日本で複葉機を自作していたころの飛行機ファン

まだ手探りで自分の飛行機を工夫して試作していた時代

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ロッキードC-130の民間輸送機は,L-100

 ロッキード社のL-100輸送機は,多用途の軍用輸送機C-130ハーキュリーズを基本に開発途上国向けの民間輸送機に変更した機体である.ロッキード社は1951年に米国空軍が要求したターボプロップ輸送機の仕様に応じて設計を開始した.その結果としてC-130ハーキュリーズの原型となる試作機は1954年8月23日に初飛行した.高翼に配置した主翼に4基のアリソン社製501/T56ターボプロップを取付け,胴体後部に貨物用傾斜乗降口を設置した構造となっている.こうして米国空軍はC-130シリーズの製造を1952年9月にC-130Aを発注してはじまり,現在までに2500機以上のC-130が製造された.
 C-130の貨物輸送担当者達は,ロッキード社に民間向けにも開発することを提案した.最初の民間輸送機向けはC-130Eをベースに開発され,軍用ではないデモ機が1964年4月に初飛行した.民間輸送機としてL-100(搭載有償重量:19トン)は,1965年2月に民間機型式証明を取得した.さらに貨物取り扱いシステムが改善された.
 初期の民間向けL-100輸送機は,予想外に販売が不振だった.そのためロッキード社は運航コストの削減と貨物容量を増加させるために胴体を2.54mストレッチしてL-100-20を開発した.L-100-20は1968年10月に型式証明を取得した.さらに2.03m胴体を伸ばしたL-100-30が追加され,1970年8月に初飛行し,12月より納入が始まった.C-130輸送機の民間向け輸送機は大部分がL-100-30として販売の中心機種となった.アルジェリア,ガボン,クェートでは,民間向けL-100輸送機を運航するのは軍人のパイロット達だった.民間航空向けL-100輸送機の最終生産は1992年となったが,L-100シリーズは114機が製作された.このあと軍用輸送機C-130にアリソン501/T56タービン・エンジンを装備した最終機が製作され納入されたのは1996年だった.

全体を再設計したC-130Jはグラス・コックピットの2人乗務

 さらに新世代C-130JハーキュリーズIIに移行するに伴い民間向けもL-100Jが計画された.より進化したターボプロップ方式で6枚のプロペラを駆動するタービン・エンジンは新しいロールス・ロイスAE-2100D3(4591馬力/3425kW)に換装された.EFIS操縦システムの導入により乗員2人による運用が可能となった.新しいC-130Jは1996年4月5日に初飛行し,米国FAAの民間機としての型式証明は1998年9月に取得した.ところが民間輸送機L-100JはC-130J-30の胴体をストレッチした機体を標準とする計画だったが,ロッキード・マーチン社では軍用機の開発を先行させたために,民間機プログラムは2000年に凍結されてしまった.
 C-130輸送機は,航空自衛隊が16機を導入しているが,通常であれば92人の乗客を輸送可能で,着陸滑走距離は最短で1200m,離陸滑走距離は最短で600mのSTOL(短距離離着陸)性能を持っている.現在の日本で1500m級の滑走路をもつ離島の飛行場で運用可能な一番大きなプロペラ輸送機として,導入を検討してみる価値はないのだろうか?

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事