全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全459ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

中国が貿易戦争をめぐる米国への対抗手段として世界最大の生産量を誇るレアアース(希土類)を利用するとの観測が出ている。

中国の特産物、としてはこのレアアースしかありません。これを輸出規制すれば、アメリカも困るだろうということですが、

このレアアース、日本も以前、中国によるレアアース輸出制限を受けました。2010年に起きた沖縄県・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件後、中国は、日本に対する経済制裁の措置としてレアアースの輸出規制を強化した。しかし、多くの日本企業がこのレアアースを使わない、または他国から輸入するという手段をとり影響を少なくしました。

アメリカは元々沢山埋蔵しているのですが、中国が安く大量に供給しだしたので、アメリカのレアアース産地が廃業になったのです。

中国が輸出規制をするのであれば、アメリカにとっては自国で採掘すればいいのかもしれません。

もし、アメリカの採掘が軌道にのれば、中国の産地は不要になりますね。となれば、大金をはたいて開発した中国の鉱山が無駄になりそうです。

どちらにしても、中国の勝ち目はありませんね。

開く コメント(0)

国会議員団5人が28、29日と訪日し、衆参両院の外交担当委員会のトップらと会談しようと、駐日韓国大使館を通じて、衆院外務委員会の若宮健嗣委員長(自民党)らとの接触を試みたが、失敗した。

結局、参院の外交防衛委員会の渡辺美樹委員長1人との面会が実現。この渡辺美樹氏、あのワタミの元会長です。いま、ワタミが斜陽となっているので、次回の参院選挙には出馬しないといっているのです。つまり、もうじき辞める1回生の参院議員しか相手にされなかったのです。

しかも、この渡辺美樹氏、まず、日本政府が、徴用工訴訟で「日韓請求権・経済協力協定に反する」と抗議しているのに、韓国政府が対応を放置し続けていることを批判。

大阪でのG20(20カ国・地域)首脳会議に合わせた日韓首脳会談の開催はない」と通告した。

はっきり言いましたね。国会議員の一番下っ端にこれだけいわれて、自民党の首脳と話しもさせてもらえない仕打ちでした。

さて、メンツ丸つぶれですが、どう考えるのでしょう。日本側がこれだけ怒りをもっているということを体験したでしょう。たぶん、この議員達、帰っても知らん顔でしょうね。

このまま行けば、当然、国交断絶くらいの措置となるでしょうね。日本は困らない、韓国以外の東南アジアとやっていけばいいのです。

距離的に近いからといって仲良くする必要もありませんね。むしろ、フィリピンやマレーシア、タイ、インドネシアなど、これからどんどん発展していく国々と親密にやっていけばいいのではありませんか。

開く コメント(1)

これって、禁句なんでしょうかね?、また、自民党衆院議員の桜田義孝・前五輪相が少子化問題に関連して述べたことです。

昨年も自民党の加藤寛治衆院議員も同じようなことを言って批判をあびましたね。

さて、これって禁句なんですか?、子供を産めるのは女性だけでしょう。そして、産む産まないの意志決定ができるのも女性かもしれません。

やはり、少子高齢化で、少子の原因は、一番に子供の産む人数が減っているからでしょう。そこを、もうちょっと、産んで欲しいとお願いしているだけではないでしょうか?その産むために社会の環境を整えなければいけない、と言っているのではないでしょうか?

このままでは、この話題をあげることはできなくなるのではないでしょうか?となれば、その社会環境も放置されるのではないでしょうか?

野党のバカ連中、このような言葉狩り、の事ばかりいっていて、もっと政策の中身について議論すべきではありませんか!

まるで、韓国が、慰安婦ガー、徴用工ガー、旭日旗ガー、っていっているのと同じではありませんかね。

開く コメント(3)

中国四川省成都で開かれていたサッカー男子U18のユース国際大会「パンダカップ」で優勝した韓国チームの選手がトロフィーを足で踏みつけ、中国側に侮辱行為だと抗議される騒ぎを起され韓国側は謝罪した。

最終節の中国戦に3-0で勝利したU-18韓国代表の選手一人が、優勝カップを踏みつけて記念撮影をし、カップに向かって用を足すようなしぐさもした。

これでは主催国の中国を侮辱しているのは明らかですね。その後、中国の大会組織委員会と成都市サッカー協会も怒りの抗議をしたところ、謝罪会見を行って謝った。

さて、どうなんでしょう?、これが相手が中国だったから、あら、大変なことをしたと思って中国様には素直に謝ったのでしょうが、これが日本だったら、居直るでしょう。悪いのは日本ニダ、なんて。日本の大会でこれやったら英雄扱いなんでしょう。

この事件で、中国は、もう2度と韓国を招待しない、といってますね。やっぱり毅然とした態度は見習わなければなりませんね。

キチガイの韓国人にスポーツをやる資格はありませんね。

開く コメント(0)

中国では最近、物価の上昇が止まらない。特に必需品の野菜や果物などの価格が高騰している。

つい最近、日本に観光で訪れる中国人が、日本の野菜や果物が高いといってましたが、いまは逆転し、中国のほうが高くなっています。

どのくらいあがったかといえば、豚肉、生鮮野菜や果物の4月の消費者物価指数(CPI)は前年当月比10%以上上昇した。うち、果物価格の上昇幅は、安徽省が30.9%で最も大きく、生鮮野菜においては江西省がトップで、29.3%の上昇しています。

さて、どうしてなんでしょう?中国の田舎、農産物を作る地方では、労務単価が安いですから、そこで生産される農作物も安くなるはずです。

ところが、それが高くなっているのは何故なのでしょう?

また、国産の農産物だけではなく、輸入された果物なども高くなっています。これは、人民元が米中の貿易戦争で安くなったからでしょうか?

中国は工業製品を輸出し、農作物などは輸入に頼っています。そして、日本と同じく、石油の多くを輸入していますから、元安は輸出に有利かもしれませんが、輸入製品が高騰するのは免れません。

このまま行けば、中国の物価はうなぎ登りに上昇しそうです。もともと、貧富の差が大きいですから、金持ちにとっては影響はないでしょうが、低所得層にとっては、死活問題かもしれません。

輸出が落ち込み、工場が閉鎖となって雇用が失われるようなことになれば、政治不安が一気に加速するかもしれません。

開く コメント(0)

全459ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事