パッシングショットに魅せられて

今週はクロノスタシス・レッドラシーマ・レッドラフェスタが出走予定

<15産馬>

すべて表示

回避

フェルメッツァ
1/23  NFしがらき
周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。
「移動に向けてそろそろペースを上げた調教をと思っていたのですが、少し強めの負荷をかけてみたところ、もうひとつ動きが冴えません。いい時は手を焼くほど活気があるのに、今はモサモサした感じで気合い乗りも良くなってこない状況です。昨秋からコンスタントに使ってきてダメージが蓄積してきた可能性もありますし、調教師にも状態を確認していただいた上で、小倉大賞典は回避してじっくり立て直すことになりました」
(NFしがらき担当者)
残念。


メートルダール
1/23  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14秒のキャンター調整を取り入れています。
「コンスタントに乗り込みを行っており、この中間は坂路に入る際は14−14をベースにしてしっかりと乗るようにしています。今のところ心身ともに悪くはなく、このまましっかりと乗り込むことで美浦へ送れるようにしたいですね」
(天栄担当者)
順調。


ココファンタジア
1/23  NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「先週の木曜日にこちらへ到着しており、現在はウォーキングマシンを中心とした調整で馬体のチェックを行っていますが、今のところは特に疲れもなく、体調面の問題はなさそうです。短期間でトレセンに戻すと聞いていますから、このまま軽く動かしつつ心身のリフレッシュを図っていきたいと思います」
(NFしがらき担当者)
次は斑鳩Sあたりか。


チャームクォーク
1/23  NF天栄
トレッドミル調整と周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「乗りとトレッドミルを織り交ぜた調整を行っていますが、背腰の疲れがまだちょっと気になるかな…という状態ですね。可能ならば東京最終週あたりのレースを考えられればという思いでいましたが、現況からするとちょっと難しいかもしれません。まだ決める段階にはないですし、引き続き様子を見ていく中で大和田師と相談をしていければと考えています」
(天栄担当者)
こうなると思った。


カラドゥラ
1/23  NF天栄
トレッドミル調整を行っています。
「先週帰ってきました。大きく傷んだということはないのですが、使った分、この馬なりに疲れが溜まっている状態でしたね。そのため、まずは疲れを取ることから始めようと考え、現在はトレッドミル中心の運動を行っています」
(天栄担当者)
次はいつ戻ってこれるだろうか。


ライレローズ
1/23  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14〜15秒のキャンター調整を取り入れています。
「先週あたまの時点ではトレッドミルでの調整をしていましたが、その後は乗りも交えており、現在は坂路にも入っています。今朝は14−14くらいで乗っていて、まずまずの動きを見せてくれています。体に関しては背腰を中心にギリギリかなと感じるためそう何度も使い込むことは難しいと思います。それなので、何とか次の競馬で良い結果を出してもらいたいですね」
(天栄担当者)
無理はしてほしくないんだけど。


キングカーティス
2018/01/23  ライジング
時間を延長し、ウォーキングマシーン運動を60分間行っている。血液検査の結果ではまだスクみの症状が数値として表れているが、獣医師によると「ある程度、慢性化している。このくらいなら動かしながらケアしていった方が良い」とのこと。また、小崎調教師からも「軽く乗り始めるように」と指示が出ているため、明日からは騎乗調教を開始する予定。「獣医師とも相談して、サプリメント等を与えて内側からもケアしていきます」
(担当者)
まだまだだね。


クロンヌデトワール
2018/01/23  栗東トレセン
吉澤ステーブルWESTでは、引き続き、週2回のペースで15-15を行った。冬場ということもあり、多少毛は伸びているが艶は良好。まさにひと追いごとに状態は上向き、充分に移動の態勢は整った。気持ちの面でもリフレッシュできており、心身ともに雰囲気は良くなっている。なお、馬房の都合がついたため、本日、栗東トレセンに帰厩。
「毎週少しずつ良くなってきました。時計の本数も重ねてきたので、息も問題なくできていると思います。しっかり立て直すことができました。同じオルフェーヴル産駒のエポカドーロが勝ちましたし、本馬も続いてほしいですね」
(担当者)
お帰りなさい。


※上記のコメントはクラブ側の許可を得て転載しています

その他の最新記事

すべて表示

やっぱり

2018/1/23(火) 午前 11:25

レッドヴィーヴォ 本馬は1月13日の中京競馬に出走し13着での入線。レースでの飛越で内ラチに激突するアクシデントもあり、レース後は状態の確認とリフレッシュのためにミホ分場へ移動しましたが、背中には痛みもあり、特に左前には硬さが見られ歩様も良くない状況。獣医師によると『慢性的なものもあるが、激突したことによるダメージは少なからず影響している様子。年齢的なも ...すべて表示すべて表示

そろそろフラグが

2018/1/20(土) 午前 0:08

レッドヴィーヴォ マシン60分。   担当スタッフ 「火曜日に入場しました。競馬でラチにぶつけた影響で、左前の歩様に少し硬さがあって背中も気にしているので、今週いっぱいはケアしながらマシンでゆっくり進めて行きます」 ※今後については馬の状態を見極めながら協議してまいります。 いよいよかな。 レッドオルガ 角馬場→坂路  坂 助手 71 ...すべて表示すべて表示

それでもタイムは縮まらない

2018/1/19(金) 午前 7:45

レッドカルディア 担当スタッフ 「この中間もトレッドミル(キャンター)での調整を続けていますが、疲れも抜けてきて動きも良くなってきてくれました。じっくりと進めてきて、ようやく上向いてきてくれましたので、今週いっぱいはトレッドミルでのメニューで状態を確認していき、問題なければ週明けから跨っていこうと考えています。毛は長いのは相変わらずですが、元気が戻って表 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事