ここから本文です

書庫全体表示

植 物 成 長
植物の光合成は、気孔の開閉や花芽分化・植物の色素形態に関係しています。
また光エネルギーが気温や地温にも影響して、植物の体温や生命活動に、
欠くこと事のできない必須条件です。
この光エネルギーを有効にコントロールするかが、作物の品質や生産性に
大きく影響を及ぼします。

気温条件と蒸散の影響
●湿度が高いほど、蒸散は少ないです。
●温度が高いほど、蒸散が多いです。
●風が強いほど、蒸散が多いです。
養水分の吸収で、体質改善
植物の養水分吸収は、蒸散と光合成による植物体の溶液濃度が変化により、
浸透圧により根からの吸収が促されて流動します。
●根・・・・・根の量が多ければ、吸収量が多いです。
       体内の80〜90%が水分です。
●養水分・・・養分濃度が、低い方から高い方へ流動します。
       水分の吸収で、養分の媒体となっています。
●地温・・・・地温の上昇で、吸収量が多くなります。
       根の成長に吸収量の約10%を使用します。
●蒸散・・・・植物体の維持で、吸収が多くなります。
       吸収量の約90%が、蒸散による冷却に使われます。
●光合成・・・光合成で、体内溶液濃度が高くなります。
       吸収量の1%を光合成の原料になります。
植物の活力 活性を有効活用して、生命活動を旺盛にコントロールすることが、作物を高品質に多(増)収穫が期待できましす。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事