過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

オーストラリアの象徴であるカンガルー。通貨や国章に採用されるほど現地では特別な存在です。

オーストラリアに行けば、カンガルーとコアラが人気者です。きっと大事にされているのでしょう。って思うと実態は大変違うようです。


このカンガルー達、「害獣」として2016年には140万頭以上のカンガルーが駆除されていたのです。また、ペットフードの原料にする目的でも狩猟されていました。

なんと殺して、犬のエサにしていたのです。

これってどう思いますかね?オーストラリアはこれまで、日本、アイスランド、ノルウェーの捕鯨に反対する主導的な役割を果たしてきた。

理由はほ乳類(鯨は)を殺すな!という理由だけですね。また、日本では太地町で行われるイルカ漁を、忌まわしいものだと訴え妨害をしてきています。

しかし、カンガルーのこの虐殺をみると牛とか豚を除いて、世界の国々の中で最も陸上動物の命を奪っている国は、オーストラリアといえます。

日本の捕鯨、殺してもその肉は食肉に有効活用し、不要に鯨を殺しているわけではありません。

カンガルーの狩猟をやっていながら外国の捕鯨を批判する。どういうつもりなんでしょうか?

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事