全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
G20で全体会議と平行して2国間での首脳会議も行われています。

安倍総理は韓国以外の全首脳と会談を行うようになっており、分刻みの予定となってます。

さて、今回のG20では、やっぱり超大国のアメリカと中国の動きでしょう。この2国の首脳会談は最終日に行われるようで、それまで他国を味方につけるべく暗躍をしているようです。

ここで、一番ふらついている国はなんといっても韓国でしょう。経済面では中国、安全保障面ではアメリカに依存しています。

この2国間会談で中国は韓国に対して、中国に味方になるように要請したようです。ここで断れば、中国から経済制裁を受けますからね。

この要請に対して、韓国の文大統領、言っちゃいましたね。習主席に「米中どちらかを選択する状況は望まない」と。

あら、これって、味方はしませんよ!ってことでしょう。恐らく、習近平さん、本国に帰ったら徹底的に韓国を痛めつけるのではないでしょうかね。何たって、直接、頼んだのに断ったのでメンツ丸つぶれですからね。

今度、韓国はアメリカからの要請にどう答えるのでしょう?まさか、習近平さんに言ったことと同じでしょうか? トランプさんの顔が真っ赤になるのが見えますね。

開く コメント(0)

大阪でG20始まる

大阪でG20が始まりました。会議は28、29日ですが、安倍総理は27日から数カ国の首脳と会談となっています。

その27日最後の会談が中国の習近平主席です。会談内容は基本的には非公開なんでしょうね。

ここで分かっていることは、安倍総理は習近平主席に、来春に国賓として再来日するよう要請し、習氏は「温かいご招待に感謝する」と応じる考えを示した。とのことで、

今までの日中関係が改善しつつあると思えます。これも、中国がアメリカに貿易戦争を仕掛けられ、弱い立場になったからでしょうか?

中国は、アメリカとの関係が強い日本を味方にしておきたい思惑もあるのでしょう。

さてあす以降、全体会議と個別に各国との会談が行われます。やっぱり注目すべきは米中の会談でしょう。ここで、決裂などとなれば、世界の状況も深刻になるかもしれません。

結果としては無難な声明で終わるような気がしますね。

日本としてはロシアとの北方領土問題もありますが、これは進展しないでしょう。ロシア側にとって、戦争で勝ち取った領土を何故、返さないといけないのか?って考えでしょう。この考えは世界では常識だと思いますね。

イスラエルとアラブ諸国との中東戦争をみればわかります。戦争で勝って支配した地域、自分の領土でしょう。

現在は領土が欲しいからといって戦争を仕掛けて奪いとる、ということは難しくなってますから、ロシアとの交渉は進まないでしょうね。

さて、安倍総理、19カ国?との会談、相手によって当然会談内容が事なりますが、大丈夫なんでしょうかね。まあ、韓国を無視することがこのG20での成果でもあるでしょうね。

開く コメント(0)

中国・南西部で洪水

日本では6月も末日になろうかというのに、雨が降りません。梅雨といえば、毎日、じとじとと雨が降るのですが、今年はどうしたことかやっと梅雨入り宣言がでたところです。

日本では梅雨にはいったところで、今後台風3号を伴った大雨がふるのではないかと心配です。

さて中国の南西部、貴州省では大雨が降り続いて、孤立するなどの被害でおよそ12万人に及ぶ大きな被害がでています。

日本とは桁が違いますね。日本の中堅都市人口くらいの人が大雨のために身動きできなくなっているようです。

当然、洪水によって、断水や停電が起きるでしょうし、インフラも破綻してますね。

問題なのは、これで終わるのかです。世界中の気候が異常となる中で、大雨の降る地域、干魃になる地域などが出てきています。

今後、さらに過去になかった災害がでてくるような気がしますね。日本も台風による被害、今年もどのくらいになるのか心配です。

開く コメント(0)

なんか衝撃的な表題です。これは、中国の通信機器最大手、華為技術を巡り対立を深める米中両国が韓国に「踏み絵」を迫っているのです。米国が次世代通信網からの同社製品の排除を働きかければ、中国は取引を打ち切る韓国企業を制裁対象とするカードをちらつかせる。

と、韓国は、安全保障を米国、経済を中国にそれぞれ頼っているのでどちらを選ぶのかを強要しているようです。

さて、どうするのでしょう?もし、このまま、どっち付かずの方針だとすれば、米中、両国から制裁を受けるでしょう。

これからは単なる脅しではなく、実行動で脅しにかかるのではないでしょうか?

アメリカ側を選択すれば、中国は韓国との輸出入に大幅に制限を加えるでしょう。中国にとって、韓国の製品はライバルであって、中国で生産せきない特殊なものはほとんどありません。特殊なものは日本から輸入すればいいのでしょう。

となれば、韓国経済、立ち直れないくらいの打撃でしょう。国家の財政が破綻するかもしれません。

もし、中国を選択すれば、アメリカは、韓国に駐留している米軍を撤退させるかもしれません。となれば、韓国だけで、北朝鮮と対峙することになります。いまの韓国、米軍あっての韓国軍ですから、北朝鮮に攻め込まれたらおしまいでしょう。

まして、近距離なら核兵器搭載のミサイルだって使用できそうです。北朝鮮の後ろにはロシア、中国もついていますから、ほとんど勝ち目がないでしょう。

北朝鮮に飲み込まれてしまうは確実でしょう。まあ文政権、朝鮮半島の統一を望んでいるようですから、それもありなのかもしれませんね。

開く コメント(0)

表題をみて、魚の浮き袋がコカインのような薬物なのか?と思ってしましましたが違うようです。

絶滅危惧の大型魚トトアバの浮袋は中国では珍味として高額取引され、裏に闇組織が関わることから「海のコカイン」とよばれる。

実際、この魚のトトアバの浮袋は闇市場で1キロ当たり2万〜8万ドルで売られており、コカインより高く取引されているとのこと。

中国では、このトトアバの浮袋を乾燥させた「魚肚」は、ナマコ、アワビ、フカヒレと合わせて「参鮑翅肚」と呼ばれ、「中国四大海味」の一つとされている。

そして、豊富なゼラチン質は若返りの効果があると信じられており、乾物1個が100万円以上で取引されています。

実際、ナマコ、アワビ、フカヒレはよく聞きますが、何で?こんな魚の浮き袋がいいのでしょうか?不思議です。そのように、世界中の珍物?が漢方にいいとか、中華料理の最上級品とかで、世界中からかき集めています。

こういった珍物は数が少なく、そのため収穫量が少ないので、なかなか手に入りません、から美味しいのでしょうか?

まあ、下手物食いの中国ですから、机以外の四つ足ならなんでも食べてしまうのでしょうかね。

絶滅危惧種を乱獲するのはやめてもらいたいでしょね。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事