ここから本文です

高崎中央ボーイズ 倉俣監督BLOG

野球少年をもつ親御さんにできるだけ分かりやすく野球や野球に対する考え方を紹介しています。
おはようございます。週末は野球へのお付き合い、誠にありがとうございました🙇。土曜日の2年生は三鷹中央ベースボールクラブ戦、1年生は渋川ボーイズ戦、3年生は前橋リトルシニア戦でした。

また、昨日の日曜日は全学年高崎城南球場にて前橋育英高戦、高経大附高戦、東農大二高戦を3試合続けて観戦。野球ノートに「良いプレー」、「参考になるプレー」などを書いていました。

土曜日の三鷹中央ベースボールクラブ(ポニーリーグ所属)様とは守屋監督の長男の時からのお付き合いですので5〜6年経つでしょうか。「日大鶴ヶ丘高校を経て現在明治大学の準硬式野球部で野球を続けている」とのことでした。日大鶴ヶ丘(通称ニッツル)と言えば、評定4.0以上必要な高校。明治大学も一般受験で入学したとのこと。話を聞きながら、

文武両道、地頭の大切さ

を実感しました😁。また、今回は捕手で中学3年生の次男を率いて2泊3日の来県。試合後は水上に宿泊とのことでした。群馬での合宿が実り多いことを祈念致します。

また、昨日は猛暑の中、高校野球観戦で朝7時半から夕方5時半まで10時間高崎城南球場に居ました。団体観戦のため球場外に出られないとのことでしたので、簡単なエコノミー症候群状態

・成田からニューヨークに行く際の飛行時間(12〜14時間)や

・プロのスカウトが朝4時半に席取りに並び、そのまま甲子園のバックネット裏で3試合観戦する疑似体験ができたかな?

と感じます。私の印象では、子ども達よりそれに付き合った保護者の方がグッタリしていた感じ。子ども達の方が体力あると感じました。

さて、その3試合。

第一試合:前橋育英高の梅沢先輩(3年、5番レフト)、丸山先輩(2年、9番ライト)
第二試合:高経大附高の鈴木先輩(3年、投手)、佐藤先輩(2年、3番遊撃手)、石川先輩(2年、5番レフト)
第三試合:東農大二高の伊東先輩(1年、3番ライト)、瀬間先輩(3年、5番レフト)、大河原先輩(3年、9番セカンド)

のプレー、また、前橋育英高、高経大附高、東農大二高の野球は後輩達にどう映ったでしょうか。

私が印象に残ったのは、高経大附高の鈴木投手の粘投・・・。今日の上毛新聞のコラムにも特筆されていますが、

投手はスピード以上にコントロール、配球が大切

を改めて感じさせてくれました👍。また、東農大二高の3番・伊藤選手のセンター返し、9番・大河原選手のセンターライナーのランニングホームランは

左投手に対して、肩を開かずに打つ
低いライナー性の当たりを打つ

ことの大切さを改めて学べました。後輩達は大いに参考に欲しいと感じました👍。

また、敷島球場では富岡高校が5-1で桐生西高に勝利。ベスト16進出を決めた試合で、小林先輩(3年、3番ライト)が初回先制点を打った瞬間の写真が上毛新聞に大きく掲載されています👍。

今日は高商大附高が敷島球場にて第一試合に登場。堀野先輩(2年、投手)や細谷先輩(3年、4番外野手)が強豪高崎商業高に対し、どう対峙するのかが楽しみ。中学生は長野遠征や三鷹ボーイズを迎えての試合があるので観戦に行けませんが、野球中継を注視したいと思います😁。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事