ここから本文です

高崎中央ボーイズ 倉俣監督BLOG

野球少年をもつ親御さんにできるだけ分かりやすく野球や野球に対する考え方を紹介しています。
おはようございます。昨日は夜間練習への送迎、指導、誠にありがとうございました。昨日のニュースで、ロシアでは−67度、オーストラリアでは+40度と報じられていましたが、地球の北と南ではとんでもない気温差となっています。

高崎では数日前の朝が−7度、昨日の夜が+8度。このくらいの気温差は〝最も理想的な地域に住んで居る〟と考えた方が良さそうですね。ただ、インフルエンザで学級閉鎖になっている中学校もある様です。もうすぐ大寒。寒暖の差と疲労でインフルエンザに罹らない様、練習も工夫していこうと思います。

ところで、プロ野球は球春到来間近。私のところにも、3月30日開幕の巨人vs阪神戦、4月25日に前橋で行われる巨人vs中日戦の問い合わせが届き始めています。特に、前橋での中日戦では湯浅選手(健大高崎高出身、2017年巨人ドラフト8位)の1軍帯同は難しそうですが、三ツ間投手(高崎中央ボーイズ→健大高崎出身→中日ドラゴンズ3年目)の凱旋登板があるかも・・・。

また、前座として、4月22日(日)にはジャイアンツアカデミーによる親子野球教室も開催予定。チケット担当に確認したところ、1月下旬には予約を受け付け始めるとのこと。分かり次第、情報を提供したく思います。

さて、サッカーでは連日の様に前橋育英高校の様子が「高校日本代表候補に5人」、「U19の日本代表に飯島選手が選ばれた」などと紹介されていますが、プロになるのは2人、その他は関東の1部、2部の強豪大学にどしどし決まっている様です。中でも主将と副主将は早稲田大学と法政大学に進学とのこと。何やら成績もスポーツコースで主席だそうです。

プロ野球の場合は、

・育成選手で年俸240万円
・2軍選手で最高年俸480万円
・1軍選手の最低年俸1500万円

という決まりがあるのに加えて、契約金があります。

・ドラフト1位選手で最高1億5千万円
・ドラフト8位選手で2000〜3000万円
・育成選手で支度金として200万円程度

もちろん、高卒と大卒で同じ順位で指名されても契約金は変わりますが、サッカーでは、

・契約金なし

しかも、契約スタイルも

・高卒の場合は4年以内にB契約(最高年俸480万円)に昇格しないとクビになる

という厳しい条件が付いています。前橋育英からプロに入る2人も例外ではなく、4年のうちにB契約を勝ち取らないとプロサッカー選手としてのキャリアが終わってしまうのです。

人間には、

・自分の夢や目標を達成する
・社会貢献する

という崇高な目的がありますが、そのベースには

・生きて行く
・生活していく

という現実があります。

サッカーの競技寿命は平均6年、平均年俸は2200万円、野球は8年、3800万円。これだけを比較するだけでも、同じプロスポーツ選手を目指すなら、野球に軍配が上がるのです。


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事