[ひまわり」のように!

日々、[ひまわり]のような気持ちを持ち続けたい・・・と、願いを込めて・・・

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

粟ヶ岳の山閉い

             =粟ヶ岳の山閉い=

        粟ヶ岳の山閉いが11月3日に行われた。
 
        毎年4月29日の山開き、11月3日に山閉いが恒例の行事として行われる。
        地元の山の行事でもあるが、初めて行事に参加した。
         
        高立山で会う人達6人の皆さんと一緒に登ったが、他にも沢山の顔見知り
        の人達にも会うことが出来た。

        主催は県内でも伝統のある加茂山岳会で、神事も手作り・自前で行い、
        結構味のある神事であった。

        参加者には、登山口で記念のタオルが配られ、登頂者には、7合目小屋で
        登頂証明書が主催者から貰う事が出来ました。

                       受付会場の横断幕 
         イメージ 1

       この日の天気は、予報の快晴は外れ、お昼頃からようやく晴れて来た。 
       登頂最高齢者は、89歳で粟ヶ岳の登山者で有名な新津の木村さんあった。

       二番目の高齢者は、一昨年米寿を記念に、粟ヶ岳登山300回を登頂した
       加茂の小林さんで、この日も80歳を越えても2時間50分で頂上を
       極める健脚者である。

       結構登山は、自然に親しむと同時に、自分の健康の保持と確認をと思って
       登る人も他にも見られ、大変良いことだとあらためて思った。

      手作りの神事が行われた                 最高齢の木村さんと
イメージ 2 イメージ 3

       列になって歩く登山者                  3合目で休憩する
イメージ 4 イメージ 5

        一陣、頂上です                    少し遅れて2陣も 
イメージ 6 イメージ 7

 米寿で、粟300回登山の小林さん、まだ若いです       青空が出ると景色も抜群です  
イメージ 8 イメージ 9

    7合目、避難小屋の横でお昼です           主催者の皆さんと記念写真です
イメージ 10 イメージ 11

    6合目、粟庭も見頃でした                避難小屋のある砥沢の峰
イメージ 12 イメージ 13

                   5合目前大栃平で粟ヶ岳をバックに
          イメージ 14

             

この記事に

開く コメント(26)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事