辛抱しんちゃんのブログ12〜辛抱すればこそ、成功が得られる

常に前へ進む気力さえ失わなければ、若さは何時も向こうからついて来る

全体表示

[ リスト ]

 1899年に茨城県で発生し、1902年迄東京府、京都府他5県で3,459頭の牛が感染した。
 その牛で作った種痘ワクチンにより米国で口蹄疫が広がった事がある(当時の呼び名は流行性鵞口瘡(ガコウソウ)、鵞口瘡脚熱、牛の舌病、伝染性鵞口瘡、口足病等)。
 その後1908年に、東京、神奈川、兵庫、新潟で522頭の感染が記録。
 2000年3月25日から4月9日に宮崎県で3戸、5月11日に北海道1戸の感染が確認、6月9日には終息。 
 日本では92年ぶりの発生となった。
そして2010年!
 口蹄疫(こうていえき: Foot-and-mouth disease、通称FMD)は、家畜伝染病の一つ。
 偶蹄類水牛山羊鹿カモシカ等)やハリネズミゾウ等が感染するウイルス性の急性伝染病。
 日本では家畜伝染病予防法において家畜伝染病に指定されており、対象動物は牛、水牛、鹿、羊、山羊、豚、猪。 
人にも稀に感染する!
 国際獣疫事務局(OIE)リストA疾病。
 1898年ドイツの医学者フリードリヒ・レフラーポール・フロッシュにより病原体が突き止められ、細菌より小さい事が確かめられた。
 これが、初めて確認されたウィルスこと濾過性病原体(他の生物の細胞を利用して、自己を複製させる事の出来る微小な構造体で、タンパク質の殻とその内部に詰め込まれた核酸からなる。病毒と表記する事もある。生命の最小単位である細胞を持たないので、生物学上は非生物とされている。)
 この病気は、ピコルナウイルス科アフトウイルス属口蹄疫ウイルス (foot-and-mouth disease virus, FMDV) によって発生する。
 只単に「アフトウイルス」と言えば口蹄疫ウイルスを指す。
 又、ラブドウイルス科ベシクロウイルス属水胞性口炎ウイルス (vesicular stomatitis virus, VSV) による水胞性口炎もこれに酷似した症状を示し、牛丘疹性口炎と共に類症鑑別が必要とされる。
 伝播力の高さ、罹患(りかん)した動物の生産性の低下、子牛の時の高死亡率(成牛になるのは1%以下)等が口蹄疫が恐れられている主な理由で、経済的には発見され次第、畜産物の輸出が出来無くなってしまう事も重要である。
 一般的には、感染すると発熱、元気消失
 多量の涎等が見られ、舌や口中、蹄(ひづめ)の付け根等の皮膚の軟らかい部位に水疱が形成され、それが破裂して傷口になる
(但し、水疱が形成されないケースも報告されている)。
 口蹄疫」の病名はこれに由来する。
 患畜がウイルスの感染そのもので死亡する率は低いが
 水疱が破裂した際の傷の痛み(細菌によるその後の二次感染も含む)で摂食や歩行が阻害され、体力を消耗する!
 それに寄って乳収量や産肉量が減少する為、畜産業に対して大きな打撃となる!
 又、家畜の伝染病の中では最も伝染力の強い疾病でもあり、水疱から破裂した際に出たウイルスが風に乗る等して、気象条件によっては100km以上移動する事もある。
 日本でも2000年春、92年ぶりに宮崎県北海道でO型の口蹄疫の発生が見られており、2010年4月23日にも宮崎県で感染が確認された。
 【宮崎/口蹄疫】 牛・豚への感染、さらに拡大。計30カ所超に…殺処分の対象は4万4892頭★2
 ★新たに12農場で口蹄疫疑い=宮崎
 宮崎県は6日、同県川南町の12カ所の農場で新たに口蹄(こうてい)疫の疑いのある牛と豚が23頭見つかったと発表した。
 感染が疑われる農場や畜産試験場は、確定したケースも含め計35カ所に拡大。
 殺処分の対象は4万4892頭に達した。
 家畜の移動制限区域に変更はない。
 4/20 宮崎県で10年ぶりに口蹄疫感染確認!
 日本産牛肉輸出全面停止!
 政府、口蹄疫の疑似患畜の確認及び口蹄疫防疫対策本部設置!
 赤松農水相、宮崎選出の外山いつきから消毒液が足らない報告を受ける!
 4/21 政府から指示無し!
 仕方無く現地で対応!
 消毒薬は現地の組合が用意したが不足!
 4/22 農水副大臣「現場の状況について今初めて聞いた」!
 4/25 殺処分の対象が1000頭を突破、過去100年間で最多!
 4/27 東国原知事、赤松農水相や谷垣自民党総裁に支援要請!
4/28 国内初の「豚」への感染疑いを確認!
 自民党口蹄疫対策本部長の谷垣総裁、現場視察!
 4/29 農水副大臣が宮崎県出張!
 現場には入らず生産者への面会も無し!
 27日に知事が上京した時にした話を再び聞く!
 4/30 自民党口蹄疫対策本部、政府に42項目の対策要請を申し入れ!
 対応を予定していた総理・農水相は当日になってドタキャン!
赤松農水相は夕刻に南米へ外遊!
 自民党、政府に6日7日の委員会開会を要求!
 政府は拒否!
 民主仕分け組、口蹄疫により被害を受けた畜産農家に融資を行う中央畜産会を仕分け!
移動・搬出制限区域を宮崎・鹿児島・熊本・大分の4県に拡大!
 自民党口蹄疫対策本部記者会見!
 「10年前の感染の際は直ちに100億の予算が確保され対策が成された!」
 「所がこの段階になっても国から宮崎県には一箱も消毒薬が支給されていない!」
 「この状況で農水大臣が外遊するとは自民政権時代からすれば前代未聞!」
 「国からは消毒液一箱も届かず!国が恰(あたか)も配った様に報道されているが、全くの誤報!」

5/1 宮崎県
自衛隊に災害派遣要請を行う!
 総理、熊本県水俣慰霊式に出席!
 イグサ農家を視察、サインをせがまれて「い草と畳で友愛」!
 宮崎はスルー!
 5/3 17例目確認 殺処分9000頭突破!
 5/4 19例目確認 殺処分27000頭突破!
 総理、普天間問題で沖縄訪問!
 宮崎はスルー! 
 舟山農林水産大臣政務官、デンマーク出張!
 5/5 1例目から約70km離れたえびの市で感染確認、感染23例、殺処分34000頭に!
 5/6 35例目の感染確認、殺処分10000頭増加!
 ウイルスが韓国や香港のウイルスと近縁である事を確認!
 
★口蹄疫ってどんな病気?
 ・偶蹄類の動物(牛、豚、羊、鹿、猪等)やハリネズミ、ゾウ等に感染するウイルス性感染症です。
 ・幼児期に感染した家畜は高確率で死亡します(子牛の場合成年になる確率1%)。
 ・死亡しなかった場合も体重の低下や算出する乳量の減少等により負の価値の家畜となります。
 ・感染力が非常に強く、空気感染をします。
 ・潜伏期間は2〜10日程度と言われています(最大は21日間と言われています)。
 ・口蹄疫ワクチンは存在しますが、有効度が低い上に感染したかどうかの判断が不可能になる為、使用されません。
 感染した家畜を治す手立ては基本的に無い為、殺処分されます!
 殺処分された家畜は敷地内若しくは近隣に埋められ、その土地は3〜5年間掘り起こせません!
 ・人間には基本的には感染しませんが、キャリアーとして感染拡大の媒体に成り得ます。
 ・過去大流行した地域では、人間の子供でも口蹄疫感染が疑われる死亡例の記録があります。
http://kyushu.yomiuri.co.jp/photo/20100422-842468-1-N.jpg
口蹄疫が日本で大流行すると
牛肉・豚肉価格が上昇!
乳製品価格
(牛乳・バター・チーズ・ヨーグルト等)
の価格が上昇!
食肉と乳製品の価格上昇により
多くの加工食品の値段が上昇!
ブランド牛が消滅!
(尚、宮崎ブランドで無くても種牛は宮崎にしかいない場合があります)
国内畜産関係者は事実上廃業!
(この保障や、大量失業による国家財政の圧迫が懸念されます)
畜産加工業者や流通等も
肉が無くなる為経済的に大打撃!
感染拡大を恐れた他国が
日本輸出品の輸入禁止措置!
日本人渡航禁止措置!
日本への渡航禁止措置!
(アメリカ・欧州諸国・オーストラリア等、畜産物輸出国家はこの対応を取る可能性が高い)
これ等の処置により
日本は経済的に孤立!
 口蹄疫…世界的に最重要監視されてる最悪クラスの疫病!
 (イギリスの時は軍隊動員!選挙延期!ブレア首相が陣頭指揮!被害額3兆円+機会損失数兆円!)
 潜伏期間は7〜21日!ファーストインパクトの押さえ込みには失敗。
 10年前に発生した際は初動が迅速だった事もあって殺処分は740頭で収束。
 その前となると1908年 500頭台。
 現在殺処分は「4万5000頭」!!!!!
過去100年間で最大の
感染症世界流行
pandemic危機!
 これから中確率で本州にも拡散します!
 この場合競馬・動物園等も無期限禁止になります!
 他国での被害例は500万頭 末期になると全物資無期限輸出・渡航禁止 既に牛は禁止!
 飼っているペットも伝染すれば薬殺対象となります(法律なので絶対)!
 
 他国なら非常事態宣言レベルの疫病を7日以上完全放置!
 抗菌スペクトルムの広い究極の消毒剤で、新型インフルエンザ・ノロウィルス・コロナウィルス・炭疽菌も殺菌!
 病院・学校・ペットショップ・ブリーダーの必需品イギリス製「ビルコンS」を韓国横流しにて薬品無し!
 本来は即行われるべき「消毒会社への在庫調査」等も一切無し!
 国命による消毒薬の配布は一箱たりとも支給無し!
 疫病発病後通達済みにも関わらず予備費を仕分けた為予算無し!
 担当大臣外遊!
 国家対策本部無し!
 国策指示無し!
 現場曰く「FAX一枚来てないのはどう言う事だ!」
 10年前は740頭で35億かかった 今回は45000頭以上 県の予算330億は既に無し!
 現在現地現場を除くメディアにおいて情報規制中(海外では日本のパンデミック報道済・報道中)!
 風、人、車を介して広がるにも関わらず現地からの移動に消毒(本来は国策)無し!
何かの陰謀なんだろうか?わざとやってる??
 舟山康江農林水産大臣政務官http://www.kyudan.com/2007senku/img/funayaa-yasue.jpg「宮崎県の対応に問題があった♪」
 赤松農相http://prt.iza.ne.jp/images/news/20090918/224935_c450.jpg「対応を官僚に投げてしまうと<政治主導>じゃ無くて、<官僚主導>になってしまうので、対応をさせない♪」
 輿石参院会長http://sankei.jp.msn.com/photos/politics/policy/071130/plc0711302020017-p2.jpg「民主党に票を入れなければそれなりの対応をする!」

 与党は県と自民党から申し入れた対策案を拒否!
 その後会合自体も拒絶!
 口蹄疫に対して
治療が選択される事は
無い!
 致命的な病気では無いが、偶蹄類が感染する伝染病の中でも最も伝染力が強く、蔓延すれば畜産業界に経済的な大打撃を与え兼ねない疾病でもある為、患畜として確認され次第、家畜伝染病予防法に基づいて全て速やかに殺処分される。
 因みに口蹄疫ワクチンは存在するが、基本的に使用しない!
 その理由は
 (1)感染の診断が不可能になるので、その後の予防が著しく困難になる
 (2)100%の効果が無いので、感染源になったり偽の安心を生む
 (3)日本での使用例が無く不安である
 (4)日本にきちんとした在庫がない
 (5)ワクチン接種された動物は食品に使えない
 (6)接種範囲の決定が困難である
 等である。
 口蹄疫は直径約24nm(1ナノメートル=10億分の1メートル)の球形をしたウイルスによって牛・豚・山羊等の偶蹄類動物に罹る急性伝染病で,国際的に最も重要な家畜伝染病です。
 感染経路は,口蹄疫に罹った動物からのウイルスが分泌物や排泄物等(呼気,唾液,鼻汁,糞尿等)を通して大量に体外へ排出され,直接的,間接的(口蹄疫のウイルスは空中の微粒子に付着,風に飛散したり,ネズミや波り鳥がウイルスの媒介者となる事があるとの学説もある)に他の動物の気道粘膜,口内粘膜等に入り増殖し,血液を介して体内の各臓器に運ばれ,増殖し,発病する―と言うものです。
 発生を見た場合は速やかに情報を公開し,発生周囲の防疫態勢を確立し,発病動物の淘汰,2次蔓延防止の為,タイプに合ったワクチンを緊急輪入して対応する以外方法が無い!
それを早くせんかい
民主党政府!
 早くせんと宮崎県は愚か日本全土に広まるぞ!
 そうなった場合の被害がどれだけ甚大か、このブログ上で嫌と言う程書いてある!

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

鳩山は感染しているのでは?

恐ろしい

傑作☆

2010/5/7(金) 午後 8:05 愛國 返信する

顔アイコン

経済的損失・・・・・・・
考えただけでも恐ろしい。
民主党は何を考えてるのか!!!!!

2010/5/8(土) 午前 0:13 七海丸 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事