ここから本文です
埼玉発 おとなの小探険
アクセスありがとうございます。2008年4月12日から毎日更新中! 西日本大雨災害の被害に遭われた方々、お見舞い申し上げます。

書庫全体表示

【15年4月26日探索・6月13日公開】

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-a6/takaratta_1152/folder/1619027/10/54931610/img_0_m?1434127116

現在地はこの辺

道は緩やかに上っている。
左の擁壁は昭和4、50年代を感じさせる施工だが、この盛ってある道の路肩の
施工は・・・


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-a6/takaratta_1152/folder/1619027/10/54931610/img_1_m?1434127116

モルタルは使われていたものの丸石の石垣風の造りだった。
ここはもっと古くの年代の施工であろうか?




https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-a6/takaratta_1152/folder/1619027/10/54931610/img_2_m?1434127116

道路は・・・明らかに廃道だった。
引き返そうかとも思ったが、山の中ではないので遭難のリスクは低い。
結局そのまま進んでしまった。




https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-a6/takaratta_1152/folder/1619027/10/54931610/img_4_m?1434127116

もう完全にシングルトラック・・・というか、ほぼ獣道状態だった。
そんな状態の道だが、うっすらとした分岐があった。
まずは右方向、線路に近い方に行ってみよう。




https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-a6/takaratta_1152/folder/1619027/10/54931610/img_5_m?1434127116

yahoo地図には辛うじて道として描かれている。
が、その実態はこんあ感じだ。




https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-a6/takaratta_1152/folder/1619027/10/54931610/img_6_m?1434127116

線路の脇まで進んできた。
境界柱が設置してあるが、これは寄居町のものだ。
実はこのほかにも3本ほど近くに建っているのだが、なぜそんなに密集して設置
したのかはわからない。




https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-a6/takaratta_1152/folder/1619027/10/54931610/img_7_m?1434127116

現在地はここ

画像ではこの先も抜けられそうに見えるかもしれない。
が、これはちょっと無理・・・
撤収!




https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-a6/takaratta_1152/folder/1619027/10/54931610/img_8_m?1434127116

先ほどの分岐地点から、今度は直進(最初に来た方角からだと左折)してみよう。




https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-a6/takaratta_1152/folder/1619027/10/54931610/img_9_m?1434127116

2、30mくらい進んでいくと徐々に道としての明瞭さが失われていった。




https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-a6/takaratta_1152/folder/1619027/10/54931610/img_10_m?1434127116

この画像は谷沿いをずっと進んできて、もうあと3mでおそらくは反対側のどこか
に抜けられるという場所なのだが、ここから先にはもう10cmも進む事はできな
かった。




https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-a6/takaratta_1152/folder/1619027/10/54931610/img_11_m?1434127116

もはや道なのかどうかもわからないのだが、とにかくどこかに抜けないと探索が終
了させられない。
相当無理やり感があるのだが・・・




https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-a6/takaratta_1152/folder/1619027/10/54931610/img_12_m?1434127116

現在地はこの辺

とりあえず道路に出た。
先ほどの道の分岐地点から直線距離だと約70mしか離れていないが、その所要時
間は12分もかかっていた。

これは出て右側を見た所になる。




https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-a6/takaratta_1152/folder/1619027/10/54931610/img_13_m?1434127116

これは左側を見たところ、ではあるのだが、20mくらい進んだ場所、すなわち、
3枚上の画像の反対側付近になる。

(おわり)

  

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事