[ひまわり」のように!

日々、[ひまわり]のような気持ちを持ち続けたい・・・と、願いを込めて・・・

全体表示

[ リスト ]

 
平成24年度
  安全登山研修会に参加

6月30日〜7月1日の二日に掛けて新潟県山岳協会が主催する
安全登山研修会が開かれました。
 
会場は加茂市の粟ヶ岳山麓第1水源地にあるビジターセンターで
あり、この機会に勉強にと参加をしました。
 
参加者は約70名で座りテーブルが追加され、会場はほぼ満員と
なりました。
イメージ 2
 
講師は日本山岳協会の渡辺輝男氏で「一般登山におけるリスク
管理」と題して次の事を中心に話されました。
 * 登山行動中のリスク管理
 * セルフレスキュー、
 * 緊急時の対応
 * アクシデントを最小限に抑えるために 
 * ビバークの対処法
 * 救急法について
 
等々について分かり易い話をされました。
 
特に遭難事故では道迷いが一番多いという事で、座学の読図の後、
粟ヶ岳ハイキングコースにてコンパスと地図を持って読図をしながら
の実地研修でした。
  イメージ 1
 
大変勉強になりましたが、大分左の耳から入った知識が右の耳か
ら出てしまいましが、復習をしながら留まった知識を今後の山登りに
生かしたいと思います。
 
新潟県警の遭難対策の担当者も講師で参加され、新潟県の遭難の
実情に付いて話され、救急に対しての要請と合わせて携帯電話
 
電池切れには充分注意をされるよう要請があり、時々電池切れに
てザックの中に眠っている携帯電話の活用と大切さを痛感しました
 
一日目の夕食時には各自持ち寄った飲み物で山の話に花が咲き
交流を深めました。
 
今年は、山形県山岳協会のピッケルとアイゼン活用の残雪の春山
訓練とザイルを活用した簡易岩登りの実施訓練にも参加する機会が
ありました。
 
この二つの勉強会はどちらも指導員の義務研修を兼ねていたので私
にはあらためて安全登山の勉強となり、今後の山登りに大いに生か
さなければと思いました。
 
新潟県警の登山情報に遭難事故件数と年齢別事故者数と遭
事故の内容が公表されています。
 
他にも県警からの呼び掛けも参考にして各自にて遭難自己防衛
しながらの山登りをお奨めします。
 
特に高齢者の事故件数が多いので若いと思っても体の反応が間違
いなく落ちている事を自覚した行動が必要とあらためて他人事では
なく自分の事であり、肝に銘じて行動したいと思います。 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

まことさん、訓練お疲れ様でした。
まことさんはいつも積極的で、見習わなきゃな〜と思っています。
定期的に復習しておくことって、すごく大切ですよね。

daichan

2012/7/8(日) 午前 0:58 [ tai*i*8 ] 返信する

顔アイコン

大ちゃん、おはようございます。
分かっているつもりなのですが、講習を受けて「成程!」とうなずく事が沢山でした。
小国での実技講習会も大変勉強になり、石転沢の登りも大きな後押しとなりました。
今回の講習会もこれからの山登りに生かし、初心者にも伝達して行きたいと思います。
今年も飯豊の作業に行ける様体力作りに頑張りますね!

2012/7/8(日) 午前 9:14 まこと 返信する

大切なことですね。まことさんのような超ベテランでも復習されているとは・・・安全登山の敵は自分自身の心の中にあるような気がしますね。私も十分注意したいと思います。

2012/7/8(日) 午後 5:13 yamasukihuuhu 返信する

顔アイコン

私の山登りは数と年数はありますが、足りない事沢山です。
最近は高い山に登り特に下山時は安全に下る事が頭から離れなくなりました。
脚力も落ち体のキレも無くなっているせいもありますが、大事な事と自分に言い聞かせながらグループ登山でも口癖になりました。

2012/7/9(月) 午前 10:08 まこと 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事