ここから本文です
県道たか風呂①
随時更新しています!

書庫全体表示

鳴子温泉 農民の家

≪ 鳴子温泉 農民の家 ≫
 
農民の家は宮城県大崎市にある鳴子温泉の温泉施設です。宮城県農業協同組合が運営を行っています。時間限定で外来日帰り入浴も受付ています。
 
イメージ 2
 
 
≪ 基本情報 ≫
 
所在地
〒989-6824 宮城県大崎市鳴子温泉字河原湯5-6
 
電話番号(FAX)
0229-82-2121(FAX:0229-82-2031)
 
アクセス
・JR陸羽東線:鳴子温泉駅より徒歩5分
・東北自動車道:古川ICより35分(国道47号経由で29.5km)
 
営業時間
8:00〜21:00(日帰り入浴)
 
休業日
無休
 
入湯料金
大人500円  小人300円
 
駐車場
200台(無料)
 
リンク
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
≪ 温泉情報 ≫
 
温泉分析表
 
 
浴室名
硫黄湯(混浴内風呂)
源泉名
農民の家1号
泉  質
含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉(硫化水素型)(低張性中性高温泉)
泉  温
70.8℃(調査時における気温: 15.0℃)
湧出量
32.2L/min(掘削自噴)
知覚的試験
無色澄明で強い硫化水素臭と僅かな塩味と渋みを有する。
水素イオン濃度
pH値6.4
蒸発残留物
2336mg/kg(乾燥温度110℃)
溶存物質(ガス性のものを除く)
2575.4mg/kg
溶存ガス成分
201.1mg/kg
成分総計
2776.5mg/kg
一般的適応症
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき
慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進
泉質別適応症
高血圧症、動脈硬化症、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病、やけど
 
 
浴室名
やすらぎの湯(男女別内風呂)
源泉名
農民の家2号
泉  質
含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉(硫化水素型)(低張性中性高温泉)
泉  温
64.7℃(調査時における気温: 15.0℃)
湧出量
46.4L/min(掘削自噴)
知覚的試験
無色澄明で強い硫化水素臭と僅かな塩味と渋みを有する。
水素イオン濃度
pH値6.5
蒸発残留物
1914mg/kg(乾燥温度110℃)
溶存物質
2161.9mg/kg
溶存ガス物質
267.7mg/kg
成分総計
2429.6mg/kg
一般的適応症
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき
慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進
泉質別適応症
高血圧症、動脈硬化症、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病、やけど
 
 
浴室名
檜の湯(男女別内風呂)
源泉名
農民の家3号
泉  質
含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉(硫化水素型)(低張性中性高温泉)
泉  温
86.1℃(調査時における気温: 28.5℃)
湧出量
68.9L/min(掘削自噴)
知覚的試験
無色澄明で強い硫化水素臭と僅かな塩味と渋みを有する。
水素イオン濃度
pH値7.1
蒸発残留物
2129mg/kg(乾燥温度180℃)
溶存物質(ガス性のものを除く)
2365.3mg/kg
溶存ガス成分
133.2mg/kg
成分総計
2498.5mg/kg
一般的適応症
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき
慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
泉質別適応症
慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病、動脈硬化症、やけど
 
 
浴室名
炭酸泉(混浴内風呂)
源泉名
農民の家4号
泉  質
単純温泉(低張性中性低温泉)
泉  温
27.8℃(調査時における気温: 15.0℃)
湧出量
54.6L/min(動力揚湯)
知覚的試験
無色澄明でほとんど臭気は無く鉄味を有する。
水素イオン濃度
pH値6.1
蒸発残留物
288.4mg/kg(乾燥温度110℃)
溶存物質(ガス性のものを除く)
400.1mg/kg
溶存ガス成分
141.8mg/kg
成分総計
541.9mg/kg
一般的適応症
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき
慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
 
 
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
 
 
≪ 総 評 ≫
 
農民の家は宮城県農業協同組合が運営する温泉施設です。名前的に農協関係者以外は入れないのかなと思っていましたが、決してそうではなく誰でも気楽に入浴できる施設でした。列車でも車でもアクセスしやすい場所に位置しており、鳴子温泉駅からは温泉街を西進して踏切を渡り、坂を下るとものの5分で到着、車ですと古川インターチェンジを降りて国道47号をひたすら西進すると40分弱で到着します。農民の家はJR陸羽東線の線路と国道47号に挟まれた場所にあります。国道47号に沿って江合川が流れていて、広大な河原が広がっています。湯上がりに散歩してみるのも良いでしょう。
建物は広大な敷地内に複数棟に分かれており旅館部、自炊部があって、湯治客用にスーパーマーケットを思わせる規模の売店や食堂、スナックも営業していてとても充実しています。館内は度重なる増改築の結果、まさに迷路のように分かりづらくなっています。案内図を参照しながらでないと普通に迷子になってしまいますww。
 
フロントで日帰り入浴の旨を伝えて入湯料金を支払います。館内の4箇所に浴場があり、それぞれ離れているので移動の際はいちいち着替えなければならないのが少々面倒です。
 
硫黄湯
農民の家1号源泉を使用した硫黄湯は当施設のシンボル的存在。浴槽が1つしか無いので混浴ですが、女性専用時間帯が設けられています。浴槽は長方形のシンプルな型。硫黄臭香る白濁色の湯が加水掛け流しで供給されています。
 
やすらぎの湯
男女別の内風呂です。シャンプー、ボディソープ完備の洗い場と浴槽が1箇所。歪な形をした浴槽。乳白色の湯が加水掛け流しで供給されてます。
 
檜の湯
館内から見ると繋がっているように見えますが、外観は独立した湯屋。木造でとても良い雰囲気で、中央で仕切られていて男女別に分かれています。洗い場はシャワー付きで5箇所。シャンプー、ボディソープ完備です。浴槽は1箇所。源泉温度が高いので加水されていますが、硫黄臭が香るエメラルドグリーン色の湯が掛け流しで供給されています。浴槽温度は43℃でやや熱め。
 
炭酸泉
混浴ですが、女性専用時間帯が設定されています。浴槽は2つ。1つは泉温27.8℃の単純温泉を使用した炭酸泉。もう1つは農民の家3号泉を使用した浴槽。洗い場はシャワー付きで1箇所あり、シャンプー、ボディソープも設置されています。
 
イメージ 1
 
 
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事