<14産馬>

すべて表示

とりあえず受かった

アトラーニ
7/21  橋田厩舎
21日はゲート試験を受け、無事合格しました。
「ゲートについては練習でも特に問題ありませんでしたので、今朝試験を受けてみたところ無事に合格することができました。この後は競馬に向けて調整を進める予定ですが、普通キャンターペースで乗っている時でも息の入り方がまだ良化の余地を感じさせるので、少しずつ負荷を強めていきます」
(橋田師)
つまりはまだまだだと。


レヴェンスホール
7/21  宮本厩舎
21日に栗東トレセンへ帰厩しました。
お帰りなさい。


レッドヴィーヴォ
(ミホ分場)
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター4200mを25-25秒。馬体重469キロ。
担当スタッフ
「背骨は良くなって来ています。トモは疲れやすく、甘さのある馬ですが、こちらもじっくり乗ってきたことで感じは良くなって来ています。体調は良さそうなので、あとは背腰をしっかりケアしながら進めていきます」
まだまだだね。


レッドカルディア
(社台ファーム)
続けて使ってきた割に大きく落ちた感じはしませんね。体の張り艶なども悪くありません。飼い葉はガツガツ食べる感じではありませんが、食べては飼い葉桶から離れ、気付くとまた思い出したように少し食べるというのを繰り返しています。左前の内側に骨瘤がありますが、触っても全く気にしない程度。ただ、全体的に筋肉の硬さは出ている感じで、若干歩きも小さくなっています。まずは疲労の解消に努めたいので、今週は運動のみで楽をさせるつもりです。
ごゆっくり。


レッドウィズダム
(吉澤ステーブル)
マシン運動。512キロ。
牧場スタッフ
「今週もマシン運動とパドック放牧で調整しています。引き続き歩様チェックなどで気になるところはないですし、飼葉もしっかり食べています。ただ、まだレースでの疲れがあるようですし、骨瘤も痛がるところはありますね。それでも先週よりは固まって来ているので、引き続きレーザー治療と水冷でケアしながら良化を図ります。同じく立ち上げは馬の状態を見ながら決めさせてもらいます」
まずまず。


レッドオルガ
(ノーザンファーム早来)
この中間も変わらずトレッドミルでの調整を継続しています。引き続きトラブルなく進めることができていますし、精神状態を含め馬には元気があってコンディションは上々です。特に不安材料もありませんので、この調子でメニューを重ねていけると思いますよ。順調そのものですね。
まだまだだね。


レッドゼノン
(ファンタストクラブ)
今週も屋内ダートと坂路を併用して乗り込み順調です。今日は坂路で1本目に17-17で乗ってから、2本目に5Fから併走で15-15を乗りました。動きはまずまずといったところですね。まだ元気はつらつという感じではないのですが、状態が上がりかけている感じはします。昆先生からは、「使うなら札幌の後半だが、500万でやれるメドは立っているし慌てることはない。大事にいきたいので使わない可能性もある」とお話をいただいています。流動的なところもあるので、馬に合わせて少しずつ状態を上げていければと思います。馬体重は464キロです。もう一回りあってもいいですね。
延期か。


レッドラシーマ
(ノーザンファームしがらき)
周回キャンター3000m、坂路1本。502キロ。
牧場スタッフ
「今週も坂路にて17−17のペースで乗っています。気持ちも前向きで集中力が感じられますし、若干ですが以前よりも動きに柔らか味が出てきたように思います。息遣いも今のところ大丈夫ですし、体調面も安定しています。今週末から坂路のペースを15−15に上げていく予定です」
上向き。


レッドジェノヴァ
(社台ファーム)
この中間は運動調整で様子を見ていますが、大きなトラブルはありません。短期のリフレッシュということですので、こちらでガシガシ乗るのではなく馬任せに乗って気持ちの面でサポートしてあげられればという気持ちです。近々の移動も考えられるのでもうひと回り体をふっくらさせておきたいですね。
まずまず。


※上記のコメントはクラブ側の許可を得て転載しています

その他の最新記事

すべて表示

もう時間がない

2017/7/20(木) 午後 10:36

クロノスタシス 7/20  NF空港 舎飼で休養しています。 「この中間は手術を行った箇所の抜糸を行っています。しばらくは舎飼で体力の回復を促していくことになりますし、脚元の経過を見ながらしっかり静養期間を過ごせるようにしていきたいですね」 (空港担当者) まだまだだね。 ココファンタジア 7/20  函館競馬場 19日は函館Wコース ...すべて表示すべて表示

14産1頭目の引退馬

2017/7/19(水) 午後 8:23

フェルメッツァ 7/19  松永幹厩舎 19日は軽めの調整を行いました。 「すでに乗り出していますが、この中間も反動で疲れが出るようなこともありませんし、引き続き体調面も良好です。前走も決してこの馬向きではない条件の中で頑張ってくれていましたし、重賞でもうまく展開が噛み合えばもっといい走りをお見せできるはずですよ。この後は予定どおり小倉記念へ向けて少しず ...すべて表示すべて表示

牧場2歳馬

2017/7/17(月) 午前 7:01

レッドラフェスタ (坂東牧場) マシン運動60分、ダク1000m、キャンター3400m、坂路調整。 担当スタッフ 「この中間もトラックでのキャンターと坂路を併用してしっかり乗り込んでいます。動きは相変わらずいいし、騎乗者からは背中の感じやフットワークの良い話も聞いています。ただ、やっぱりこの馬の課題は精神面ですね。うるさくて手に負えないとかではないのです ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事