ここから本文です
県道たか風呂①
随時更新しています!

書庫温泉


記事検索
検索

こもれび温泉

≪ こもれび温泉 ≫

こもれび温泉は宮城県刈田郡蔵王町にある日帰り入浴施設です。かつてはルビナスセンターという名称で呼ばれていましたが、2009年(平成21年)12月にリニューアルされて現在のこもれび温泉となりました。土日祝日のみの営業となっています。

イメージ 1


≪ 基本情報 ≫

所在地
〒989-0851 宮城県刈田郡蔵王町曲竹字河原前1


電話番号
0224-33-2445

アクセス
・JR東北本線:東白石駅よりタクシーで10分
・東北自動車道:白石ICより10分(国道4号、宮城県道12号白石上山線経由で7km)

営業期間
通年

営業時間
10:00〜20:00

休業日
平日

入湯料金
10:00〜17:00 大人450円  小人300円
有料休憩所使用料:プラス400円(※16時以降は無料)

駐車場
60台(無料)

リンク


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5




≪ 温泉情報 ≫
 
温泉分析表
 
源泉名
曲竹の湯1号泉
 
泉  質
ナトリウム‐塩化物泉(低張性中性高温泉)
 
泉  温
45.0℃

湧出量
321L/min

知覚的試験
無色透明でほとんど臭気なく、鹹苦味を有し、中性である。

水素イオン濃度
pH値:7.3

蒸発残留物
7567mg/kg
 
溶存物質
7425mg/kg
 
ガス成分
21.9mg/kg
 
成分総計
7446.9mg/kg
 
一般的適応症
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき
慢性消化器病、痔疾、冷え症状、病後回復期、疲労回復、健康増進

泉質別適応症
切り傷、火傷、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病

飲用の適応症
慢性消化器病、慢性便秘
 
 
利用状況
 
加水の状況:無
加温の状況:無
循環・ろ過状況:無
入浴剤の有無:無
消毒処理の状況:無
 
 
浴場設備
 
脱衣場
洗面台、ドライヤー(無料)、100円返却式ロッカー(40)、ロッカー(18)・脱衣かご
体重計、長椅子、トイレ
 
浴  場
男女別内風呂
 
洗い場
カラン・シャワー(7)
 
備  品
リンスインシャンプー、ボディソープ


イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8



≪ 総 評 ≫

蔵王町総合運動公園に隣接する日帰り入浴施設です。付近を国道4号から遠刈田温泉、蔵王連峰へのアクセス路である宮城県道12号白石上山線が通り、白石川の支流、松川が流れています。
館内に入ると靴が無造作に脱ぎ捨てられていました。階段を2階に上がり、引き戸を開けるとフロントフロアになります。左側にある券売機で入湯券を購入してフロントに手渡して入場します。ロビーは食堂コーナーと一体化していて、その中を通過して浴場に進みます。脱衣場は一般的な広さ。洗面台に無料のドライヤー、100円返却式ロッカー、脱衣かごを完備。不便はありませんでしたw。
浴場は内風呂のみで洗い場と浴槽だけのシンプルな構造。洗い場は7箇所あって、リンスインシャンプー、ボディソープを完備。浴槽ですが、長方形の湯船があつ湯、ややあつ湯、ぬる湯で分けられていて、それぞれ浴槽温度が異なっています。浴槽には切欠が施されていて、そこから湯を放出しており、あつ湯の湯がややあつ湯に、ややあつ湯の湯がぬる湯に流し込まれ、オーバーフローするようになっています。すなわち全浴槽で掛け流しが実践されているというわけです。一番新鮮な湯はもちろんあつ湯ですが、44℃くらいの熱い湯で、足を入れた瞬間は激熱、慣れると最初は気持ちが良いのですが、なんだかんだ言って1分間入るのがやっとでした。いきなりこのあつ湯を試してみても良いのですが、心臓に負担がかかるので適温の湯で身体を慣らしてからチャレンジするのが良いでしょう。湯は笹濁色で土臭さがあり、微かに塩味が感じられるナトリウム‐塩化物泉。とてもいい湯でした。


イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13



八甲温泉

≪ 八甲温泉 ≫

八甲温泉は青森県上北郡東北町にある日帰り入浴施設です。1978年(昭和53年)開業。青森県道8号八戸野辺地線と青森県道211号折茂上北町停車場線の交点に位置し、ドライブインと旅館を併設しています。

イメージ 1


≪ 基本情報 ≫

所在地
〒039-2401 青森県東北町大字上野字北谷地39-186

電話番号
0176-56-2364

アクセス
・青い森鉄道:上北町駅より徒歩15分
・上北自動車道:上北ICより10分(青森県道211号折茂上北町停車場線、青森県道8号八戸野辺地線経由で7km)

営業期間
通年

営業時間
6:00〜22:00 ※土曜日は12時から

休業日
無休

入湯料金
大人200円  小人100円  幼児50円

駐車場
10台(無料)


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7




≪ 温泉情報 ≫
 
温泉分析表
 
源泉名
八甲温泉
 
泉  質
単純温泉(緩和低張性高温泉)
 
泉  温
源泉45.0℃

湧出量
200L/min

水素イオン濃度
pH値:8.4
 
成分総計
0.454g/kg
 
一般的適応症
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき
慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
 
 
利用状況
 
加水の状況:無
加温の状況:無
循環・ろ過状況:無
入浴剤の有無:無
消毒処理の状況:無
 
 
浴場設備
 
脱衣場
洗面台、ロッカー・脱衣かご、長椅子、トイレ
 
浴  場
男女別内風呂
 
洗い場
カラン・シャワー(10)
 
備  品
シャンプー無、ボディソープ無




≪ 総 評 ≫

八甲旅館が運営する公衆浴場。入口の引き戸には「八甲ラヂウム温泉」と記されており、入口横には北海道長万部岳産のラジウム原石が展示されています。館内に入ると左側に受付があります。中を覗き込むとなんと受付に人がいません。無人ですw。料金箱が置かれており、料金(若しくは入湯券)を入れて浴場へ進むシステムです。お釣りは出てこないので予め小銭を準備しておきましょう。ここで靴を脱いで上がるのですが、かごの中にスリッパが用意されていて、それはそれでとてもありがたいのですが、ヨレヨレであまりにも汚かったのでスルーして裸足で浴場に向かいましたw。ロビーには休憩スペースが設けられ、長椅子とテーブル(灰皿付き)、体重計が置かれています。
脱衣場は物置のような有様。何もかもがボロボロ。かつて使われていた番台も残っています。洗面台、木製ロッカー、脱衣かご、長椅子を完備。脱衣場からガラス越しに浴場が見える構造。階段を4段下りた位置に浴場があります。
浴場は洗い場と浴槽のみのシンプルな構造。洗い場の湯には温泉が使用されています。浴槽は10人規模。L字型の浴槽で壁際に北海道二股温泉のラジウム原石が配され、そこから湯が流し込まれています。だからラジウム温泉なのですね…。湯は茶褐色透明、無味無臭、肌触りがヌルヌルする単純温泉。敷地内の地下680mから湧出しています。浴槽温度は40℃程度で適温。湯量が豊富でしっかりオーバーフローしています。浴槽は深く造られており、湯船の底にお尻をつけると顔が水面下になってしまう程の深さです。



イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10






東北温泉

≪ 東北温泉 ≫

東北温泉は青森県上北郡東北町にある温泉施設です。青森県道8号八戸野辺地線沿いにあります。名物は「日本一黒い温泉」と謳う植物性モール泉。宿泊の他、日帰り入浴も時間限定で受け付けています。

イメージ 1


≪ 基本情報 ≫

所在地
〒039-2661 青森県上北郡東北町字上笹橋21-18

電話番号(FAX)
0175-63-3715(FAX:0175-63-3748)

アクセス
・青い森鉄道:乙供駅より徒歩5分
・上北自動車道:上北ICより20分(青森県道211号折茂上北町停車場線、青森県道8号八戸野辺地線経由で13km)

営業期間
通年

営業時間
5:30〜22:30

休業日
無休

入湯料金
大人300円  小人150円  幼児無料
家族風呂60分1200円(大人4人まで、子供は何人でも可)

駐車場
30台(無料)

リンク


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6




≪ 温泉情報 ≫
 
温泉分析表
 
源泉名
上笹橋温泉(再)
 
泉  質
単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
 
泉  温
47.5℃(気温:2.7℃)

湧出量
400L/min

知覚的試験
褐色透明・無味無臭

水素イオン濃度
pH値:8.4

蒸発残留物
0.506g/kg(110℃)
 
溶存物質
0.5917mg/kg
 
ガス成分
0.000mg/kg
 
成分総計
0.5917g/kg
 
一般的適応症
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき
慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
 
 
利用状況
 
加水の状況:無
加温の状況:無
循環・ろ過状況:無
入浴剤の有無:無
消毒処理の状況:無
 
 
浴場設備
 
脱衣場
洗面台、ドライヤー(無料)、100円返却式ロッカー、ロッカー・脱衣かご、体重計、扇風機、トイレ
 
浴  場
男女別内風呂、男女別露天風呂
 
洗い場
カラン・シャワー(26)、シャワー専用(1)
 
備  品
シャンプー無、ボディソープ無


イメージ 7



≪ 総 評 ≫

青い森鉄道の乙供駅から徒歩圏にある温泉です。車ですと青森県道8号八戸野辺地線か国道394号を利用。駐車場は施設の正面のスペースに30台分ほど。
2008年(平成20年)4月にリニューアルした鉄筋コンクリート3階建てのモダンな建物。館内は1階にフロントと男女別浴場、2階に食堂、3階に客室。エントランスで下駄箱に靴をおいて、券売機で入湯券を購入、フロントに手渡して入場します。
当施設の自慢は「日本一の黒湯の温泉」と謳う植物性モール泉。モールとはドイツ語で亜炭を意味し、その亜炭層を通過して湧出する温泉がモール泉ということになります。泉質は単純温泉で黒色で無味無臭。湧出量は毎分400Lで掘削動力揚湯のようです。浴場は男女別に内風呂と露天風呂があります。内風呂には洗い場と10人規模の主浴槽の他、それぞれ2〜3人規模の高温浴槽、電気風呂、気泡風呂、浅めに造られている子供風呂、水風呂、そしてテレビ付きのサウナ室。洗い場は固定式シャワーとカラン。シャンプー、ボディソープ類は置かれていませんので持参する必要があります。ちなみにカランから出る湯は温泉が使用されていました。
いざ浴槽へ。まずは主浴槽に浸かります。片足を入れた瞬間、ちょいビビりました。熱さも然ることながら、黒湯で深さが分からず情けないことに少し腰が引けてしまったのですw。しかし、肩まで浸かって間近で湯を見ると意外と透明感があって、蒲田温泉(東京都大田区)や稲村ケ崎温泉(神奈川県鎌倉市)の黒さ加減と然程変わらないんじゃないかと思える程度でした。浴槽の湯は湯口より常時流し込まれ、掛け流しで供給されており、浴槽の切欠部分からオーバーフローしていました。確かに黒湯の温泉での掛け流しは超レアかもしれません。東京・神奈川でも黒湯は湧出していますが、ほぼ大半が循環供給ですからね。
露天風呂は岩風呂風。敷地内の日本庭園を眺めながらの湯浴みとなります。もちろんこちらの浴槽も掛け流しです。外気に冷まされているからなのか、浴槽温度は40℃程度で適温でした。この日は幸いにして好天の中での雪見風呂。とても気持ち良かったですね〜w。


イメージ 8

イメージ 9



姉戸川温泉

≪ 姉戸川温泉 ≫

姉戸川温泉は青森県にある日帰り入浴施設です。青い森鉄道・小川原駅のすぐ傍にあって、青森県道8号八戸野辺地線沿いにあります。

イメージ 1


≪ 基本情報 ≫

所在地
〒039-2402 青森県上北郡東北町大字大浦字中久根下98

電話番号
0176-56-3529

アクセス
・青い森鉄道:小川原駅より徒歩1分
・上北自動車道:上北ICより10分(青森県道211号折茂上北町停車場線、青森県道8号八戸野辺地線経由で4km)

営業期間
通年

営業時間
9:00〜20:30(閉館)

休業日
無休

入湯料金
大人200円  小人100円  幼児50円

駐車場
10台(無料)


イメージ 6




≪ 温泉情報 ≫
 
温泉分析表
 
源泉名
中久根下泉
 
泉  質
アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)
 
泉  温
38.2℃
 
溶存物質
0.281mg/kg
 
ガス成分
0.000mg/kg
 
成分総計
0.281mg/kg
 
一般的適応症
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき
慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進
 
 
利用状況
 
加水の状況:無
加温の状況:無 ※冬期は加温有り
循環・ろ過状況:無
入浴剤の有無:無
消毒処理の状況:無
 
 
浴場設備
 
脱衣場
洗面台、ドライヤー(有料:3分30円)、ロッカー、脱衣かご、体重計、扇風機、長椅子、吸殻入れ
 
浴  場
男女別内風呂
 
洗い場
カラン・シャワー(22)
 
備  品
シャンプー無、ボディソープ無


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5



≪ 総 評 ≫

駅前で県道沿いなのに周囲に何もない…。一言で表現するならば「鄙びた温泉銭湯」でした。通り沿いにちゃんと看板が出ているのですが、営業しているのか一瞬不安になってしまうような閑散とした雰囲気の外観。建物は一部、浴場部分の屋根が高くなっていますが平屋建て。駐車場は10台以上分はありました。
館内に入ると休憩スペースを兼ねたロビー。意外と整理整頓されています。飼い猫でしょうか、ロビーをウロウロしていました。受付のお婆ちゃんに入湯料金を支払って浴場に進みます。脱衣場は一般的な広さです。歴史を感じますね、番台の名残がありました。もちろん現在は使われていません。設備は洗面台が4箇所、ドライヤーは有料で3分30円。ロッカーは簡素な二段格子状で16庫あり、衣服がばらけないように脱衣かごを使用しました。鍵付きロッカーが存在しないのですが、浴場からガラス越しに脱衣場全体が見えるので、たまにチラ見して自己防衛するしかないですね。それでも心配な人は受付に預けると好いでしょう。驚くというか笑ってしまったのが、脱衣場に置いてある体重計の目盛りが一周150kgになっているのです。普通は100kgですよね、さすが相撲王国・青森ww。
浴場は内風呂のみ。開放感のある高い天井、周囲の壁際に洗い場が設けられ、中央に大きな浴槽が鎮座しています。洗い場は固定シャワーでカランは熱湯と水、2つの蛇口をを自分で調整する超旧式タイプ。シャンプー、ボディソープ類は設置されていませんので必要に応じて持参しましょう。浴槽は15人規模で内部に段差があり、肩まで浸かる深めの部分と寝湯用の浅い部分に分かれています。湯は薄い笹色で透明、無味無臭のアルカリ性単純温泉。肌触りツルツルの湯です。画像にあるように上部にあるパイプから滝のようにドバドバ注ぎ込まれ、豪快に掛け流されています。これは他に類を見ない記憶に残る特徴的な湯口です。打たせ湯にもなり一石二鳥。浴槽温度は38℃前後でぬるめの湯。あまりにも快適だったのでのんびり時間をかけて浸かりました。


イメージ 7

イメージ 8



東八甲田温泉

≪ 東八甲田温泉 ≫

東八甲田温泉は青森県上北郡七戸町にある温泉施設です。東北新幹線・七戸十和田駅から徒歩圏にあります。

イメージ 1


≪ 基本情報 ≫

所在地
〒039-2501 青森県上北郡七戸町字荒熊内67-81

電話番号(FAX)
0176-62-6756(FAX:0176-62-5396)

アクセス
・東北新幹線:七戸十和田駅より徒歩5分
・上北自動車道:上北ICより25分(青森県道211号折茂上北町停車場線、青森県道121号七戸上北停車場線、国道4号経由で18km)

営業期間
通年

営業時間
9:00〜22:00

休業日
無休

入湯料金
大人300円  小人110円  幼児50円

駐車場
60台(無料)

リンク


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 5

イメージ 4

イメージ 6




≪ 温泉情報 ≫
 
温泉分析表
 
源泉名
荒熊内温泉
 
泉  質
アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)
 
泉  温
47.5℃
 
溶存物質
0.5199mg/kg
 
ガス成分
0.0015mg/kg
 
成分総計
0.5214mg/kg
 
一般的適応症
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき
慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進
 
 
利用状況
 
加水の状況:無
加温の状況:無
循環・ろ過状況:無
入浴剤の有無:無
消毒処理の状況:無
 
 
浴場設備
 
脱衣場
洗面台、脱衣かご、体重計、扇風機、長椅子
 
浴  場
男女別内風呂
 
洗い場
カラン・シャワー(大浴場に15、ヒバ風呂に4)
 
備  品
シャンプー無、ボディソープ無




≪ 総 評 ≫

以前は存在しなかった東北新幹線の七戸十和田駅が開業したため、いつの間にか駅近温泉となった東八甲田温泉。建物は温泉館、宿泊館の2棟。宿泊、時間限定の日帰り入浴、両方受け付けています。ロビーにはテレビ付きの休憩スペース、自動販売機、販売スペースが配されていてゆったりしています。フロントで入湯料金を支払い浴場へ進みます。浴場は大浴場とヒバ風呂の2箇所に分かれています。脱衣場は洗面台に脱衣かご、ロッカーといった簡素なもの。この鄙びた雰囲気が好いですね。何というか、青森独特の浴場の雰囲気。広い浴場に掛け流し浴槽、洗い場には備品無し、外光が明るく差し込み、人はまばら。私はこの雰囲気が好きなのです。
大浴場には洗い場(15)と熱湯、ぬる湯、打たせ湯、寝湯、水風呂。注意すべきは洗い場にシャンプー、ボディソープ類が置かれていないので持参する必要があります。さて浴槽ですが、あつ湯は4人規模で浴槽温度は45℃くらい。かなり熱かったというか加水はやむを得ないかもしれません。ぬる湯は20人規模で源泉と地下水が大量に注がれ41℃程度の適温となっています。水風呂は4人規模で地下水を使用。ヒバ風呂浴場には洗い場(4)と地元産の青森ヒバを使用した箱型の浴槽。浴槽は6人規模。浴槽温度は源泉に程近い46℃くらいでかなり熱いのですが水道蛇口が付いており、好みの温度に調節できるようになっています。場内にはヒバの心地良い香りが漂い、これがまた心身ともに癒してくれます。湯は微淡黄色透明、無味無臭の肌に優しいアルカリ性単純温泉。敷地内の地下1095mからの掘削動力揚湯。水風呂を含めた全ての浴槽が掛け流しで供給され、しっかりオーバーフローしており、タイル上には溢れた湯がサーっと一面に広がっています。タイルは温泉成分がこびり付いたのか赤茶色に変色していました。

イメージ 7

イメージ 8



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事