[ひまわり」のように!

日々、[ひまわり]のような気持ちを持ち続けたい・・・と、願いを込めて・・・

全体表示

[ リスト ]

 
 
               飯豊連峰
大石山&鉾立峰
6月15日(水)一日快晴の天気予報。
朝は肌寒い日でしたが、登りには好都合の気温でした。
 
虎の子のカメラを忘れてがっかりでしたが、今日は携帯カメラで
登山の時間記録をと気分を切り替え登りました。
 
大石山までは青空も多かったですが、だんだん雲が多くなって
風もあり、稜線は寒い状態でした。
イチゲは丁度見頃でイチゲの花見登山でした。
 
まだ、7月は登っていませんが、ニッコウキスゲの群落も見たい
と思っていますが、他の日程もあり実現は難しいようです。
 
イメージ 1
 
 
                            大石山&鉾立
                      
 

この記事に

閉じる コメント(17)

顔アイコン

7月初旬、大石山-頼母木小屋泊-杁差岳へ行きたいと思っていますので、大変参考にさせていただきました。

初めてですので経験者と行ければいいのですが、単独の場合、好天と人の往来が多い日(土日)を選んで行きたいと思います。
しかし小屋の混み過ぎは避けたいと、そんなにうまくいきますか。

前夜ヒュッテの駐車場で車泊し、シャトルバスで行きますが、体力や天候次第によっては、途中行程を短縮するかもしれません。無理をせず安全登山を心がけたいと思います。

無人小屋泊は2回の経験ですが、寝袋、水2L、コンロ、食材など荷物が重くなるのでどこまでやれますか挑戦です。

2011/6/16(木) 午後 11:10 亀の内っちゃん 返信する

顔アイコン

まことさん、日帰りだったんですね。
携帯からでもこれだけの写真が載せれれば凄いです。

ハクサンイチゲの大群落一度見たら
また行きたくなるんでしょうね。
ポチ

2011/6/17(金) 午前 0:26 ニリンソウ 返信する

顔アイコン

まことさん、ハクサンイチゲの大群生圧巻ですね。
一度は訪れたい飯豊連峰。
タクシーの送迎があるので早起きすれば何とかなりそうです。

2011/6/17(金) 午前 8:38 一路 返信する

顔アイコン

亀の内っちゃん、参考になれば有難いです。
出来ればそのコースを歩いた人と一緒だと気楽ですが、 亀の内っちゃんの山経験からすれば山は侮れないけど大丈夫と思います。
よって、7月になると奥胎内山荘から車が出ますので山に登る人も平日でも居られると思いいますので、私は小屋が混まない平日をお薦めします。
前の日に車中泊しなくとも新津から朝出発すれば1時間少々で奥胎内山荘に着きますので朝出発で宜しいと思います。
亀の内っちゃんの経験からゆっくり、ゆっくり登れば大丈夫です。
今年はニッコウキスが咲く頃、来年はハクサンイチゲの咲く頃としたら如何でしょうか。
泊まりは、頼母木山小屋の方が近いので混まなかったらお勧めです。
尚、私の今回のコースタイムは涼しくて順調過ぎましたのであまり参考になりませんので宜しくです。

2011/6/17(金) 午後 3:56 まこと 返信する

顔アイコン

今回は日帰りとしました。
足の松尾根を歩くと、にりんそうさんが足の怪我をしてよく下山されたと思いながら歩いています。
にりんそうさんが行かれた時は何月でしたでしょうか?
今思い起こして考えるとその時もそう思いましたが、当時のメンバーと人数での縦走は無理があったように思います。
私は10年ほど前、逆の縦走をしましたが、逆は下りですがそれでも大変だったので雨で杁差岳で良かったと思います。
そのお蔭でにりんそうさんは、怪我をしてしまいましたが・・・
もうしなくとも良い経験・・・となりましたね。

2011/6/17(金) 午後 4:12 まこと 返信する

顔アイコン

一路さん、タクシーの有料送迎が開始される頃はイチゲの花は終わっていますが、次に咲く花はニッコウキスゲだと思います。
亀の内ちゃんの所にもコメの返に書きましたが、今回は気温が低いために順調な登りで、一路さんヤベッチコンビの脚力は十分日帰りは可能ですが、足の松尾根は松の根っこが無尽に張っている上に急勾配で歩きにくい尾根ですので心して登って下さい。
私の山登りの原則は低い山でも高い山でも「安易は避ける」が原則でなので、臆病な「まことの戯言」ですが、間違いを起こさないようにの心情をご理解頂き良い山登りをして下さい。

2011/6/17(金) 午後 4:28 まこと 返信する

顔アイコン

にりんそうさんへ、
コメの最後にもうしなくとも良い経験・・・と書きましたが、良い経験の意味でなく、しなくともいい経験の意味ですので宜しく。

2011/6/17(金) 午後 6:20 まこと 返信する

顔アイコン

毎年いっちゃん、まことさんの記事で足の松尾根を見ると5年前の事故を思い出してしまいます。
あの時は7月中旬梅雨の盛りでしたね。
前の年には8月佐藤良子さんと3人で頼母木小屋泊、朳差岳往復足の松を下ったのでした。
したがって写真で見るようなイチゲの群落は見ていないのです、あれから飯豊には足を運んでいません。
多分これからも無いと思うのです、自分の失敗なのですが皆さんにも安全に慎重に歩いてほしいと思いながら

2011/6/17(金) 午後 11:20 ニリンソウ 返信する

はじめまして。
同じ日にエブリサシに登っていました。
何処かでスライドしていたかもしれませんね^^
花が素晴らしかったですね♪

2011/6/18(土) 午前 8:39 イチ 返信する

顔アイコン

足の松尾根は、ニッコーキスゲの咲いていた時期ですね。
8月だとマツムシソウやトリカブトも見れたでしょうか。
花もその時期、時期に咲いて登山者を和ませてくれますよね。

私も滑落で痛い経験をしているので、他の人にも怪我や遭難だけは避けて欲しいと思っています。

でも、飯豊はまだ諦めて欲しくないので目標は掲げていて欲しいです。

2011/6/19(日) 午後 4:51 まこと 返信する

顔アイコン

ハチさん、こんにちは。
間違いなくスライドしていますね。
大石山を下っている時登って来た人でしょうか?
あるいは、大石山から杁差岳に向かう時のニッカポッカのズボンをはいて竹色のシャツを着ていた人でしょうかね?
いずれにしても少し寒かったですが、イチゲの群落を観れて良かったですね。

2011/6/19(日) 午後 5:08 まこと 返信する

こんにちは^^
ボク、あの日はグレーのニッカ履いていました。
ということは、ご夫婦で登られてた方でしょうか?
午後からはガスが上がって来ましたが、イチゲの盛りで大満足でしたね♪

2011/6/19(日) 午後 6:47 イチ 返信する

顔アイコン

ハチさん、こんばんは、はい、そうです!
ハチさんが私等が大石山に引き返し登っている時、ハチさんは待っていてくれました。
ブログを拝見して山形でお住まいかな?と思いましたが・・・

2011/6/19(日) 午後 7:29 まこと 返信する

こんにちは^^
やっぱりお会いしていましたね〜♪
おっしゃるとおり、ボクは山形県に住んでいます。
まことさんはいっぱい登っておられるので、新しい山に登る際には、ブログを参考にさせていただきたく、またお邪魔させていただきます^^
よろしくお願いします。

2011/6/20(月) 午後 5:51 イチ 返信する

顔アイコン

ハチさん、私のブログやHPが参考になれば嬉しいです。
山形、秋田、福島と近県の山も登りたいと思いますが、なかなか思うように行きません。
しっかり目標をと思っていますが・・・

2011/6/20(月) 午後 8:48 まこと 返信する

イチゲの群落がきれいですね。残雪の残る景色はさすがに新潟の山です、雪と緑のコントラストが良いですね。

2011/6/20(月) 午後 10:34 yamasukihuuhu 返信する

顔アイコン

高い山は残雪と花を見ることが出来て山を楽しむ事が出来ます。
真夏は避けていますが、後のシーズンは四季折々でしょうか。

2011/6/22(水) 午前 5:04 まこと 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事