ここから本文です
埼玉発 おとなの小探険
アクセスありがとうございます。2008年4月12日から毎日更新中!

書庫全体表示

【12年1月28日探索・2月11日公開】

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/86/takaratta1152/folder/481325/img_481325_37964511_0?1328961461

現在地はこの辺

千葉県君津市柳城 国道465号線から少し入ったところにいる。
一応目的地はこの1kmくらい先にある隧道マークである。

なぜこんな中途半端なところからのレポなのか?
実はこの辺で、思いがけない出会いがあったんだよねえ・・・
この矢印、何に見えますか??




https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/86/takaratta1152/folder/481325/img_481325_37964511_1?1328961461

一番近い家屋からでも100mは離れている半分廃道のような道に、猫、しかも呼んだらこっちに来てくれる人懐っこい猫がいるとは思わなかった。




https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/86/takaratta1152/folder/481325/img_481325_37964511_2?1328961461

この三毛さん、まず私に2回もズリッと体をこすりつけ、その後に「ゴロッチャラ」を始めたのだった。




https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/86/takaratta1152/folder/481325/img_481325_37964511_3?1328961461

しかも2回も・・・
うん、いいよ、いいよ!!




https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/86/takaratta1152/folder/481325/img_481325_37964511_4?1328961461

三毛猫さんは一通り私を楽しませてくれ、おそらくは自宅に帰っていった。




https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/86/takaratta1152/folder/481325/img_481325_37964511_5?1328961461

記事はそこで終わりにしても良かったのだが、一応タイトルが隧道なので先に進む。

千葉県内によくある、こんな小さな峠を越えていくと・・・




https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/86/takaratta1152/folder/481325/img_481325_37964511_6?1328961461

左に開けたスペースがあり、さらに進むと、道は路肩側の半分くらいが崩落していた。




https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/86/takaratta1152/folder/481325/img_481325_37964511_7?1328961461

そして、崩落地点のすぐ先が隧道であった。
予想通り、素掘だ。




https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/86/takaratta1152/folder/481325/img_481325_37964511_8?1328961461

一応、ヘリオスとの比較写真も撮ったが、特に巨大だとか変な形だとかとい事はない。
千葉県内ではよく見かける素掘隧道といったところか。




https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/86/takaratta1152/folder/481325/img_481325_37964511_9?1328961461

房総半島とは言えけっこう寒いようで、坑口脇にはツララが出来ており、こんなのが通行時に落ちてきたらけっこう怖い。




https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/86/takaratta1152/folder/481325/img_481325_37964511_10?1328961461

反対側は坑口の形状が違うが、これまた房総半島では特筆するほどでもないような気がする。

結局、猫が居なかったらきっとお蔵入りしていた隧道記事でした。
 

  • 顔アイコン

    ヌコのおかげでお蔵入りを逃れたなんて…ヌコ強し!!=^_^=
    素掘り隧道もなかなか味がありますね〜

    たかな(´・ω・)

    2012/2/11(土) 午後 9:54

    返信する
  • 顔アイコン

    ゴロッチャラ!!そんなのされたら暫く動けません。。(笑)
    この猫も隧道を利用することあるのでしょうか〜(^^)

    崔君

    2012/2/12(日) 午前 0:16

    返信する
  • アバター

    かわいいニャンコですね。
    ゴロシャリ、最高です。
    千葉には素掘り隧道が多いのですね。
    今度探してみようかな…

    がびごん

    2012/2/12(日) 午後 9:39

    返信する
  • 顔アイコン

    人懐っこそうな猫、かわいいですね。
    近所の飼い猫さんでしょうか?

    房総ではありふれていても、こういった隧道の一本一本、やっぱり味わい深いですよね。

    [ DAiN ]

    2012/2/13(月) 午前 0:03

    返信する
  • 顔アイコン

    たかなさん、コメントありがとうございます。

    千葉のこのあたりにはホント、素掘隧道が多いんです。
    最初のころは「素掘だよ〜」とか思いながら珍しがっていましたが、なかなか特徴がないと記事にしても画像の説明が思いつかなかったりします。
    ここで本当に見せたかったのは、猫・・・かな?

    たからった

    2012/2/13(月) 午後 10:56

    返信する
  • 顔アイコン

    崔君さん、コメントありがとうございます。

    この猫氏は「隧道は利用しないニャ」と言っていました(笑)。
    700mくらいあるので、やっぱり利用していないかと思います。

    たからった

    2012/2/13(月) 午後 10:58

    返信する
  • 顔アイコン

    がびごんさん、コメントありがとうございます。

    千葉県は全国3位の隧道王国(1位は大分)で、素掘が本当に多く、川回しと呼ばれる水路隧道も多いんです。
    さすがに現役国道の完全素掘隧道は無くなりましたが・・・

    たからった

    2012/2/13(月) 午後 11:02

    返信する
  • 顔アイコン

    DAiNさん、コメントありがとうございます。

    おそらくは近所の飼い猫の縄張り点検の帰りだったのかと思います(笑)。
    1本ずつ、全部違うのが素掘隧道の味ですよね。

    たからった

    2012/2/13(月) 午後 11:05

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事