ここから本文です
県道たか風呂①
随時更新しています!

書庫温泉


記事検索
検索

全103ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

かくのだて温泉

≪ かくのだて温泉 ≫

かくのだて温泉は秋田県仙北市角館町下中町にある大切グループが運営する日帰り入浴施設です。

イメージ 1


≪ 基本情報 ≫

所在地
〒014-0317 秋田県仙北市角館町下中町28

電話番号(FAX番号)
0187-52-2222(FAX:0187-52-2223)

アクセス
・秋田新幹線:角館駅より徒歩15分
・本荘大曲道路:和合ICより35分(国道13号、国道105号経由で21km)

営業時間
4月〜11月 7:00〜22:00
12月〜3月 7:30〜22:00

休業日
第3木曜日

入湯料金
大人600円  小人300円

駐車場
10台(無料)

リンク


イメージ 2



≪ 温泉情報 ≫

温泉分析表
源泉名:かくのだて温泉
泉質:カルシウム・ナトリウム‐塩化物硫酸塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温:51.3℃

泉質別適応症
きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、動脈硬化症

一般的適応症
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、慢性消化器病、冷え性、やけど、病後回復期、疲労回復、健康増進


利用状況
加水の状況:無
加温の状況:無
循環・ろ過状況:無
入浴剤の有無:無
消毒処理の状況:無


浴場設備
脱衣場:サウナ、洗面台(4)、ドライヤー(無料)、鍵付きロッカー、体重計、扇風機、長椅子、自動販売機
浴場:男女別内風呂
洗い場:カラン・シャワー(13)
備品:リンスインシャンプー、ボディソープ


イメージ 3




≪ 総 評 ≫

季節を問わず観光客で賑わう武家屋敷の街、角館の市街地に湧く温泉です。武家屋敷通りからは少し離れていますが車で数分、徒歩でも移動可能な距離で、旅の疲れを癒しに立ち寄るには恰好の場所に位置しています。駐車場完備。建物は比較的新しく、館内は清潔が保たれていました。鍵付きの下駄箱に靴を入れて、受付で入湯料金を支払う際にその鍵と引き換えに脱衣場ロッカーの鍵を受け取って入場します。ロビーには無料の休憩スペース、お土産コーナーを完備。
脱衣場には簡素なスチールロッカー、無料で使用できるドライヤーを備えた洗面台。そしてなぜかサウナ。一般的には浴場にあるはずのサウナが当施設では脱衣場にありますw。
浴場はゆったりしていて、天井が高く内風呂の割に窮屈感がありません。随所で使用されているヒバ材の香りも心地よく感じました。真ん中に飲泉場と水風呂、サイドに洗い場、奥側に大浴槽が湯を湛えています。飲泉の効能としては腎臓病、痛風、慢性便秘に効果があるそうです。大浴槽は20人規模の大きな浴槽で、なぜか真ん中に大きな岩が置かれています。湯は無色透明、無臭で飲んでみるとわずかに塩味・苦味が感じられるカルシウム・ナトリウム‐塩化物・硫酸塩泉。しっかり100%掛け流しで供給されています。熱めの湯で浴槽温度は43〜44℃くらいでしょうか。浴後は物凄い保温効果で汗が止まりませんでした。行った時間が良かったのか、客は常時5〜6名程度で全く混雑はなく、ゆっくり快適に過ごせました。飲泉ができて、掛け流し、この上ない温泉施設でした。


イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6




青荷温泉

≪ 青荷温泉 ≫

青荷温泉は青森県黒石市、黒石温泉郷にある温泉。1929年(昭和4年)開湯。一軒宿の「青荷温泉」があり、ランプの宿として知られています。

イメージ 1


≪ 基本情報 ≫

所在地
〒036-0402 青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1-7

電話番号(FAX)
0172-54-8588(FAX:0172-54-2655)

アクセス
・弘南鉄道:黒石駅より弘南バス虹の湖公園・温川行きで40分、道の駅虹の湖下車、送迎バスで10分
・東北自動車道:黒石ICより30分(国道102号経由で18km)

営業期間
通年

営業時間
10:00〜15:00(日帰り入浴)

入湯料金
大人520円  小人260円

駐車場
50台(無料)

リンク


イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17





≪ 温泉情報 ≫

温泉分析表(3種類)

≪滝見の湯≫
源泉名
青荷温泉
泉質
単純泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温
48.1℃(気温:-6.0℃)
溶存物質
0.285g/kg
成分総計
0.384g/kg


≪露天風呂≫
源泉名
青荷温泉4号泉
泉質
単純温泉(低張性、弱アルカリ性、高温泉)
泉温
48.2℃(気温‐6.0℃)
溶存物質
0.338g/kg
成分総計
0.338g/kg


≪健六の湯≫
源泉名
青荷温泉(青荷1号源泉)
泉温
47.3℃(気温:6.5℃)
溶存物質
0.370g/kg
成分総計
0.370g/kg

浴用の適応症
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進


利用状況

加水の状況:無
加温の状況:無
循環・ろ過状況:無
入浴剤の有無:無
消毒処理の状況:無


浴場設備

脱衣場
洗面台、ロッカー、トイレ
 
浴  場
男女別内風呂、男女別露天風呂
 
洗い場
かけ湯
 
備  品
ボディソープ



イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27





≪ 総 評 ≫

大自然の中の温泉旅館。部屋には電灯、コンセントが設置されておらず、なんと鍵もないというから驚きw。「ランプの宿」と自称する青荷温泉には200個ものランプが設置されており、夕刻になると神秘的な光景を楽しむことができます。宿泊客にもランプが配布されるようです。訪問した月日は10月の中頃。木々の葉が赤く色付き始める段階で、とてもキレイでした。しかし、日帰り入浴受付時間ギリギリの15時に到着したため、入浴が許されたのは「健六の湯」のみ(泣)。滝見の湯、混浴露天風呂はいつの日かまた来る日までお預けとなってしまいました。
さて「健六の湯」、全てにおいて木造でとても良い雰囲気。脱衣場には洗面台(ドライヤー無)、ロッカー、トイレ。貴重品類(鍵付き)ロッカーは設置されていません。浴場からガラス越しに脱衣場が見られる構造なので、相当怪しい人でもいない限りたまに目視していれば大丈夫ではないかと思われます。
浴場はとても広く、長方形の浴槽が1つとあがり湯。泉質は単純温泉。無色澄明なのですが茶色の湯の華が舞い僅かに土の臭いが感じられる特徴のある湯。湯口より常時浴槽に注ぎ込まれ、しっかりオーバーフローしていました。内風呂にもかかわらず外の遊歩道から丸見えで実際に普通に歩いている人たちからガン見され、かなり戸惑いましたw。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7



≪ 湯川温泉 四季彩の宿ふる里 ≫

四季彩の宿ふる里は岩手県和賀郡西和賀町にある湯田温泉郷湯川温泉の温泉旅館です。岩手県道215号湯川温泉線沿いにあります。湯川温泉は、かつて当地にあった鉱山の鉱夫が湯治に利用した温泉で、現在数軒の温泉旅館があります。ほっとゆだ駅から見て一番手前に位置するのが当旅館です。

イメージ 1


≪ 基本情報 ≫

所在地
〒029-5514 岩手県和賀郡西和賀町湯川52-17

電話番号(FAX番号)
0197-82-2226(FAX:0197-82-2187)

アクセス
・JR北上線:ほっとゆだ駅よりタクシーで5分
・JR北上線:ほっとゆだ駅より岩手県交通湯川線バスで9分、四季彩の宿ふる里前下車
・秋田自動車道:湯田ICより10分(国道107号、岩手県道118号ほっとゆだ停車場線、岩手県道215号湯川温泉線経由で7km)

営業期間
通年

営業時間
13:00〜21:00(最終受付20;30) ※火曜日は15時から

休業日
無休

入湯料金
大人500円  小人300円
貸切風呂プラス1000円(1時間)

駐車場
50台(無料)

リンク


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7




≪ 温泉情報 ≫

温泉分析表

源泉名
湯川温泉(ふる里の湯)

泉質
ナトリウム‐塩化物・硫酸塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)

泉温
56.6℃(調査時における気温19℃)

水素イオン濃度
pH値:8.0

溶存物質(ガス性のものを除く)
1.605g/kg

溶存ガス成分
3.08mg/kg

成分総計
1.608g/kg

一般的適応症
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進

泉質別適応症
きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、動脈硬化症


利用状況

加水の状況:無
加温の状況:無
循環・ろ過状況:無
入浴剤の有無:無
消毒処理の状況:衛生管理のため、塩素系薬剤を使用しています。


浴場設備

脱衣場
洗面台(3)、ドライヤー(無料)、脱衣かご、トイレ
 
浴  場
男女別内風呂、男女別露天風呂、貸切風呂
 
洗い場
カラン・シャワー(5)
 
備  品
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ


イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 24

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23



≪ 総 評 ≫

雪の降る日に訪問しました。一面真っ白ww。雪見風呂を楽しみにワクワクしながらJR北上線ほっとゆだ駅に降り立ちました。駅前からバスもあったのですが、待つのが嫌だったのでタクシーに乗車、岩手県道215号湯川温泉線を真っ直ぐ進み、10分弱で「四季彩の宿ふる里」に到着。周囲はいい感じで雪が降り積もっています。
パッと見、蕎麦屋に見える外観ww。建物は2階建て。通路で繋がっていますが、本館、別館、東館、南館と分かれています。館内に入り下足箱に靴を入れてスリッパに履き替えます。ロビーには売店、ソファー椅子8席(喫煙可能)、レストランを完備。吹き抜けになっていて開放感があります。フロントで入湯料金を支払って脱衣場へ。通路には生花、観葉植物、絵画が所々に美しく飾られ、インテリアへの強いこだわりが感じられます。照明も穏やかな光を放っており、とても良い雰囲気。
脱衣場は一般的な広さ。旅館の脱衣場にしては物寂しさを感じるほど簡素なもの。ドライヤー付きの洗面台、脱衣かご、トイレを完備。鍵付きのロッカーが無いので貴重品類はフロントに預けると好いでしょう。
浴場は男女別の内風呂、露天風呂。他に入湯料金プラス1000円(1時間)での貸切風呂があります。内風呂には洗い場と10人規模の浴槽。洗い場にはシャンプー、コンディショナー、ボディソープを完備。浴槽の際には大きな窓が配されているので内風呂の割に開放感がありなかなか快適です。露天風呂は雨除けの下に10人くらい入れる石造りの湯船。すぐ目の前を小鬼ヶ瀬川が流れており、瀬音が心地よく響きます。湯船は思いのほか深く造られているので、縁の腰掛に座りながら浸かりました。湯は無色透明、無味無臭のナトリウム-塩化物・硫酸塩泉。湯船の底から湯が供給される構造で、誤って湯口に尻をついてしまうと激熱で飛び跳ねてしまいますw。塩素消毒されているものの、しっかり掛け流しで供給されています。浴槽温度は42℃程度で適温。
めちゃくちゃ寒かったんですが、やはり雪見風呂は好いですね〜。改めて湯の温かさのありがたみを感じます。浴場、館内設備、サービスとも好印象で素晴らしい温泉旅館でした。


イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12



≪ 綿帽子温泉館 あずみの湯 ≫

綿帽子温泉館あずみの湯は岩手県八幡平市、安比温泉郷にある日帰り入浴施設です。

イメージ 1


≪ 基本情報 ≫

所在地
〒028-7557 岩手県八幡平市細野436-9

電話番号(FAX)
0195-72-6811(FAX:0195-72-6812)

アクセス
・JR花輪線(十和田八幡平四季彩ライン):安比高原駅よりタクシーで5分
・東北自動車道:安代ICより20分(国道282号経由で12km)
・東北自動車道:松尾八幡平ICより25分(岩手県道45号柏台松尾線、国道282号経由で16km)

営業期間
通年

営業時間
10:00〜21:00(最終受付20:00)

休業日
第3木曜日 ※1月・2月は無休

入湯料金
大人600円  小人300円  幼児無料

駐車場
60台(無料)


イメージ 2

イメージ 3



≪ 温泉情報 ≫
 
温泉分析表
 
源泉名
綿帽子の里温泉(綿帽子の湯)
 
泉  質
ナトリウム‐炭素水素・塩化物泉(低張性中性高温泉)
 
泉  温
源泉58.3℃(気温 4.8℃)

水素イオン濃度
pH値:7.3

成分総計
1655mg/kg
 
一般的適応症
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき
慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進

泉質別適応症
きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病
 
 
利用状況
 
加水の状況:無
加温の状況:入浴に適した温度を保つため、気温の低い期間のみ加温しています。
循環・ろ過状況:衛生管理のため、循環ろ過装置を使用しています。
入浴剤の有無:無
消毒処理の状況:衛生管理のため、塩素系薬剤を使用しています。
 
 
浴場設備
 
脱衣場
洗面台(4)、ドライヤー(無料)、100円返却式ロッカー、脱衣かご、体重計、長椅子、トイレ
 
浴  場
男女別内風呂、男女別露天風呂
 
洗い場
カラン・シャワー(15)
 
備  品
リンスインシャンプー、ボディソープ


イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8




≪ 総 評 ≫

安比高原スキー場の麓にある日帰り入浴施設です。付近を東北自動車道、国道282号、JR花輪線が通過しています。施設名の通り、屋根に綿帽子を被せたように見える外観、比較的新しい建物です。ロビーには雑貨や地元産の土産を扱う売店を完備。
脱衣場は一般的な広さ。100円返却式ロッカーと脱衣かごを併用するのがベター。洗面台にはドライヤーを無料完備。トイレも併設。
浴場は洋風と和風の2タイプあって、それぞれに内風呂と露天風呂を有しており、週替わりで男女が入れ替わるようになっています。今回は洋風に入りました。内風呂には洗い場と主浴槽、ジェットバス、エレキ風呂、サウナ、水風呂。洗い場にはリンスインシャンプー、ボディソープを完備。露天風呂には浴槽が1箇所。垣根があるため遠方を見渡すことができず景色はイマイチでした。湯は茶褐色のナトリウム‐炭素水素・塩化物泉。温泉分析表によると多少のオーバーフローがあるものの循環供給のようですね。塩素系薬剤が使用されているようですが、塩素臭はそこまで気になりませんでした。


イメージ 9



≪ 安比豊畑温泉 フロンティアの湯 ≫

安比豊畑温泉フロンティアの湯は岩手県八幡平市にある、「温泉民宿かわの」が運営する日帰り入浴施設です。源泉は1997年(平成9年)に掘削し、民宿かわので約1年間使用、利用客の要望から1998年(平成10年)に新館としてフロンティアの湯を開業。施設名称の由来は1947年(昭和22年)に開墾された豊畑開拓村という地名の「開拓」の部分を横文字にしたものとホームページに記されています。

イメージ 1


≪ 基本情報 ≫

所在地
〒028-7557 岩手県八幡平市細野434-1

電話番号(FAX)
0195-72-5740(FAX:0195-72-5574)

アクセス
・JR花輪線(十和田八幡平四季彩ライン):安比高原駅よりタクシーで5分
・東北自動車道:安代ICより20分(国道282号経由で12km)
・東北自動車道:松尾八幡平ICより25分(岩手県道45号柏台松尾線、国道282号経由で16km)

営業期間
通年

営業時間
9:00〜21:00(最終受付20:30) ※休前日9:00〜21:30(最終受付21:00)

休業日
不定休

入湯料金
大人600円  小人300円

駐車場
70台(無料)

リンク


イメージ 2





≪ 温泉情報 ≫
 
温泉分析表
 
源泉名
豊畑温泉(フロンティアの湯)
 
泉  質
ナトリウム‐炭素水素塩・塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
 
泉  温
源泉47.5℃(気温8℃)

湧出量
187L/min(掘削動力揚湯)

水素イオン濃度
pH値:7.6
 
溶存物質
1250mg/kg
 
ガス成分
36mg/kg
 
成分総計
1286mg/kg
 
一般的適応症
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき
慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進

泉質別適応症
きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、慢性消化器病、糖尿病、痛風、肝臓病、慢性便秘
 
 
利用状況
 
加水の状況:無
加温の状況:入浴に適した温度に保つため、加温してます。
循環・ろ過状況:無
入浴剤の有無:無
消毒処理の状況:無
 
 
浴場設備
 
脱衣場
洗面台(4)、ドライヤー(有料:5分100円)、ロッカー、体重計、丸椅子、トイレ
 
浴  場
男女別内風呂、男女別露天風呂
 
洗い場
カラン・シャワー(12)
 
備  品
リンスインシャンプー、ボディソープ


イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6




≪ 総 評 ≫

安比高原スキー場の麓、安比川近くに湧く温泉です。付近をJR花輪線、東北自動車道が素通りしています。この日は散歩がてら安比高原駅から国道282号大場谷地峠経由で歩いてみたのですが、45分もかかってしまいました。まぁいい運動です。この辺りは戦後間もない頃に開墾されて豊畑開拓村と名付けられたそうで、「開拓」の部分を英訳してフロンティアの湯となったそうですね。
1998年(平成10年)オープンですから建物は比較的新しく見えます。館内に入ると右側に下足箱、正面にロビー、左側にフロント。フロントの脇には食堂と売店が設けられています。脱衣場は一般的な広さで床は絨毯敷き。
浴場は男女別で内風呂と露天風呂。内風呂には洗い場と温度別浴槽、そしてミストサウナと水風呂があります。洗い場の湯は温泉水を使用。浴槽はL字型で、あつ湯(44℃)、適温湯(41℃)、ぬる湯(38℃)の3種類に分かれています。ぬる湯の浴槽内に段差があって、寝湯として機能しています。ミストサウナはその名の通り当然湿度が高いのですが、温泉の蒸気を利用しているようです。露天風呂は小規模なもので5人程度が入れる長方形の浴槽が1つあるのみ。安比高原スキー場を遠くに見ることができます。湯は茶褐色で無味無臭のナトリウム‐炭素水素塩・塩化物泉。全ての浴槽で掛け流し供給されています。嬉しいのが飲泉用の蛇口があること。浸かって良し、飲んで良しの温泉です。


イメージ 7





全103ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事