全体表示

[ リスト ]

 中国と国境を接するロシアの極東部やシベリアなどで、農業に従事する中国人が増加している。これは、ロシア人住民の多くは農作業に関心が少なく農作物が不足しているから。

今回、何でこの中国人農作業者が追放になったかと言えば、まりにも大量の農薬や化学肥料を使ってトマト、キュウリなどの野菜類を栽培するからである。

大量の農薬を使用すると、土地にダメージが蓄積されてしまい、3〜5年後には耕作できなくなる。さらた、野菜の残留農薬が人間の健康にも悪影響を及ぼし、近年、健康を害する住民が増えている。

  この大量に農薬を使うやり方は、中国本土ではお馴染みです。中国では、野菜は水で洗っただけでは食べられません。洗剤で洗わないと行けないのです。

しかし、大量の農薬を散布さすれば土壌から野菜が吸収しているはずですから、洗っただけで農薬が除去できるわけではありませんね。

そんな農薬漬けの野菜、健康にいいわけありません。中国人って、農薬に強い人種なんでしょうかね。

しかし、何十年もそんな野菜を食べていたら、身体に蓄積して、大病を患うでしょうね

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事