ファーウェイ問題で米が韓国に「踏み絵」

なんか衝撃的な表題です。これは、中国の通信機器最大手、華為技術を巡り対立を深める米中両国が韓国に「踏み絵」を迫っているのです。米国が次世代通信網からの同社製品の排除を働きかければ、中国は取引を打ち切る韓国企業を制裁対象とするカードをちらつかせる。

と、韓国は、安全保障を米国、経済を中国にそれぞれ頼っているのでどちらを選ぶのかを強要しているようです。

さて、どうするのでしょう?もし、このまま、どっち付かずの方針だとすれば、米中、両国から制裁を受けるでしょう。

これからは単なる脅しではなく、実行動で脅しにかかるのではないでしょうか?

アメリカ側を選択すれば、中国は韓国との輸出入に大幅に制限を加えるでしょう。中国にとって、韓国の製品はライバルであって、中国で生産せきない特殊なものはほとんどありません。特殊なものは日本から輸入すればいいのでしょう。

となれば、韓国経済、立ち直れないくらいの打撃でしょう。国家の財政が破綻するかもしれません。

もし、中国を選択すれば、アメリカは、韓国に駐留している米軍を撤退させるかもしれません。となれば、韓国だけで、北朝鮮と対峙することになります。いまの韓国、米軍あっての韓国軍ですから、北朝鮮に攻め込まれたらおしまいでしょう。

まして、近距離なら核兵器搭載のミサイルだって使用できそうです。北朝鮮の後ろにはロシア、中国もついていますから、ほとんど勝ち目がないでしょう。

北朝鮮に飲み込まれてしまうは確実でしょう。まあ文政権、朝鮮半島の統一を望んでいるようですから、それもありなのかもしれませんね。

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事