ここから本文です
ブログ始めました!

書庫日記

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

甲斐駒ヶ岳

イメージ 1

昨日具合が悪かった女性は、あれから何も食べず…ひたすら横になっていました、2畳に3人位並んで寝なければならない山小屋…大変だったと思います、翌朝…女性はモリモリ食事していた…リーダーが今日は行けるね?と聞くと 絶対行ける!と言ったので、全員で行く事に…
昨日より難しく そして長い時間がかかるコース、4時43分に出発…午後から雨の予報…晴れていたら さぞきれいな景色が見れたでしょうが…霧がかかり 冷たい風も吹いてくる…ひたすら登り…4時間30分で山頂に着いた…が 時折ポツリと雨粒が顔にあたる…早く降りよう!!とリーダー 帰りは別のコースだったが霧が出たので、来た道を引き返す事に…下りは幾分速い…出発した北沢峠には14時に着いた 9時間かかった

仙丈岳の下り

イメージ 1

8人ご機嫌に山を下って 5合目辺りで、突然…参加者の中で一番若い女性がたちどまってしまいました…どうしたの!?と聞くと気分が悪い!!との事、高山病!?それとも熱中症!? ゆっくり歩きだしたがまた止まってしまった…4時迄に宿に着かなければならなかったので、4人だけ先に降りてもらい男性2人と女性1人で、介護しながら降りる事に…歩くのがやっと ザックは背負えないので そのザックを私ともう一人の男性とで交互に持ちやっとのことで宿までたどり着く事が出来ました、アルプス用のザックは普段よりずっと重いので、大変でした…でも何事もなく良かったです。

南アルプス仙丈岳

イメージ 1

7月15日 参加8名男性4名女性4名
7月15日に福岡空港から松本に向かう タクシー 電車 タクシーを使って登山口のふもとの宿に着く ここから先は南アルプス林道バスしか通れないので、今日はここで一泊。
16日朝5時にバス停を覗くとすでに50人位並んでいる、私達はまだ食事もしていない、6時からの食事だったので、ちょっと焦る、食事がすみバス停に行くとすでに10台のバスは出発してしまって 戻ってくるのを待つ事に…しばらく待ち戻ったバスの3台目にやっと乗れ北沢峠から仙丈岳に向け出発したのが7時45分…山が大きいので頂上に着いたのは4時間後の11時40分…天気がよく素晴らしい景色が見れました。

イメージ 1

7月10日…参加8名…男性3名女性5名
風がないのでむしむしするなか、9時15分に牛頸ダムから大佐野山に向かう…空気が重く感じられた、低山の割には なぜかキツい感じ!薄暗い、うっそうとした森の中をひたすら歩く…独りでは余り来たくない感じ!8人もいるのになぜかにぎやかではない!そして1時間位で大佐野山に着いた…ここからは黒金山に向かって尾根道を歩く…尾根道は幾分風があり 涼しく感じた 黒金山で、ちょっとたちどまり、牛頸山に向かう…牛頸山山頂ではいつもよりゆっくり食事して 来た道とは違うコースで下ったのですが…余り利用者が少ないのか藪が生い茂りとても難儀してしまいました。2時着。

頭巾山

7月3日…参加7名…男性3名女性4名
昭和の森から頭巾山に8時35分に出発…この日も女性リーダー むしむしと熱い…ペースはややゆっくり…でも汗がとめどもなく流れ落ちる…水を飲んだら…また汗が溢れ出る30分も歩かないのにもうシャツがビショビショになる、今日は仕方ないか!とあきらめ…ただただ歩く…1時間40分で山頂に着く…901メートルの山頂の温度計は20度 そんなに高い温度ではない、ちょっとたちどまっただけで宝満山に向け出発!!約40分で宝満山頂に着いた、キャンプ場で食事のあと河原谷コースで、昭和の森に帰る…着いて5分位して猛烈な雨が降ってきた。やはり日頃の行いが…!

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事