ぼちぼち星空眺めましょ

天体とかカメラとか車とかバイクとか趣味の記録と独り言
カラーマネジメントモニターを設置してから、写真の色に対して如何に忠実に再現できるかと考えるようになり、作業場の環境をできるだけ写真評価向きに整える必要があると感じてきました。
画像処理専用の部屋?を作ることは現実的に出来ないので、出来る範囲でやってみます。
以下、間違った内容かもしれないので、全く参考にしないでください。

本来であれば写真鑑賞用の評価用照明スタンドを導入するべきなのでしょうが、設置したカラーマネジメントモニターの上には、たまたま?調光・調色のLEDダウンライトが3基入っていたので、他の照明を切り、これらを5000Kに近くなるように調整したいと思います。
スタジオで使わるような色温度の測定器は、もちろん持ち合わせていません。
パナソニックのリビングライコンというコントローラーで、照明の色温度を調節していきます。
調色LEDダウンライトは、2500k〜6200kの範囲で色温度を無段階で調節できます。LEDって、凄いですね。
今回、5000k付近に調節したいのですが、何らかの目安が無いと調整できません。

そこで、カラーマネジメントされたプリントをモニターと並べて、一番色調が合う部分を探します。

例えば、3000k近い暖色系のダウンライトだと、
イメージ 1
こんな感じでプリント結果とモニターの色が異なって見えます。プリントエラーかと思いました。。


で、モニターとプリントが同じように見えるように照明の色を追い込んでいくと、
イメージ 2
モニターと印画紙の輝度差があるので、この画像では分かりにくいですが、ほぼほぼモニターとプリントの見え方が一致しました。正確に何Kかは不明ですが。

今回、プリントされた写真を見る際の、光源の大事さについて、ちょっと理解が深まったような気がします。
照明の色温度によって、こうも見えかたが変わる事に驚きました。

イメージ 3
今まではネットプリントで何となく楽しんでいましたが、黒が潰れてたり、勝手に補正されてたりと満足いくプリントは出来ませんでした。
そこで悩んでたプリンターですが、後継機種の発売の噂があるとか無いとか言われていますが、CanonのPro-10Sにしました。顔料インクのほうが私には扱いやすいと判断しました。
それにしてもバカでかいです。A3ノビまで印刷できるので、この大きさには我慢しないといけないのですよね。
インク代、結構かかりそうです^^;

この記事に

開く コメント(12)[NEW]

開く トラックバック(0)

ヤフオクで落札した中古のキャリブレーションセンサー、届きました。
やっとカラーマネジメントモニターのキャリブレーションが出来るようになりました。
冬の色物も終わってしまい、ナローも撮る対象がイマイチ。最近はなかなか撮影が出来ないので、季節外れの領域ではありますが、去年の9月に撮影した画像を引っ張り出して再処理してみました。
露光時間33分??短いなぁ。そういえば、撮影場所の駐車場に車の往来が激しくて、迷光だらけだったのを覚えています。(70%が没だったと書いてました)
マスクとか色々試したいのですが、フラット画像が無い!なんで当時、フラット撮っておかないかなぁ、なんて手遅れですよね。夏場なのにダークも撮ってない〜、2019年夏、半年後ですね、再チャレンジしようと思いました。
当時はバブル星雲とか知らなくて、今回再処理していて気づきました(笑)

2018/9/7 sh2-157付近 兵庫県 峰山高原
架台:EM-200 ステラショット+ディザリングガイド
鏡筒:FSQ106ED
カメラ:EOS 5D2 (HKIR) 
撮影データ:iso 3200 180s x11枚
フラット/ダーク 無し
ステライメージ8にてコンポジット PSCCにて強調処理

イメージ 1

カブリ??が取れません〜。しかし、やたらと星の多い領域ですね、ここは。星マスクして、星雲の強調をもっとやってみたいところですが。
これ以上は止めておきます。

イメージ 3
2/19追加 やっぱり夜眼と昼眼は違います。。新しいモニターの黒のレベル、慣れないとなぁ。

さて、今回届いたキャリブレーションセンサー、EX1というタイプで2世代前の古い物だと思われます。
イメージ 2
モニター上のダウンライト照明を約5000Kに調色してキャリブレーションしたモニターは、やや黄色〜マゼンタ寄りの色温度に見えました。
今までのモニターが6000K近くで使っていたために、余計にそう感じるのだと思います。

モニターによって、ほんとに見え方が変わりますね。スマホの画面も随分見え方が違います。
う〜ん、ちょっと驚きです。
これからは色にもこだわって、画像処理をやっていきたいと思います^^

この記事に

開く コメント(8)[NEW]

開く トラックバック(0)

機材弄りの連投になってしまっていますが、BKP200の光軸調整のテストを昨夜に行いました。

事前のフラット画像で概ね良好な予想をしていたのですが、結果は以下の通り。

イメージ 1
月明かりのカブリの影響も大きく、調整も完璧ではないのですが、これくらいのコンディションが遠征でもキープ出来ていれば好結果が期待できそうです。
四隅最周辺の星像は曲がっているので、純正F4コマコレの限界でしょう。APS-C迄の使用にとどめていた方が吉だと判断しました。
上の画像の中心少し下に、実はM101が淡く写っています。。
撮影データを記載するほどでもないのですが、空は快晴でしたが月が太く、CLSフィルターを装着しても銀河撮影にはかなり厳しい状況でした。


イメージ 2
今回の改造点を少し紹介します。
前回の撮影でこたろうさんよりアドバイスいただいた乾燥空気の件、早速斜鏡にも当たるように空気を分岐させてお尻からの注入と、斜鏡へダイレクトに吹き付ける、2点送風としました。
実際に鏡筒に穴を開けることは無く、ファインダーの台座を外したビス穴を利用してニップルを取り付けることが出来ました。迷光防止のため、ホースを艶消し黒塗料で塗っておきました。

イメージ 3
もう一点が、改造というほどでもないのですが、鏡筒上部にトッププレートとしてアリガタプレート(付属品の緑)を追加しました。
そこそこ重い鏡筒にもかかわらず、今までトッププレート無しで運用してきました。恐らくタワミが原因と思われる星像が見られたので、地味な改良ですが改善を期待したいと思います。

さあ、次の新月期にはBKP200君に活躍してもらおう!

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

購入当初より光軸に悩まされていた、BKP200君、今夜徹底的に調整してみました。
作業記録なので、画像多めです。
 
調整・改造メニューは以下の通りです。

①斜鏡センターに黒点を打つ
②スパイダーセンターを出す
③鏡筒と接眼部の直交を出す
④トップリング内側と接眼部の向かい側に植毛紙を貼る
⑤斜鏡側にも乾燥空気を送る穴をあける

イメージ 2
春の銀河祭りの主砲として活躍してもらう事にした、BKP200です。光軸バッチリで臨みたいところです。

イメージ 4
まず斜鏡を取り外し、オフセット6mmの部分に油性マジックで黒点を打ちます。最初、主鏡方向にオフセットを間違えて打ってしまい、慌ててアルコールで拭き取り、洗浄し直しです。(焦ります。。)

イメージ 3
2回目の洗浄を終えて、無事にオフセット黒点を打ちました。

イメージ 5
次は1mmの塩化ビニール板をサークルカッターで切り抜いて、トップリングにはめ込みます。が、少し大きめに切り抜いてしまったため、サイズ調整に手間取りました。
センターを合わせて、直交も確認します。やはり結構ズレていました。

イメージ 6
次に接眼部のスケアリング調整(直交出し)を行います。
BKP200の接眼部には3点のスケアリング調整機構が備わっています。
まず、レーザーコリメーターで接眼部の向こう側にマーキングします。
次に接眼部の中心〜筒先の距離を測って、同じ距離を先ほどのマーキングと測り比べてみます。
なんと、5mmも違っていました。接眼部の先が主鏡側に倒れていたことになるので、レーザーポイントを見ながら調整します。
次に、先ほどの塩化ビニール板を筒先に嵌めて、中心の穴から釣り糸を錘をつけて吊り下げます。
揺れが収まるのを待って、今度はセンタリングアイピースに付け替えて、直交の調整を行います。
僅かにズレていました。
今回は主鏡センターが出ているものとして調整を行いましたが、本当は主鏡センターも確認・調整した方が良いと思います。

イメージ 7
コリメーションアイピースを覗いて、調整した後の画像です。バックのPCモニターには某有名写真家Y氏の光軸調整HPが写っていますね^^;

イメージ 8
これが以前の光軸調整後の画像です。あ〜、全然デタラメだったんですね〜(笑)
購入時からよくこの状態で5カ月の間、結構な撮影回数をこなしてきたものだと思い返しました。

そして、結果のフラット画像はこちら。
イメージ 1
BKP200の今までで一番まともなフラット画像になりました♪
ミラーレス6Dなので、ケラレの影響も最小限ですね。
まだ完璧ではありませんが、十分実用に耐える結果になったんじゃないでしょうか。^^
実写テストが楽しみです。
次はε-180EDですね。

それにしても、4時間かかりました。。。あーしんど。

この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

銀河祭りのメイン機材として考えていた、セレストロンのC11鏡筒ですが、直焦点での撮影は困難を極めました。
2800mm F10というスペックは色々ハードルが高いです。

①イメージサークルが狭いため、オフアキでガイド星を導入するのが難しい
②クラッチがついていないので、ミラーシフトの影響をもろに受ける
③筒先に11インチの補正版がついてるので、露・霜対策が難しい
④フォーサーズセンサーのカメラだと、フルサイズ換算5600mmとなり、ガイド撮影が困難

そもそも、惑星撮影(動画)において、「シーイングの良い時」に最高のパフォーマンスを発揮する鏡筒なので、用途が違うのかもしれません。
昨夜、M101を1インチセンサーで撮影しようと試みましたが、画面からはみ出てしまいました^^;
銀河撮影では、焦点距離が1500mm〜2000mm前後が扱いやすいような気がします。

さて、2月頭の遠征で撮影したM51ですが、ファインダーを事前に合わせていないのが大失敗で、対象の導入に1時間もかかるなど、大変苦労した割には出来が悪く没にしようと思いましたが、奮闘記録としてUPすることにします。

2019/2/1 M51 子持ち銀河 岡山県 大芦高原 LRGB合成
架台:EM-200 ノータッチガイド
撮影鏡筒:C11 2800mm F10
撮影カメラ:ASI 1600MM PRO 冷却-20℃ 
L gain 390 60s x90枚
R gain 390 20s x15枚
G gain 390 20s x15枚
B gain 390 20s x15枚
ステライメージ8にてコンポジット LRGB合成 PSCCにて強調処理

イメージ 1

暗い撮影地だと、オフアキのガイド星が容易に導入できるとタカを括っていましたが、、全くダメです。考えが甘かったです。一応、自宅でオフアキのピント出しまではセットしていたのですが。
というわけで、オートガイド無しで撮影を強行します。
極軸はポールマスターで追い込み、EM-200もノータッチガイドで頑張っていましたが、数分経つとM51が画面から消えようとします^^;
撮影を中断して中央に戻し、再開するの繰り返しで付きっきりでした。
幸い風が弱かったので、星像は思った以上に安定していました。

イメージ 2
この鏡筒を遠征に持ち込んで中型赤道儀で使うのは、ちょっと現実的ではないと感じました。

それにしても、長焦点撮影は難しいですね〜。

この記事に

開く コメント(14)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事