ここから本文です
宮古島といえば突き抜けるようなエメラルドブルーの海!!
テーマパークなどはなくても、何もない真っ白なビーチとただひたすらに青い海のコントラストが宮古島の象徴です。
ガイドブックに乗っているような有名な砂浜はもちろんのこと、いたるところに小さなビーチがあり、人がいることもほとんどなく、雄大な海の存在感に心細さを感じるほどです。
そんなビーチのひとつが「七光湾」です。
イメージ 1

もはや珍百景?宮古島の不思議なアート『サンピラー』

人工物があることを想定していない場所に突如アーキテクチャが現れたとき、人は不思議な感覚に襲われるものです。そんな珍百景的な物体を沖縄県宮古島市で発見してしまいました。

この記事に

開くトラックバック(0)

いまや全国1014箇所に設置され、商業施設としてもかなりの売り上げを上げる『道の駅』。どれかに行ってみたいけど多すぎてわからないという方におすすめの道の駅を9箇所ご紹介します。

おすすめできる9つの『道の駅』

いまはアミューズメントパークのような道の駅
まだまだ楽しめそうな企画がいっぱいでドライブの目的地にまでなっちゃいそうですヾ(✿❛◡❛)ノ


この記事に

最近国内旅行が見直されていますが、意外とどこにいったらいいか決められない…という方が多いとか。そんなときは『観光圏』を訪れるのがオススメです。なんてったって国のお墨付きの間違いない観光地なんですからね!

国のお墨付きの観光地『観光圏』って知ってる?


観光圏のちょっとお得な旅情報はこちら

観光圏についてもっと詳しく書いてあるブログが読みたい(σ≧∀≦)σという方はこちら

この記事に

レトロなデザインのなかに古臭さを感じさせないモダニズムが漂っていると思いませんか。これは100年以上の歴史を誇る『クラブコスメチックス』の『クラブホルモンクリーム』です。タイトルにもあるとおり昭和10年に発売され、当時難しかった女性ホルモンの配合に成功したことで大ヒットした商品です。あなたのお肌を毎日の肌荒れから守り健やかに保ちます。シンプルでいて控えめなこのクリームは長い間飽きずに使い続けることが出来るでしょう。もしかしたらあなたのおばあさんも愛用者かもしれませんよ。お値段も税抜きで600円となっておりとってもリーズナブルです。私は毎日お風呂上りにこの愛らしいパッケージをしばらく眺めてからこのクリームを塗っています。手にとったときは少しオイリーな印象を持つのですが顔に塗るとすっと軽く伸びてべたべたせず、とても良い使い心地です。もし保湿クリームなどを何にしようか悩んでいるようでしたら、一度お試しください。


レトロな容器がたまらなくかわいい『クラブホルモンクリーム』は昭和10年発売の超ロングセラー!


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事