全体表示

[ リスト ]

中国が貿易戦争をめぐる米国への対抗手段として世界最大の生産量を誇るレアアース(希土類)を利用するとの観測が出ている。

中国の特産物、としてはこのレアアースしかありません。これを輸出規制すれば、アメリカも困るだろうということですが、

このレアアース、日本も以前、中国によるレアアース輸出制限を受けました。2010年に起きた沖縄県・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件後、中国は、日本に対する経済制裁の措置としてレアアースの輸出規制を強化した。しかし、多くの日本企業がこのレアアースを使わない、または他国から輸入するという手段をとり影響を少なくしました。

アメリカは元々沢山埋蔵しているのですが、中国が安く大量に供給しだしたので、アメリカのレアアース産地が廃業になったのです。

中国が輸出規制をするのであれば、アメリカにとっては自国で採掘すればいいのかもしれません。

もし、アメリカの採掘が軌道にのれば、中国の産地は不要になりますね。となれば、大金をはたいて開発した中国の鉱山が無駄になりそうです。

どちらにしても、中国の勝ち目はありませんね。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事