名ほどのスタッフで維持管理しているようです。此処では何時来ていただいても季節の花々が見れるように温室などで準備しているようです。
 毎週火曜日が定休日 休日の場合は翌日が休日 尚4月30日(火)は営業
 年末年始12月26日〜1月1日 休業 1月10日〜2月末日まで冬季メンテナンス休園
 5月と8月は休業無く全日開園
 開園時間 10:00〜17:00
 料金 一般 700円 駐車場代:無料
 電話:0887-32-1233
 撮影日:2013年4月25日
 場所は:スポットノート『動植物園施設map』に投稿します。 
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8

この記事に

開く コメント(4)

 北川村モネの庭マルモッタン‘水の庭’ 高知県安芸郡北川村野友
 水の庭では画家「モネ」のこだわりの庭。多くの名作が生まれた睡蓮の咲く庭でモネの描いた風景にであってください。
 世界に2つのモネの庭
 印象はの巨匠クロード・モネは自宅の庭を生きたキャンバスとして絵を創作するのと同じように草花や木々を
植えました。多くの名作を生んだその庭こそがモネの生涯の最高傑作」だったと言えるのかもしれません。
北川村「モネの庭」マルモッタンでモネの風景に出会ってください。
 以上の文は、パンフレットより転載しました。
 約30名ほどのスタッフで維持管理しているようです。此処では何時来ていただいても季節の花々が見れるよ
うに温室などで準備しているようです。
 毎週火曜日が定休日 休日の場合は翌日が休日 尚4月30日(火)は営業
 年末年始12月26日〜1月1日 休業 1月10日〜2月末日まで冬季メンテナンス休園
 5月と8月は休業無く全日開園
 開園時間 10:00〜17:00
 料金 一般 700円 駐車場代:無料
 電話:0887-32-1233
 撮影日:2013年4月25日
 場所は:スポットノート『動植物園施設map』に投稿します。 
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5

この記事に

開く コメント(6)

大鳴門橋と渦の道

大鳴門橋と渦の道
 渦の道は徳島県鳴門市の鳴門公園にあり大鳴門橋の当初走るはずだった鉄道空間を利用して作られた遊歩道が450m先の展望室までの海上散歩です。遊歩道の途中と展望室にはガラス張りの床があり45m下を覗くことが出ます。運が良ければ渦が見えます。
 尚 駐車場代410円と大人500円中高生400円小学生250円の入場券が必要です。
 
 大鳴門橋(鳴門から淡路島に架かる吊橋)
イメージ 1

イメージ 2

 渦の道の入口
イメージ 3

 鉄道空間を利用した遊歩道
イメージ 4

 遊歩道上にあるガラス張りの所
イメージ 5

イメージ 6

 潮の干満が激しいほど渦が巻きます。2008年10月9日11時は渦はありませんでした。
 残念なことにカメラの電池切れのため橋からの景色と展望室の写真が撮れませんでした。
 写真は2008.10.9日撮影
 徳島ではガソリンが安いところで154円普通に157円で売っていました。(10月9日)

この記事に

開く コメント(4)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事