ここから本文です
辛抱しんちゃんのブログ13〜俺は本物を掴む迄兎に角やるんだ
一歩踏み出せるなら、もう一歩も踏み出せる

書庫全体表示

戦争は嫌だけど・・・

戦争は手段である。殴り合い・蹴り合い・挙句の果ては殺し合う手段を以って自国の利益に優位に導く手段だ。対極にあるのは話し合いだろう。どの道結果的には国に優位になる為行う事に変わりは無いが。まあ平たく言えばどの国でも自国を守る為仕方なく行っている・・・と言う建前にはなっている。もっともシンプルで分かり易い。力が強いものが正義・弱肉強食そのままである。範馬バキの勇次郎みたいだ。で、我が日本はここんとこ戦争をしていない。日本国憲法で「戦争はしません」と世界に名言しちゃったからね。その代わり軍事に国力を絞られなくて済むから、その分自国の内政を充実出来たメリットを忘れてはならない。戦争やっちゃえOKのままだったら下手こいたら日本は未だにベトナムやらミャンマーみたいな国になってたかも知れないし。でもデメリットもある。少なくとも戦力不保持・戦争不参加をスローガンに掲げているから中国・韓国・北朝鮮・ロシア等日本の隣国(どれもこれもろくでもない政治体制の国ばかりだ)が日本の領土をジワジワ侵食し続けている。今回は多く語らないが、兎に角日本領海を挟んで問題山積みである。一番酷いのは北朝鮮だ。事もあろうに日本に向けてミサイル発射している。拉致やら麻薬やらも大問題だが、ミサイル撃ったってのはハッキリ書けば宣戦布告ではないか?もし現在の憲法で軍を認めていたら今頃戦争だろう。朝鮮征伐だ!でもそれが出来ない。臆病風に吹かれた腰抜け極まり無い。まあ戦争になったら、勝てばいいが負けたら目も当てられないリスクも伴う。太平洋戦争で日本は連合国に負けて惨めな目に合ってるから余計不安なんだろうけど。ただ今のままで本当にいいのか?って考える人達もいない訳ではない。戦争は嫌だけど戦わなければならぬ大義があれば立ち上がるべきではないか?と言う考えもある。戦争はしないに越したことは無い。でも・・・と考える辛抱しんちゃんはよからぬ思想の持ち主なのだろうか?ううむ。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事