老猫じろーがんばれじろーハタチ(+3)の高齢猫の日常-1987

23年間生きた老ネコを綴ったブログです。その猫も今は空の上〜

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

わたしん家の飼い猫であった、じろーさんの一周忌となりました。
どーも、ど〜〜も。みなさま、ごぶさたしております。


じろーさんが旅立ったあの青空からもう一年も立ちました。

画像:故じろーさんの一年前
イメージ 1

ドラえもーーーん♪。
何か道具だしてぇーw とお願いして
たとえ、タイムマシンを出してもらったとしても

パーフェクトなお付き合い(嘘ですw)のアタイとじろーさんの場合は!
過去に戻っても何も未来を変えるようなこともしませんし、どうのこうのしても、そのころの状況をねじ曲げる事もないでしょうww


産まれた時から、生き物は死ぬ事に向かって歩き続けているわけで。

全ての生き物は当然亡くなってしまうわけですね〜。

今日も時を刻む、そんな時間の波は止まりません。

一緒に暮らしたあの時、あの時間。
頂いた皆さんのあの時のコメント、聞いて頂いたこぼれた声は今でもとーってもすばらしい思い出です。

今、読み返してもその頃の悲しい気持ちや、皆さんの温かい気持ちがよみがってきます。
読み返してあらためて、ブログに記録残してよかったなぁ〜とか思っちゃいましたよぉ〜〜。

さて、今回の本題、
ちょっくら一周忌のお参りに行ってまいりました。

そのころお世話になった動物病院「ハート動物クリニック」の職員さんにちょっと挨拶がてら

まにまにさんから頂いたお供え物頂きました!!〜<とってもありがとぉーー>
イメージ 2イメージ 3
頂いた嬉しいく豪華なお供え物を携えて一周忌のお墓参りで、
私たちをはじめたくさんの人達の思いをのせて、ちょっとだけ長めに
手を合わせてまいりました〜。



思い出:じろーさん超看護老年ぼけじろー時代w
ごはん注入〜〜〜と、足のリハビリ?うんどー
面倒くさいやつだったが、それでも、可愛かったわ〜〜♪






また、いつか・・・わたしのねこ、飼いたいなぁ〜〜




一応、よれよれぶりが魅力のじろーさんを(笑
(単なる記録の残りですのでオチはありませんw/注意:長めで暇〜ww)





たまーーーーーーーに現れる。
「じろーさんの世話係」ですが、


みなさんのペット達とのブログや過ごし方を読んでは、勝手に心温まっていますw

それでは、皆さん!!
皆さんの、心にしみるブログ、読み逃げにまいりますのでww その時は、

よろしくお願い致しますねーーーー。ノシ



----最後に・・・ペットを亡くされた友へ-----------------------------------------------------
今でもたくさんの方の内緒ばなしを頂いて、愛猫との別れがお知らせされてきます・・・

そんな悲しみにくれる方々へ・・・少しだけ私なりのお言葉を^^;

愛おしく・愛おしく可愛い、愛したペット達は旅立つ「時」も選んでいくと聞きます。

人の集まりや、その後の催しの日程などすべてを含めてです。
例えば、
悲しみで仕事も手に着かない期間・・・
偶然、あまり連絡もなく無事仕事になにげに復帰できた。
病院の先生や関係者に連絡を取ってみたら、丁度連絡が取れた・・・など
偶然と思えてしまうこと、、、、親孝行な子ですね。


逝ってしまった愛猫。
長い間一緒に居ましたね。そして、たくさん愛されましたね!
猫にとっては、死ぬときにそばにいた私たちは、一生一緒にいたと言うことなんです。

わたしも逝った時もたくさん抱きしめました。
まるでビーズの入ったぬいぐるみのような感触でじろーさんはくたくたになっていて、
この世で精一杯、限界まで生きた証しのようでした。

とても悲しくそのときの涙を事をもちろん忘れる事はありません。

しかし!一緒にくらしたじゃないですか!
居なくなった事を悲しんであげられる存在であったではないですか!
お互いなんですよ!お互い通じていたんですよ。
ある説ではこういいます。「悲しんでいるとそこを離れられなくなる」と、
しっかりといい所へ逝ってもらいたいと思いませんか!?

もちろんYESだと思います。それなら、
楽しかった思い出、楽しかった日々、面倒をみてあげられた日々・・
私は「あーーー。最後まで面倒看てあげれて良かった・・・」と
悲しい反面、十分にじろーさんとの毎日の思い出を満喫致しました。

その後も、まだまだ、残された者の儀式は続きますが、
それも、ペットを愛された人だけにやってくる「大切な長い時間」です。

どうぞ、たくさん悲しんで、哀れんでやってください♪

そして、清々しく送ってあげらたら、、、いかがでしょう!

どうぞにゃんちゃんにありがとう〜〜と

偉そうな言葉ばっかですが、私からの贈る言葉です。

----------------------------------------------------------------『じろーさんの世話係』より

開く コメント(49)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事