全体表示

[ リスト ]

香港で「逃亡犯条例」改正案の撤回を求め、立法会(議会)を包囲していた学生らに対し、警官隊が、多数の催涙弾やゴム弾などを撃ち込み、負傷者は79人に上った。

だんだん激しくなってきました。香港政府側としては、本国中国共産党より、この法案を可決させるよう、強力な命令がでているようです。

実際、この法案が可決されたら、中国本土への容疑者引き渡しを可能にするだけでなく、香港に来る外国の観光客や記者が逮捕されて、中国本土に引き渡される可能性もあります。

となれば、香港が、中国本土と同じとなり、少しでも中国共産党にとって問題がある人物は逮捕されたあと中国本土に送還されそちらの法律、実際はあってなきもの、で裁判にかけられ処罰されることになります。

これって、もう完全に香港が中国共産党に飲み込まれてしまうことを意味します。

今回のデモ鎮圧で不穏な空気もでてきています。中国共産党内も権力争いが激しく、現在の習近平主席と争っている反習近派が独自に軍を動かす可能性もでてきています。軍が発砲すれば多くの死傷者がでますので第二の天安門となる可能性もでてきています。

今回のデモには、多くの外国人も参加しており、また報道記者もいますから、発砲となれば世界世論を巻き込む可能性もでてきました。

さて、今後どうなるのでしょうか。もう、香港に行くことはなくなりそうです。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事