ここから本文です
県道たか風呂①
随時更新しています!

書庫全体表示

道志川温泉 紅椿の湯

 道志川温泉 紅椿の湯 
 
イメージ 1
 
 基本情報 

http://mjf.jp/file/515/5157/51571/apani4bba16de05c6b.gif   所在地 ・・・ 山梨県南都留郡道志村小椿3888
 
http://mjf.jp/file/564/5647/56473/deco4c73c13b6e904.gif   電  話
・・・ 0554-20-4500

http://mjf.jp/file/283/2830/28309/apani49ea0531ae4ec.gif    アクセス
       http://mjf.jp/file/18/182/1829/apani47e272cc897a6.gif JR中央本線・藤野駅よりタクシーで30分
       http://mjf.jp/file/221/2212/22129/apani499894e03d80c.gif 中央自動車道・相模湖ICより30分(国道20号、県道76号、国道413号経由で23.5km)
       http://mjf.jp/file/221/2212/22129/apani499894e03d80c.gif 中央自動車道・都留ICより30分
        (県道40号、国道139号、県道24号、国道413号経由で24.5km)
 
http://mjf.jp/file/44/440/4407/ani4854cbe6d5189.gif 営業時間 ・・・ 7:00〜21:00

http://mjf.jp/file/641/6417/64172/deco4e0fb147b58a7.gif   休業日 ・・・ 無休
 
http://mjf.jp/file/428/4288/42883/deco4aeed06475976.gif 入湯料金 ・・・ 大人1000円 小人500円
 
http://mjf.jp/file/279/2793/27938/apani49e3eb353638b.gif   駐車場 ・・・ 150台(無料)
 
 
 
イメージ 2
 
イメージ 8
 
イメージ 5
 
イメージ 4
 
イメージ 3
 
 
 温泉情報 
 
成 分
   源泉名 ・・・ ㈱ 道志川温泉
   泉  質 ・・・ カルシウム・ナトリウム‐硫酸塩泉(低張性・アルカリ性・低温泉)
   泉  温 ・・・ 30.6℃(測定時における気温 15.5℃)
   湧出量 ・・・ 87.1L/min(動力揚湯)
   飲  泉 ・・・ 可能
   p H 値 ・・・ 8.6
 溶存物質 ・・・ 2.158g/kg
 成分総計 ・・・ 2.158g/kg
 蒸発残留物 ・・・ 2969g/kg(180℃)
 知覚的試験 ・・・ 淡黄色わずかに白濁金気味無臭
 
 泉質別適応症 ・・・ 動脈硬化症、きりきず、やけど、慢性皮膚病
 一般的適応症 ・・・ 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき
               慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
 
利用状況
   加  水 ・・・ なし
   加  温 ・・・ あり
   循  環 ・・・ あり
   消毒剤 ・・・ あり
   入浴剤 ・・・ なし
 
浴場設備
   風  呂 ・・・ 男女別内風呂、男女別露天風呂
   カ ラ ン ・・・ 14(シャワー付き)
   設  備 ・・・ シャンプー、ボディソープ
 
 
 
 たか風呂コメ 
 
道志川温泉 紅椿の湯
山梨県南都留郡道志村にある温泉施設です。道志川沿いにあります。付近を国道413号が通りますがアクセスはとても不便です。電車、バスを乗り継いでくるのはまず無理でしょう。外観は企業の保養所を思わせる立派な建物。館内に入り、鍵付きの下駄箱(366庫)に靴を入れ、発券機で入湯券を購入し、入湯券と下駄箱キーを受付に手渡します。脱衣場のロッカーキーを受け取って浴場に向かいます。
 
脱衣場
一般的な広さです。
設備 : 洗面台(7)、ドライヤー(無料・4)、ロッカー(128庫)、体重計、扇風機、トイレ
 
浴  場
内風呂がタイル張りの一般的な浴場、露天風呂はベランダに岩風呂を取り付けたような感じになっています。内風呂には洗い場、大浴槽が2つ(あつ湯43℃、ぬる湯40℃)、サウナ、水風呂があります。水風呂は道志村内に湧く湧水を使用。あつ湯浴槽はジャグジー装置が付いていて壁には山梨県内の浴場によく掲示されている田中収教授による温泉解説がありました。露天風呂からは道志川と周辺の山々を眺めることができますが混雑の所為か何か窮屈な感じがしました。湯は無色透明、無味無臭。掛け流し、循環を併用し、塩素系薬剤を使用していると思われます。何となく見ていると湯口からの供給量の割にオーバーフローが少なかった気がしたのです。また源泉温度が30.6℃と低いので当然加温されています。浴場の湯はとても飲む気にはなれませんでしたが、館内には飲用源泉水を持ち帰ることができるコーナーがありました。特徴が乏しい湯でしたが水風呂を多用して道志の水を堪能してきました。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事