優雅に生きたい!

マイペースなブログですが、よろしくお願い致します!

全体表示

[ リスト ]

レクサスから、新しいハイブリッド車「HS250h」が登場しました。

それで早速試乗に行ってきました。


イメージ 1

イメージ 2


プリウスの延長的な位置づけなのかな?って始めは思っていたのですが、いい意味で期待を裏切られました。

車としてはISよりも大きいんです。

車高も高いので、結構大きく見えます。

デザインは空気抵抗を考えてか、あまり角がなく、丸みを帯びたデザイン。

実際かなり空気抵抗には気を使っているらしく、トヨタF1の空力部門の方が直接かかわっているらしくこの形状でCD値0.3をしっかり切っているそうです。

内装はどうか?

中の広さとしては、ほぼISと同等レベル。

けっして広いとは言えないんですが、一般的なセダンの広さを十分持っています。

イメージ 3

運転席のデザインとしては、スポーティーと言うよりはエレガント。

落ち着いていて、僕としては結構好感が持てました。

RXにも採用されていた、マウス状のコントロールシステム「リモートタッチ」もしっかり入ってます。

最小限の動きでナビやエアコン、オーディオを操作できます。


それでは走行レポを。


今回試乗したのは、HS250hのもっともスタンダードなバージョン。

スポーティーなバージョンSの設定もあります。


エンジン始動はやはりハイブリッドですから、全く無音。

走り出しはモーターのみでスタートします。

少し速度が出るとエンジン始動。

トヨタのハイブリッドのすごさだとおもいますが、全く変な振動もなくエンジンがかかります。


アクセルを踏み込むと、結構力強く加速します。

トータルで200馬力弱あるそうですが、モーターがアシストしているからでしょうか、パンチ力はエンジンのみのものよりあるように感じます。

コレだけのパワーがあっても、燃費はヴィッツ並みだというから驚きです。


ハンドリングとしては、意外と素直です。

重心としては高いんですが、サスは結構引き締めてあって、不要なロールはしっかり押えられてます。

ですから、少々のワインディングでも気持ちよく走ることが出来ます。

乗り心地としては、やはりやや固めのサスの影響で多少固く感じますが、ボディー剛性も高いこともあり、不快な振動、音は入りません。

ヨーロッパ車的な、乗り味と言ったらいいんでしょうか。

上質でしっかり高級感が出ています。

ここら辺はレクサスですね。


ブレーキはしっかり効きますが、ちょっと癖を感じます。

充電するため、モーターと連動しいるからでしょうか?

停車寸前の制動力が今一安定しません。

慣れればどうって事はないんでしょうが、はじめはギクシャクするかもしれません。


その他で気になったところとしては微妙な事なんですが、アクセルを少し煽ったり戻したりすると、エンジンのみの車より、ちょっとパワーの出方が唐突な感じがします。

おそらくモーターアシストの影響だと思いますが、加速のパンチ力に通じている所でもあると思いますが、モーターのトルクは常時マックスなので、アクセルワークに対して結構敏感に加速力が立ち上がってしまいます。

ですから、アクセルをオンオフ的に踏む癖のある方が運転すると、同乗者は車酔いするかもしれません。


この感覚は、RXのハイブリッドに乗った時は感じませんでした。

車重の影響なのかどうなのかはわかりませんが、ブレーキとアクセルはやや違和感を感じますね。


総合的には、とてもいい車だと思います。

プリウスが人気な今日この頃ですが、この車はもう少し大きなセダンを求めるユーザーにウケそうですね。

結構売れるんじゃないかと思います。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事