過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

国会議員団5人が28、29日と訪日し、衆参両院の外交担当委員会のトップらと会談しようと、駐日韓国大使館を通じて、衆院外務委員会の若宮健嗣委員長(自民党)らとの接触を試みたが、失敗した。

結局、参院の外交防衛委員会の渡辺美樹委員長1人との面会が実現。この渡辺美樹氏、あのワタミの元会長です。いま、ワタミが斜陽となっているので、次回の参院選挙には出馬しないといっているのです。つまり、もうじき辞める1回生の参院議員しか相手にされなかったのです。

しかも、この渡辺美樹氏、まず、日本政府が、徴用工訴訟で「日韓請求権・経済協力協定に反する」と抗議しているのに、韓国政府が対応を放置し続けていることを批判。

大阪でのG20(20カ国・地域)首脳会議に合わせた日韓首脳会談の開催はない」と通告した。

はっきり言いましたね。国会議員の一番下っ端にこれだけいわれて、自民党の首脳と話しもさせてもらえない仕打ちでした。

さて、メンツ丸つぶれですが、どう考えるのでしょう。日本側がこれだけ怒りをもっているということを体験したでしょう。たぶん、この議員達、帰っても知らん顔でしょうね。

このまま行けば、当然、国交断絶くらいの措置となるでしょうね。日本は困らない、韓国以外の東南アジアとやっていけばいいのです。

距離的に近いからといって仲良くする必要もありませんね。むしろ、フィリピンやマレーシア、タイ、インドネシアなど、これからどんどん発展していく国々と親密にやっていけばいいのではありませんか。

開く コメント(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事