ここから本文です
埼玉発 おとなの小探険
アクセスありがとうございます。2008年4月12日から毎日更新中! 西日本大雨災害の被害に遭われた方々、お見舞い申し上げます。

書庫全体表示

【15年8月9日探索・9月5日公開】

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-a6/takaratta_1152/folder/1619027/34/55045934/img_0_m?1441382662

茨城県常陸大宮市鷹巣 かつて国道118号線(2級国道水戸郡山線)だったはずの
道を北上する。




https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-a6/takaratta_1152/folder/1619027/34/55045934/img_1_m?1441382662

現在地はここ
<探索地は8時の方向>

ここ、いやに広いな・・・
とりあえずは8時の方向に進もう。




https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-a6/takaratta_1152/folder/1619027/34/55045934/img_2_m?1441382662

砂利道が続いていた。
そして、国道118号現道の築堤が迫ってきた。




https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-a6/takaratta_1152/folder/1619027/34/55045934/img_3_m?1441382662

築堤を貫くカルバートがあった・・・のだが、何かこう落ち着かない。
地元ではお化けトンネルとでも言われていそうな雰囲気があった。




https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-a6/takaratta_1152/folder/1619027/34/55045934/img_4_m?1441382662

近くから見ると尚更そんな感じが否めない。




https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-a6/takaratta_1152/folder/1619027/34/55045934/img_5_m?1441382662

内部になる。
普通のボックスカルバートなのだろうが、無機質さがいっそう怪しさをも醸しだして
いるようだった。
このカルバートの竣功時期について、特定には至らなかったが、航空写真を見た限り
では昭和35年以降、昭和50年という事になる。




https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-a6/takaratta_1152/folder/1619027/34/55045934/img_6_m?1441382662

カルバート内でも辛うじて自動車の通行の跡が見て取れた。
この先にもまれに自動車が入っていくのだろう。




https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-a6/takaratta_1152/folder/1619027/34/55045934/img_7_m?1441382662

カルバートを出た。
なぜだか小さな橋が目についた。




https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-a6/takaratta_1152/folder/1619027/34/55045934/img_8_m?1441382662

林道並みの細い道が先に続いていた。




https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-a6/takaratta_1152/folder/1619027/34/55045934/img_9_m?1441382662

そして橋のほうなんだが・・・
ちょっと驚いた。
こんな場所には意外だった水路橋である。




https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-a6/takaratta_1152/folder/1619027/34/55045934/img_10_m?1441382662

さて、元いた場所に帰ろう。

こちら側坑口などは、いよいよお化けトンネルと言われてしまいそうだ。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事