ここから本文です
埼玉発 おとなの小探険
アクセスありがとうございます。2008年4月12日から毎日更新中! 西日本大雨災害の被害に遭われた方々、お見舞い申し上げます。

書庫全体表示

【10年1月11日探索・6月12日公開】

旧道の始まり、仏ノ山峠はここ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/86/takaratta1152/folder/481182/img_481182_33960230_0?1276265915

栃木県道・茨城県道1号宇都宮笠間線のヘキサである。
古くから水戸北街道(水戸街道と言われる事の方が多いようだ)として人々の往来が盛んな道となっている。




https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/86/takaratta1152/folder/481182/img_481182_33960230_1?1276265915

そんな県道1号線の県境近くである。
17kmのキロポストが見えるが、栃木県内の県道区間は17.109km(wikipediaより)なので、ここから109mで県境という事になる。




https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/86/takaratta1152/folder/481182/img_481182_33960230_2?1276265915

ここが県境の仏ノ山峠だ。
栃木県側にお地蔵様の祠があったようだが、峠の名前とは関係あるのだろうか??

ともあれ茨城県に入った。




https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/86/takaratta1152/folder/481182/img_481182_33960230_3?1276265915

すると、左側に明らかに旧道っぽい道が延びていた。
必然的にこちら側へと進んでいく。




https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/86/takaratta1152/folder/481182/img_481182_33960230_4?1276265915

入口には通行制限の看板が立っていた。道路法46条による一般車両通行禁止という趣旨である。

★★[条文]:道路法第46条 道路管理者は,左の各号の一に掲げる場合においては,道路の構造を保全し,又は交通の危険を防止するため,区間を定めて,道路の通行を禁止し,又は制限することができる。
  一 道路の破損,欠損その他の事由に因り交通が危険であると認められる場合
  二 道路に関する工事のためやむを得ないと認められる場合              ★★




https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/86/takaratta1152/folder/481182/img_481182_33960230_5?1276265915

旧道沿いには数軒の民家と、耕作地だけがあった。のどかな雰囲気を感じる。




https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/86/takaratta1152/folder/481182/img_481182_33960230_6?1276265915

しかし、100mも行かないうちに簡易ゲートが現れた。
「車両通行禁止」であったので、私はヘリオスを押して廃道区間へと足を踏み入れた。




https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/86/takaratta1152/folder/481182/img_481182_33960230_7?1276265915

この先の廃道区間としては全部で700mくらいになろうか。

この区間に入ってすぐのカーブに何かが設置されていた。




https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/86/takaratta1152/folder/481182/img_481182_33960230_8?1276265915

「馬方神」と読めたが、ググっても何も引っ掛からなかった。

茂木、北山内、笠間の馬車組合が中心になって明治38年(1905)に建立されたようだ。馬頭観音よりも街道の安全祈願の意味合いが強いように思えるが、どなたかご存知の方がいらっしゃったらご教示頂きたい。
(後編へつづく)

この記事に

  • 顔アイコン

    「馬方(うまかた)」だと該当ありですね
    いわゆる運搬用馬使い

    馬頭観音は馬を祭るモンですが、こちらは人を祭るモノでしょうか

    かつて居た馬方の名人を称えるものか、
    道中で無くなった馬方の鎮魂の為かと思います

    [ BAZU ]

    2010/6/12(土) 午前 7:22

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちわ。おひさしぶりになりました。
    過去の記事もゆっくり拝見させていただきました。
    馬頭観音ではないのでしょうかね???
    でも街道の安全を祈願した道祖神みたくも見えます。

    暑い日が続きますがお身体にお気をつけください。
    また伺いますね。

    Non

    2010/6/13(日) 午前 10:32

    返信する
  • 顔アイコン

    必然的って言うのが、オブっぽいですね(爆
    焦げたガードレールが何ともイイ雰囲気です〜

    たかな(´・ω・)

    2010/6/13(日) 午後 9:11

    返信する
  • 顔アイコン

    BAZUさん、コメントありがとうございます。

    そこまで言われると、裏側までちゃんと見なかったのが悔やまれます。連名だった事から推察すると後者の意味合いだったのかも知れません。今度笠間市史あたりをよく読んでみます。

    たからった

    2010/6/13(日) 午後 10:11

    返信する
  • 顔アイコン

    Nonさん、コメントありがとうございます。

    馬車組合の連名なのが、鍵なんだと思いますが。。裏側に何か書いてあったのかもしれません。

    今日は寝坊して探索を近場に変更したのですが・・・蒸し暑かったです。

    たからった

    2010/6/13(日) 午後 10:14

    返信する
  • 顔アイコン

    たかなさん、コメントありがとうございます。

    行動は自転車ですからね、思考する時間が多少はあります(笑)。
    個人的には、もう少し熟成された方が・・・と思います(笑)。

    たからった

    2010/6/13(日) 午後 10:17

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんわ。

    <!>→『オ○ケに注意』…(曲)…違うか。。。
    狭山市駅近く、八幡様脇の坂の<!>はそれだとまことしやかに聞き及んだ覚えがありますが…(オカルト失礼)

    馬方(うまかた)神…
    往来安全もさることながら、馬方さんの神様であれば馬頭観音と同義でしょうね…
    なぜ馬頭観音でないのか…。敢えて『馬方の神』にする必要があったのかな。

    行倒れの馬の塚は馬頭観音の石碑が多いとありますが、これは違うだろな(旧街道には庚申塚と同じく多いですネ)。




    …記事違いですが、水根線の件ありがとうございました。
    奥多摩ってところは、現在ののどかなイメージからは想像できないいろいろがあったところなのでしょう。日原、小河内共に時代に翻弄された"東京"の秘境なんですね…(-л-)。


    今夜は古地図でも見ながら飲んで、川越の路面電車跡でも辿ろうかな…

    [ 不沈艦ハリウッド ]

    2010/6/18(金) 午前 2:53

    返信する
  • 顔アイコン

    不沈艦ハリウッドさん、コメントありがとうございます。

    おばけに注意のビックリマークの話は私も聞いたことがあります。

    この辺には伝説の馬方でもいたんでしょうか??今で言う県境を越えての馬車組合の連名による建立という所に何か秘密があるのかも・・・

    たからった

    2010/6/22(火) 午後 11:35

    返信する
  • 顔アイコン

    えらく古い記事にレスしてスイマセン。
    既に、お調べになったかもしれませんが??
    これ「馬力神」と言います。
    茨城県や栃木県で見られる石碑で、意味は馬頭観音と同じです。
    荷馬車や農耕馬として働いた愛馬の供養です。 削除

    [ SATO ]

    2015/6/19(金) 午後 8:27

    返信する
  • 顔アイコン

    SATOさん、コメントありがとうございます。

    古い記事に頂けるコメント、大変うれしいです。

    ここも「山さ行がねが」で公開されて一気に有名になりました。
    私は「山行が」で後に知りました。

    たからった

    2015/6/21(日) 午後 10:51

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事