BLOG青い国四国路

四国の綺麗な所・美しい所・古い所のBOLG

四国の寺院

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

摩尼山・満徳寺

寺 名:摩尼山・満徳寺
本 尊:虚空蔵菩薩
開 基:行基菩薩
創 建:奈良時代
宗 派:高野山真言宗
札 所:新四国曼荼羅霊場 85番
住 所:徳島県海部郡牟岐町牟岐浦浜崎1
マピオンマップ↓↓↓↓
マップコード↓↓↓↓
427 590 620*05
電 話:08847-2-0320
由 緒
 元万鶴山・願成寺と唱えた。応永十九年(1427)増吽僧正が中興をなした。金剛峯寺に属しているが、中本寺の寺格がある。牟岐町の中では最も由緒ある寺であり、真言寺院は全てその末寺である。本尊は虛空菩薩で、その他に弘法大師・薬師如来・聖観世音菩薩・十一面観世音菩薩・地蔵菩薩・不動明王を祀っている。
 慶長十三年(1608)国主蜂須賀家政公巡国の砌、摩尼山満徳寺虛空蔵院談議所と寺名を改めるよう仰せつけられ、一反九畝十八歩与えられ、尚、橡幕雪洞紋を拝領した。当時は家政公より別当(長官)に任じられ、地域の全ての神社を任されていた。
 境内にある松の木は、蜂須賀家政公が牟岐町(旧牟岐浦)の宝と申し、又は牟岐町(旧牟岐浦)の道しるべと言われ植樹祭を行ったとされている。その樹齢は三百八十年以上(平成15年時)である。
文化財:
資 料:現地説明板など、
参照HP:Wikipedia、
駐車場:無料
関連記事:野口 雨情詩碑
撮影日:2019年3月1日
近隣施設:

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

開く コメント(0)

寺 名:小池山・弘法寺・遍照院
本 尊:弘法大師座像
開 基:宥賢法印
創 建:正保年年間
宗 派:真言宗大覚寺派
札 所:新四国曼荼羅霊場84番札所
住 所:徳島県海部郡美波町奥河内本村70
マピオンマップ↓↓↓↓
マップコード↓↓↓↓
754 514 620*17
電 話:0884-77-1006
由 緒
 
文化財:
資 料:Wikipedia、下記HPなど、
駐車場:無
関連記事:
撮影日:2019年3月1日
近隣施設:薬王寺、

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

法印の由来
 文化文政(1818)の頃日和佐に法印様という行者がおった。数々の不思議な奇跡をを行い、とくに阿波淡路に多数の信者が出来て有名になった。法印様は日和佐に生まれ幼少の頃は善兵衛と言うたが中年後は治右衛門と称した。
 当院境内の法印堂は明治初年信者によって建てられたもので現在に至る。
 法印様には、特異の人相が有った。頭の毛の先が三本に分かれていたと。(三願法印と言い三つの願いは必ずとかなえられると信仰されている。)又、眼光鋭く厳然な風貌をしており、法印様の足型を取ったものを信者が崇拝したが、法印様の足型には大の字があったと称された。【ー日和佐町支よりー】
 尚、法印様の遺品は当法印堂にて保管してあります。
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

開く コメント(0)

玉厨子山・泰仙寺

寺 名:玉厨子山・泰仙寺・薬王寺奥の院
本 尊:如意輪観世音菩薩
開 基:
創 建:
宗 派:
札 所:
住 所:徳島県海部郡美波町山河内字西山
マピオンマップ↓↓↓↓ 泰山寺登山口
マップコード↓↓↓↓
427 837 217*10
電 話:
由 緒:
解説等:薬王寺奥の院。【薬王寺が文治四年(1188)の大火に際し、本尊薬師如来は、当時奥之院泰仙寺(玉厨子庵)のある玉厨子山へ自ら火難をさけて飛び去られ毎夜光を放たれたとされその後伽藍の再興がなり入仏落慶の日に玉厨子山より光を放って帰られ、厨子に入り新仏と向かい合って鎮座なされ、その厨子は自然に扉を閉じて開くことなく以来秘仏となったとされている。】 
文化財:
資 料:WEBなど、
参照HP:
駐車場:無(空地有り)
関連記事:
撮影日:2019年3月1日
近隣施設:薬王寺

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

ここより登れます。少し大回りになるが楽かもしれません。
イメージ 20

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

寶生山 福生寺

寺 名:寶生山 福生寺
本 尊:聖観音
開 基:
開 山:
宗 派:真言宗大覚寺派
札 所:
住 所:徳島県吉野川市山川町川田406
マピオンマップ↓↓↓↓
マップコード↓↓↓↓↓
160 220 035*47

電 話:0883-42-6019
由 緒:
解 説:阿波駅路寺八ヶ寺(蜂須賀家政が定めた徳島藩独特の制度) 【駅路寺は阿波九城(廃城)との関連で設置されたとする説が有力。】川北(吉野川北側)・伊予(吉野川南側)・淡路・讃岐・土佐の五街道に沿いの真言宗のお寺が選ばれた。
 伊予街道(吉野川南岸)の駅路寺。
文化財:
資 料:徳島大学総合科学部 人間社会文化研究【徳島藩駅路寺制に関する一考察】下記ページなど、
H P:参照PDF file:///C:/Users/user/Downloads/LID201202222002.pdf
駐車場:無料(境内内)
撮影日:2019年1月24日

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

開く コメント(0)

速成山・報恩寺

寺 名:速成山・報恩寺
本 尊:愛染明王
開 基:
創 建:平安時代
宗 派:真言宗御室派
札 所:新四国曼荼羅霊場 第71番札所、阿波西国三十三観音霊場第29番
住 所:徳島県吉野川市鴨島町飯尾728
マピオンマップ↓↓↓↓
マップコード:160 207 894*45
電 話:0883-24-2949
由 緒
 
文化財
 報恩寺の板碑 吉野川市指定有形文化財(5基) 昭和56年12月1日指定
 ※報恩寺元享元年(1321年)月輪弥陀三尊種子板碑
 緑泥片岩製。半折接合。地上高100cm、幅(20cm以下)43.5cm、厚さ(20cm下)8.5cmである。身部中央に月輪の中に弥陀三尊種子を刻む。銘文は身部下部に「元享元年 六月□□ 廿六日 死去」と刻む。
 ※報恩寺康永元年(1342年)弥陀三尊種子板碑
 緑泥片岩製。上部欠失。地上高135cm、幅(40cm下)36cm、厚さ(20cm下)8.5cmである。身部上面に弥陀三尊を刻み、下に「康永元季 歳次壬午 敬白(以下不明)」と刻む。
 ※報思寺応永4年(1397年)弥陀三尊板碑
 緑泥片岩製。完全。総高76.5cm、幅(肩)22.2cm、厚さ(30cm下)4.5cmである。頂部を山形に切り下に二線と輪郭を刻む。身部上に弥陀三尊を刻み下に銘文「応永4年 10月3日 □□□為□□ 敬白」と刻む。注.応永4年の文字は異体字にて刻む。
 ※報恩寺板碑その他
 門を入って右に寝ている板碑がある。緑泥片岩製。総高149cm、下幅42cmである。
 ※報恩寺前道路脇弥陀三尊種子板碑
 緑泥片岩製。完全であるが風化が進む。地上高57cm、幅(30cm下)33.5cm、厚さ(30cm下)12.3cmである。身部正面に弥陀三尊を刻む。
資 料:現地説明板、Wikipedia、鴨島町の板碑と地名考、
駐車場:無料
関連記事
 曾我廼家五九郎=本名 武智 故平の菩提寺
 大正時代の喜劇俳優。1876年4月12日徳島県吉野川市鴨島町で生まれる。三十一歳で曾我廼家五郎一座に入門し曾我廼家五九郎を名乗った。1940年7月7日(64歳没)
撮影日:2018年12月14日
近隣施設:藤井寺

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

開く コメント(0)

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事