ここから本文です
お気楽見聞録・バイク編
ご縁があって乗り始めたスポーツバイクを楽しむオジサンの日々を綴ります。
昨日は鎖骨骨折の診察日。朝の内は天気も良さそうだったので、広島から戻って室内も掃除してなかったRG1を掃除しまして・・・。

イメージ 3

K6号の乗っていない室内を見て、無事に納車出来た嬉しさ半分。ガラーンとした室内に寂しさも半分(^^;)。
身から出た錆なんだから、前を向いて歩かなきゃと気持ちを入れ替え、病院へ向かいました。

イメージ 4

定期検査の結果は概ね順調で、粉砕した骨の周りで新しい骨組織が育っているとの診断。手術から五ヶ月を経て、後はコチコチに凝り固まった筋肉をほぐすリハビリを真面目にやりなさいという指示でした(^^;)。ここから先も順調なら半年先か一年先くらいにチタンプレートを取り出して、真人間に戻れるようです。・・・長い長い療養期間ですけどねー(笑)。

そういう訳で気分的に楽になれましたので、我が家の大好物のタコを買い出しに出かける事にしました。

あっ、タコって=蛸・・・海産物のタコのことなんですが、ここ数年というもの近海産の真だこは品薄な上に価格が暴騰しており、我が家の近くの魚屋では手に入らない日も増えて来ました(^^;)。

そんな時に頼りになるのがコストコホールセールで販売されてた、モーリタニア産の真ダコ。大きくて安くて、味も近海物より濃厚なくらい。

一年を通してタコ焼やタコ刺が欠かせない我が家ですから、こういったタコを重宝してたんですが、やがて乱獲が祟ったのかモーリタニア産は姿を見なくなり、モロッコ産へと変わって行ったのですが、先日買い出しに出かけた際は遂にモロッコ産も消滅。なんだかマグロが品薄で高価になった時のように、最近はスペインやポルトガル以外の欧州でもタコ食は人気らしく、新しい産地が見つかると「乱獲」「高騰」を繰り返し、やがてタコは庶民の手の届かない高価な海産物に変わって行くのかなぁと諦めておりましたところ、今度コストコに入荷していたのは近海も近海。なんと長崎産でありました。

実に見事な近海ものの真ダコ。

イメージ 1

モーリタニア産に比べると、1パックそれぞれ1000円ずつくらい価格は高めに感じますけど、近隣の魚屋では絶対に手に入らないものですから、有無を言わさず大人買いをいたしました(^^)。これで暫くはタコ料理・・・特にタコを沢山入れたタコ・トゥーユなんか、冬場は最高であります。

その他にワインに合うツマミとして、「家バル」シリーズの美味しい物を買いました。

イメージ 2


食べ物系の最後の買い物は巨大なタバスコソース。ピザやパスタが大好きな我が家には欠かせませんです(^^;)。
普通サイズの約6倍も入ってる巨大サイズ。これが便利なんです。

イメージ 16


そんな具合に食べ物の方の買い出しが無事に終わったので、続いて私の道楽と言うか「志」の方の案件をアレコレ。

まずは軽量級でジジイの私の体力でも大丈夫そうなこのバイク。KTM  RC390    373cc   44PS  車重147Kg     シート高820mm。

イメージ 5

安価だし、間違い無く取り回しは楽ちん。派手なデザインも欧州車らしいし、嫌いなバイクでは無いのだけど、もう公道では乗れない身の上であれば、殆どご縁は無いバイクですな(^^;)。・・・好きなんだけどね。

じゃあエンジンの付いていない乗り物はどうなのか・・・。

イメージ 6

う〜ん。エンジン付いて無いけどKTMよりずっと高いわ。よって却下となりました(^^;)。

それでは、そもそも走る場所が地上で無ければどうなのか・・・。

イメージ 7

川を下る時は楽しめるんだろうけど、上る時はどうすんのって基本的な問題が全然解決出来ていないので、やっぱり今回も保留。いつかまた次の機会に検討しましょう。

・・・しーかた無いので、取り敢えず手持ちの車の維持用品や消耗品を買って帰ることにしました。

いつものモービル1  0W-40。 R35GTR他、多くのハイパフォーマンスカーの指定オイル。 通常の国内販売価格の半額程度で購入できます。

イメージ 8

それでいて製品安全データも公開されていて、品質は信頼出来ますし、紛い物でも無し。高品質なエンジンオイルをお探しの方にはお薦めですね。

イメージ 9


そうそう。以前から購入を考えていたARCANのハイブリッドジャッキ3t物も購入しました。本体重量は25Kg程度でキャパシティは3tの優れ物です。

イメージ 10


中身はこんな感じ。特に油圧シリンダーを操作するバーがアルミ製でメチャ軽いのが際立ってますね。

イメージ 11


その他に帰路に立ち寄った工具屋さんで以前から気にしてたWera(ヴェラ)のHexレンチセットを購入しました。これ多分、底値だと思います。

イメージ 12


世界のトップブランドのPB製のレンチと比較するとこんな具合。

イメージ 13


エッジ側のヘッドの比較はこんな感じ。

イメージ 14


ボールポイント側の比較はこんな具合。

イメージ 15

ボールのすぐ下側の部分が細く肉抜きされており、ボルトヘッドにボールポイントを少し斜めに入れてボルトを回した際に、Hexヘッドの角を痛めにくい配慮がされているのが判ります。こういった実用的で質実剛健な作りをされていて、それで価格はPBのほぼ半値。これはお薦めの工具のように思います。


なんだかんだと買い物三昧で過ごした金曜日。
楽しく過ごせました。
それでは、また (^o^)>


ブログリンクブログリンク

更新

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事