老猫じろーがんばれじろーハタチ(+3)の高齢猫の日常-1987

23年間生きた老ネコを綴ったブログです。その猫も今は空の上〜

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

桜の咲く頃に産まれ、

小さなバスケットに入り、手のひらサイズで私の家にやってきた
私はこの手に命を迎えた。。。

真っ白な仔猫、
ホワイトペルシャで命名は:じろーさん。

桜の開花と共に生後2週間程の小さな命を、預かり

23年、

咲き誇る桜のもとお預かりした命をお返しする日となりました。


命をお預かりする時もお返しする時も
節目、節目にはいつも桜の花が咲いていた。



昨日は、桜が咲き誇るにも関わらず、ぐっと冷える風の強い日。


じろーさんは、
先日より、ごはんも水も受け付けにくく、『なんだか眠いの〜』とノドを通しません。

それでも、世話係No.2(嫁w)の努力でたくさんの時間をかけ、
命の源を飲んでいただきました。


最近、数日おきに
「ゔー〜〜ーーー」と小さな小さな声で唸り、お迎えを拒否しています。
実は最近、目が見えないであろう、じろーさんに声をかけつつ
「おう!どした。元気だせや!」w
と、同じ様に(少し苦労しますがw)ごはんをノドに通していたのですが


ただ、違ったのは、その日が最後の一回の心臓の鼓動をうつ日だったという事です。


じろーさんは、教えてくれました。

これは、、、、ヤ・バ・い!と,,,

私を呼んでいる・・・

じろーさんからの信号を受け
嫁を呼び起こし、「ちょっとつらそうだから、起きれるかぃ・・」
起きてきました。

それは、夜中の事でした。

すでに視力を失ったじろーさんの耳に呼びかけます。

『ほら、じろーさん、ここにいるよ。よしよし♪』
『寂しくないよ』『おれもいるし、☆っちゃんもいるよ♪ほら、分かるだろ』
(思った事をたくさんお話しましたが。もはや忘れてしまいました・・・・)

(こんな言い方、恥ずかしくて嫌なんですが、思ってる愛情をありったけ声にして)
「届け、とどけ!」と
見えないなら聞け!と
頭から背中まで声をかけながら、なでなで、すりすり。ポンポン・・・
「ほら!じろーさん。よしよし。よしよし・・・」

小さく吸って、小さく吐き、
だんだんと、小さな呼吸は間隔が広がり、数が減っていきます...



良く生きました!23年!たくさん寄り道もしたけれど、
よくぞ最後の時を、この親不孝者は一緒に迎えてくれたと、

その親不孝モノは、
人より後に産まれて、先に旅立っていく、とんでもない可愛い奴。
そいつはたくさんの気持ちを残していってくれました。

時には・・・
ペットは必要な時で、必要なだけそばにいてくれるんだ!と、
このブログの中で聞きました。


きっと私の元にいた猫・・じろーさん。その猫が長生きしたのは、
きっと私が劣等生だったせいでしょうw


命に対して無知だった出来の悪い生徒に必要な事を教える為に、きっと23年も掛かったかな?


命に手を抜いたらどうなる?
(命にまたはありませぬぞ!)

精一杯生きる姿。
(諦めない事。)


でも・・・・・
最後に教えてもらってのは、命に終わりがあること。
それは、本当の事。

生きる力や、それを守る事に妥協を許さない事。
残されたモノのやるべき事、などなど数えきれませんが。


いま、残された私たちは最後の儀式をして、
イメージ 1
じろーさんの虹の橋を思いながら

虹の橋】(以前の記事です)【虹の橋Flash
ついに、じろーも、お友達の居る橋のたもとを目指す事になったのか・・・・

猫の十戒 (以前の記事です)私の約束もココにある。

たくさんの
気持ちの整理をしています。
(お別れは1年も2年も前から済んでるんですけどねw)




誰もが言って下さいます。
幸せだったね!
よかったねぇ。
ありがとう!
いい一生だったね!と
みんなに愛されたじろーさん♪

よかったね!じろーさん。おれもなんか嬉しいよ!


今も、これからも、

『ありがとう!じろーさん』



よかったなぁ・・・
出会えて

よかったなぁ・・・
一緒に居られて、お世話できて!




来年も、再来年も思う事でしょう。

桜が咲いて、咲き誇り、満開になる。

その度に、私の愛猫の事を,,,



どんなに書いても、短くは書ききれません。
まだまだ、綴りきれないたくさんの想いや伝えたい事はありますが、


ブログの皆様、コメント!訪問!もの凄く、励みになりました。
病院の先生様、受付さん〜スタッフ様、バックヤードの方々、

ココをのぞいて訪問頂いた皆さんのお陰で命をつなぐ事ができたのです。


たくさんの特別な気持ちをお届け頂きありがとうございました。


また、このブログの記録が、少しでも後に続く人達の為になりましたら、嬉しく思います。



すべての命を愛する皆様へ・・・

じろーさんと共に、お世話係より。

『ありがとうございました。』





-------------------------------------------







あ、言い忘れたw


『生まれ変わってくるなら、また飼ってやってもいいぞw じろーさんょぉw』



いや・・・ウチの子供で産まれてきてもいいけどなww
(そしたら、今度はおまえがオレの面倒みるんだけどなw)

それでも、第一子から「じろー」って名は無理だなw

オレのもとにたどり着け!
早くオレを見つけるんだ。見つけたら大きな声で呼べ。合図を送れ!きっとオレは気づく。分かったな!

また、会う日まで




じゃ!またな!じろーさん

開く コメント(144)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事