[ひまわり」のように!

日々、[ひまわり]のような気持ちを持ち続けたい・・・と、願いを込めて・・・

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 
雪の猿毛岳
くも膜下で倒れた日!
 
2012年12月25日(火)晴〜吹雪と変化あり
 この所、年賀状つくりもまだ手に付かず年末押し迫ってやり残した仕事
 が溜まり、悪天候も続き外に出る状況でもないのが幸いする。
 
 朝窓を開けると雪が薄っすり積り青空が出ていた。
 
 朝の空模様で猿毛岳には行けるかな?と思っていたら電話が鳴った。
 いっちゃんから山の会有志で猿毛岳にクリスマス登山に出掛けると・・・
 
 最近は少々夜更しにて遅い朝食を終え急いで山仕度をし、残していた
 僅かなきのこだが、きのこ鍋の材料を調達をして登山口に向かう。
 
 一台のワゴン車が停まっていたのでツボヤ号と思い電話をすると尾根に
 上がった所と応答があり、これから私等も登ると伝える。
 
 黒崎の山グループと一緒に登る予定だったが、少し遅れているようなの
 で鍋料理もあり、私等は先に登って待つと連絡をして行動開始。 
イメージ 1
  思ったより降雪は少ないが、高度を上げると積雪が増えるが膝下位で
  気持ち良く新雪を踏みながら頂上を目指す。
イメージ 2
  
       小屋に着くと先に登っていたツボヤさんが、ストーブに火を入れ
       鉄瓶のお湯は熱くなっていた。
 
イメージ 3
 
 
湧いていたお湯を利用して私等もきのこ鍋の仕度を始めると
火曜日の男・一路さんが小屋に入って来た。
 
鍋に材料をいれて煮始めると、黒崎山の会のメンバーの
姿が見えて来た。
 
イメージ 4
  
小屋に入る前に御一行様6名、小屋の前で記念写真。
 
イメージ 6
   
温かくなった小屋に入りみんなでストーブを囲む。
 
鍋も煮上がり、持ち寄りの料理が回り、
猿毛小屋でのクリスマスパ^ティー?の開始!
 
黒崎山の会の今日のメンバーは
カシマシーズにオトナシーズの混成メンバーであるが、 
居合わせた10名で和気会い合いのパーティーとなりました。 
 
イメージ 5
 
 
お腹が一杯になった頃、餅がストーブに上がる・・・
クリスマスから一転!正月?
 
餅もみんなの腹の中に入り、腹ごなしに歌声が始る・・・
 
外を見ると吹雪になっていたが、猿毛小屋はクリスマスソングから
山の歌のコーラスとなり、賑やかでいっそう温かくなりました。 
 
イメージ 7
 
外は吹雪が小康状態となり、今日猿毛岳に登り
居合わせたメンバーの記念写真を撮り下山する。
 
家に帰ると突風・雷と荒れた天候!
寒いクリスマスとなりましたが・・・
 
みなさん過ごし方、それぞれだったと思います。 
 
12月25日、私等にとっては忘れられない日です。
 
昨年、女房がくも膜下出血で倒れ救急車に運ばれた日でしたが、
今日も猿毛岳に登れ、再び命を授かった感謝の気持ちで一杯!でした。
 
私等にとっては思いがけぬ回復1年のパーティーとなりました
 
帰っての夕食は、残ったソバと夕食にと差し入れの
牛シチューを頂き、健康を取り戻し応援を頂いた沢山の
仲間のみなさんに感謝をしながら幸せ気分のクリスマスの夕食でした。
 
 

この記事に

開く コメント(6)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事