ここから本文です

小規模農家の野菜栽培


小規模農家の野菜作りに

2019年03月22日 | 健康大地作りで健康野菜栽培

生産者のパワーと野菜の生命力
 生産者の想像力に、
  野菜の潜在能力が開花
 
大地の息吹、野菜のエネルギー
 生産者の経験と探求心が栽培技術向上
肥料の有効活用で
体質改善で生育が
 肥料には、各々の特性/機能がある
 
 有用微生物群と有用細菌パワー
 
 活かせ、有機質に微生物
 
安全・安心・美味しい秘訣
 窒素の同化を促す触媒(酵素)に
  微量要素/ミネラルが重要
 
健康野菜は、優れた機能性が
 生命レベルが、パワーアップ
 
総合プロデュース
 肥料/活性材を使い分ける生産者
 
異常気象の現代で、生産量を挙げるには
常識を踏まえて、チャレンジ精神で挑む。
 
ブルタニカ国際大百科事典の解説
収穫逓減(シュウカク テイゲン)
 
所与の状況のもとで、ある生産要素を増加させる
と生産量は全体として増加するが、その増加分は
次第に小さくなるという法則です
 規模に関する収穫は、次のように分類される。
生産関数において、投入ベクトルをすべて k 倍
k>0 ) したときに、産出量が k 倍より小さく
なるとき収穫逓減、ちょうど k 倍になるとき収
穫一定、k 倍より大きくなるとき収穫逓増という。
限界生産力逓減の法則とも言います。
  この法則性は D.リカードにより、土地収穫逓減
の法則性として最初に基礎づけられた。この法則
が働くのは、所与の技術状態の場合においてのみ
いえることで、技術進歩はまさにこの法則を打破
するためのものである。

熟成発酵 アミノ酸 酵素液は、特殊肥料

植物 活力 活性 とは

植物の活力を活性するリズム3は、熟成発酵したアミノ酸の
葉面散布の活性剤です。肥料とは区別された特殊肥料です。
  
家庭園芸用の肥料も含めて、チッソ・リン酸・カリがそれ
れ0.1%以上、あるいは2成分以上の合計量が0.2%以上含む

ものとされています。これを満たさないものは肥料としては

認めらていません。
 
特殊肥料とは、チッソ・リン酸・カリの三要素のいずれかが
0.1%以上、肥料の原料/製造工程が規定を満たしたもの、三
要素以外で植物の生育を活性化する触媒(酵素の働き)をし
たものなどの総称です。
 
リズム3の一番の魅力は、窒素の有効活用ができることとです。
生育ステージ毎で微量要素を混用して、栄養成長と生殖成長を
コントロールができることです。
 

微量要素は、植物に欠かせない重要な成分ですが、必要量はき

わめてわずかで、過剰に与えると弊害もあります。このような
扱いの難しい成分を、あらゆる植物に、一年中どの時期にも与
えられるように、適量に配合してください。
こんな時に、使いましょう
  • 多(増)収穫栽培
  • 成り疲れを防止したい
  • 軟弱体質を改善
  • 花芽分化を誘導/促進
  • 体力を回復/改善/増強
  • 光合成(同化作用)促進
  • 耐病性を強化
  • 高たんぱく質の高品質に
  • 耐寒性を強化
  • 窒素(N)コントロール

単肥(N/P/K/Ca/Ma)と組み合わせて使いましょ

植物の生育ステージが旺盛に尚且つ健全育成なるように、
葉・茎・根・花・実の発達のための、多量のチッソ・リン酸・カリ

をリズム3で有効活用しましょう。活力剤リズム3のみでは、必要

量はまかなえないので、微量要素と組み合わせて使ってください。
 
植物が休眠する時期や弱ってしまった時期など、肥料を与えられない

時期に活力剤リズム3の葉面散布を有効活用しましょう。

軟弱体質の時期
単 肥(P/K/Ca) + 活 力 剤(リズム3) を併用。

生育が緩慢なとき休眠(打破)期
活動が弱っているとき、リズム3が活躍します 。


花芽誘導/分化促進
単 肥(P/K/Ca) + 活 力 剤(リズム3) を併用。
 
 

   はやぶさが小惑星りゅうぐに着地、直後に離脱して
        岩石採取する試みです。
    生命を構成する有機物、その起源の謎を解明する
        岩石採取プロジェクです。
イメージ 1
「土」は、植物が元気にすくすくと育つためには、欠かせないものですが・・・、
??? よく分かりませんよね。 ???
イメージ 2
園芸やほ場用に使われている用土
基本用土」に「補助用土改良用土培養土」があります。
基本用土とは、 田畑や鉢植え・ガーデニング用のベースとな
る土、及びプランター等の土壌改良(土作り)材です。
補助用土とは、培養土として基本用土や補助用土に肥料を混ぜ、
特定の植物に合った調節(配合)された土が、「改良用土」です。
改良用土には
土壌病や連作障害の対策や軽減の特殊肥料もあります・・が
主に改良用土は、「通気性」や「排水性」「保水性」「保肥性」を
改善(土壌改良=土づくり)するために使う用土です。
イメージ 3
適度な酸度(Ph)
一般的に多くの植物は「中性〜弱酸性」の土を好むと言われて                    います。酸度は、雨や潅水の量によって、変化する性質を持って                   います。これは土中に、ミネラル成分のカルシウムやカリウム・                       マグネシウム等と言った、アルカリ性を示す物質が含まれており                   ます。(無肥料の資材もあります)
イメージ 4
良い土を作るための大切なポイント
根は、生育に必要な肥料を追い求めて発根して、有機物を自力で
根酸の分泌で養水分の吸収を促し、また茎や葉を支える役目も持
ち、土の中でしっかり根を張らせて、安定感を保つことも重要視され
ています。
イメージ 5

イメージ 6
植物がストレスなく、よく育つ土(ほ場)を作る上で欠かせない補助
用土を、有効活用しましょう。
 
土壌病や連作障害の対策や軽減に
嫌気性菌の豊富な微生物で発酵を促し、優良に堆肥を作り
投入、パワー(地力窒素)のある生産圃場に土壌改良(ペサージ)。
生産圃場を健全な状態にリッセットするには、残肥を微生物
(ほ場の残渣処理)剤によって、土壌改良(サンパック)。
 

イメージ 1
自然発酵したク溶性のリン酸・腐植が、持続的な発根を促し、
          旺盛な養分の吸収が期待されます。
イメージ 2
※家庭菜園・ガーデニングでの一般的な使用方法
1)鉢植えの場合、土の表面に軽く撒いて土と混ぜてください。
2)家庭菜園の場合、畝筋に撒き5-10cm程度耕してください。
  3ヶ月程度で、微生物や光分解され、徐々に効果が薄れます。

【微量要素効果】
・連作障害の予防。
・微生物の繁殖を活性化させ、肥沃化をより促し糖度を高める。
・農薬で傷んだ土壌や酸性土壌に優れた効果をもたらす。
・フミン酸の相乗効果で、リン酸吸収が良くなります。

【ケイ酸効果】
・ 有機体から作られたケイ酸なので、植物に吸収されやすい。
・ 病害虫に強い植物になる。
・ ケイ酸は細胞壁を強くし、病虫害・倒伏に強くする。
・ 置換容量を高め、土壌を肥沃化する。
・ カルシウムの吸収を良くする。

【石灰効果】
・ 根腐れ、尻腐れを予防し、病虫害に強い組織を形成。
・ 土壌を団粒構造に導く。
・ 土壌に急激な変化を与えないで、植物に安全な土壌酸度矯正、
   土壌改良ができる。
・ 流亡しにくく、植物に吸収されやすい。
・ 微生物が繁殖しやすい環境を整える。

【リン酸効果】
・Mgも多く含まれてク溶性リン酸はホウ素をよく溶かし他の
 リン酸肥料より吸収しやすいという特長があるのです。

特殊肥料 リズム3

イメージ 1

イメージ 2

熟成 アミノ酸 酵素液
有 成 分
【 ア ミ ノ 酸 分 析 結 果 】(100g中の数値、検出限界1mg/100g) (特 徴)
《C/N比の高い順番で記載》
ロイシン               537mg  :成長促進に重要で、着色をよくする成分です。
イソロイシン         376mg  :成長促進に重要で、渋みに関わる成分です。
バリン                  447mg  :細胞(毛根等)の分化能力/成長ホルモンを助成する成分です。
プロリン               432mg  :優勢花に必須、着果をよくし、甘味を作る窒素源として
                                          有効です。
メチオニン            118mg  :施光性/光活性など、生物学的メチル基の移動反応に重要
                                          で、果実の熟成促進に効果大、毛(細)根の発生を促します。
グルタミン酸       1224mg  :アミノ酸/糖タンパク質の合成を助け、耐菌性/耐寒性を
                                          強める体質改善が期待できます。
スレオニン            225mg  :糖タンパク質活性成分と成長促進に影響を与えます。
アスパラギン酸      530mg  :吸収されにくいカリウムの吸収を助け、成長促進に必須
                                          アミノ酸の合成を促します。
フェニルアラニン   378mg  :光活性/葉/根の成長に有効成分です。
アラニン               376mg  :糖タンパク質生成源で、旨みに影響を与えます。
セリン                  505mg  :グリシンと内部転換し、回路のメチル基転移を助け、根毛
                                          の伸長促進に効果が期待できます。
リジン                  297mg  :植物の成長に必須、アミノ酸の生産基材です。
チロシン                 35mg  :植物の色/光沢をよくします。
グリシン               243mg  :静菌作用、糖と反応による酸化防止作用効果とアミノ基
                                          生成基材耐霜/耐寒力を作ります。
アルギニン            458mg  :葉/根の活性化機能を有し、光活性/CO2補足効果が有り
                                          ます。
ヒスチジン            115mg  :金属イオンと錯塩を形成し、生物の成長を助ける必須アミ
                                          ノ酸です。
シスチン               100mg  :タンパク質を作るのに重要な働きをします。

有 機 酸 分 析 結 果  (100g中の数値、検出限界1mg/100g)
酢酸                     :   200mg  乾燥に強い体質を作る働きを助けます。
クエン酸               :   150mg  高温/低温/乾燥に強くなる体質を作ります。 

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事