自転車で新しい世界へ

ブログ作りました。自転車交通安全関係の記事をこちらにまとめました。

全体表示

[ リスト ]

先日、東京都の条例案をUPしましたが、この条例案で一番ビックリしたのは
第2条の「自転車道」の定義に「自転車道の整備等に関する法律」が登場したことでした。
存在自体すっかり忘れていたこの法律名、久しぶりに見ました。
全国に「自転車道」を作りましょう!的な法律ですが何せ制定は昭和45年。
当時の認識でいえば「自転車道」=「自転車歩行者道」。要するに歩道です。
 
車道上の自転車レーンなど新しい概念がある程度浸透してきた今、
東京都があえてこの法律を根拠に持ってきた理由は、
東京都の長期計画で整備することとしている自転車走行空間のほとんどが
多摩湖自転車道などのような「自転車歩行者道」であることと決して無関係ではないでしょうね。
東京都は引き続き歩道に自転車に走らせたいようです。
 
パブコメ募集前に分かっていれば当然突っ込んだところでしたが・・・
 
と思っていた矢先、国のほうから思わぬタイミングで朗報が
 
 
路側帯の対面通行を禁止し左側通行へ!
 
素晴らしい。大英断です。やるじゃん警察庁。
自転車の車道左側通行の推進に大きな前進です。
 
で、国でも道路交通法改正試案へのパブコメを募集すると
  ↓
 
内容は大賛成なので、今回は僕はいいかなとも思いましたが、
いや、このタイミング、東京都はいいことを思い出させてくれました。
存在自体忘れていたあの法律のことを。
 
と、いうことで、本日、以下の意見を送信しました。


【意見1】
今回の道路交通法の改正にあわせて「自転車道の整備等に関する法律」(昭和四十五年四月三日法律第十六号)の一部を改正し、同法第二条第三項第二号を削除すべきである。
 
自転車道の整備等に関する法律第二条第三項で同法上の「自転車道」の定義を定めており、第一号で「もつぱら自転車の通行の用に供することを目的とする道路又は道路の部分」、第二号で「自転車及び歩行者の共通の通行の用に供することを目的とする道路又は道路の部分」としている。すなわち、第一号では狭義の自転車道及び自転車レーン、第二号で自転車歩行者道(いわゆる歩道)を、同法で整備等に関する必要な措置を定める広義の「自転車道」であるとしている。
 
今回の道路交通法改正試案において、軽車両の路側帯通行を道路の左側部分に設けられた路側帯に限ることとしたのは、自転車の車道左側通行の再徹底を図る2011年の通達及び昨年のガイドラインの流れを具体化した、自転車の歩道通行習慣から脱却し適正な利用を図るうえで画期的な改正である。ガイドラインでも既に示されているが、今後、国及び地方公共団体が行う自転車走行空間整備は、歩道上ではなく車道上の主に自転車レーンを中心に行うべきであり、今回の改正は車道における走行空間整備の環境向上に資するものであり、英断を強く支持したい。
 
一方で、地方自治体の自転車走行空間整備においては、依然として歩道上での整備が計画決定されるなど、現段階ではガイドラインの趣旨が十分に理解・浸透されていない現状があり、その一因として、歩道上の走行空間を広義の「自転車道」とする自転車道の整備等に関する法律第二条第三項第二号の存在がある。自転車の車道走行徹底により歩行者と自転車の走行空間を分離し、歩行者の安全を確保するためには、国及び地方公共団体が整備を進めるべき自転車走行空間は歩道上ではないことを同法上でも明確化する必要がある。
従って、第二号の規定を同法から削除することが望ましい。可能であれば今回の道路交通法改正と同時に、時期的に不可能であれば今後できる限り早期に行うべきである。
 
 
【意見2】
路側帯に形状が類似する歩道付道路の車道部路肩の扱いを明示されたい。
 
歩道付道路の車道部路肩(車道外側線と歩道外側線の間の空間)は、形状が類似するため路側帯と混同されやすい。この空間については、場合場合により車道に含むとする解釈と含まないとする解釈があるが、今回の路側帯の軽車両通行規制の改正にあわせて、この空間の扱いについても明示して混乱を避けるとともに道路利用者に広く啓発する必要がある。
 
 
【意見3】
「左側端を通行する」という表現について
 
今回の意見募集告知文の3(3)参考の中に「車道における通行方法のように道路の左側端を通行することとされていないことから」という記述があるがこの「左側端を通行する」という表現は適切でない。道路交通法第一八条第一項は「軽車両にあっては道路の左側端に寄って、それぞれ当該道路を通行しなければならない」であり、「左側端に寄って通行する」が正しい。
 
広く世間でも「自転車の走行場所は道路の左側端」という表現が使われている現状があるが、法令上、自転車の走行場所は「端に寄っ」た空間であり、決して「端」そのものではない。両者は別の空間である。
単なる言葉上の軽易な言い換え・誤差として扱われがちであるが、この「道路の端」というイメージが世間一般に浸透していることにより、自動車による過剰な幅寄せや、自転車運転者一般の思い込みによる走行習慣等によって、車道を適法走行する自転車が端ぎりぎりの狭く危険な空間に追い込まれる事態が現実に発生している。国・所管庁は、こうした危険を招きかねない誤った印象の定着を防止・解消していく義務を負っているはずであり、不用意な用語の使用には万全の注意を払うよう切に願うものである。


 
意見1。もしも万が一これが実現すれば、東京都は条例制定早々、国にハシゴを外されることに(^^)
 
意見3については、別に今回言わなくてもよかったかもしれませんが、見つけちゃったもんで・・・
でも、これってとても重要なことだと思っています。
 
意見提出の締め切りは今月末です。皆様の参考になれば・・・

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事