山とお花

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

ハイマツの中からホシガラスが飛び出してきて、面倒くさそうに侵入者である僕に目をやっている。


イメージ 1



登山道には、ハイマツの実を集めて食べ散らかした跡がある。

もしかしたら今まで食べていたのかもしれない。


イメージ 2



一箇所に集めて、食べる時はじっくりと食べてるんだなホシガラスさん


イメージ 3





イメージ 4

開く コメント(4)

火打山から焼山へ

1カ月以上も前のことを
いまごろ、書いてます。

入山2日目

火打山を超えて、水蒸気が噴きあげる焼山を目指しました。


イメージ 1



目指すあの山、近そうなのに
けっこう遠かった。


過去には水蒸気爆発で噴石が登山者を襲ったこともある、焼山。
親戚のおばちゃんは、そんな危ないところやめときなって。


地図見てたらやっぱり行きたくて。だけど正直、近づくにつれて蒸気が噴出する、シュゴーっていう音にビビっていた。


イメージ 2



風向きによっては、硫黄の臭いも流れてきて、さらに緊張感が増してくる。そして連続する急斜面と
時折現れる痩せた尾根。

これくらいのところ
通常なら鼻歌交じりだけど(嘘)

昨年、御嶽山のあんな事故もあったから、やはり最悪の事態は想定してしまう。しかも、朝一番からだから周りには誰もいないし。すれ違う人もいない。



いよいよ、焼山の最後の斜面まで来たのだけど、ここで警告されていた事態に遭遇した。まあ、事前に知らされていた事だから覚悟の上だったけど。

…道が見えません

下草が伸び放題で腰まで草のなかにズッポリ。ヤブコギ状態で進む事に。

しかも、足元は2日前の大雨でぬかるんでいて何かに頼らないと登れない場所も。

イメージ 3



やっとのおもいで、もう山頂直下だろうという場所に到達。
…しかし完全に道がなくなった。
下草の低い、谷間に出たのだが登山道がない。


イメージ 4



見事にハクサンコザクラが群生している。その可憐な株を避けて行くしかない。ちょっと完全にルートを外した事を確信。


イメージ 5



仕方ない、直登は危険すぎと判断し、右側の少し低めの崖をよじ登る事に。そしてひょいと壁の上に顔を出すとそこにはなんでもない登山道が広がっていて、ホッとさせられた。


さらに、そこには突然の来訪者に驚く雷鳥さんがいたのだった。


イメージ 6



保護色で分かりにくいでしょうけど。

開く コメント(8)

イメージ 1


高谷池ヒュッテから丘を一つ越えると、すぐに天狗の庭と呼ばれる高層湿原が現れる。


イメージ 2



ここではのんびりと過ごせるのなら時間をたっぷり使いたい場所だ。妙高からキャンプ地に戻って時間があるからついでに火打山も往復しておくかと思ったけど、見どころ満載のこの場所を素通りすることはできなかった。

イメージ 3




池の周りにはモウセンゴケが群生して、遠くからでもぼんやり赤く見える。水辺の植物や水分が多い場所に出てくる高山植物が多く見られた


イメージ 4


綺麗に撮れたクルマユリ




イメージ 5



これなんだっけ?雪田からの池の淵に咲く




イメージ 6



ハクサンチドリ



イメージ 7



イブキトラノオ?
あれ、写真みたらなんか違うな



イメージ 8


体長3センチほどの小さなトンボ
すばしこくって写真に収めるの大変。




イメージ 9


木道にすわって
ワタスゲの原を眺めていたら
ファンタジーな気分に

開く コメント(2)

黒沢ヒュッテに到着したのが9時22分。
小屋を覗いてみると、誰もいないようで張り紙がしてあった。

「午後2時まで留守にします」

イメージ 1



どこへ行っちゃったんだろ?


外のベンチで靴を履き直したり
身支度を整えたり、思い出したようにザックからオニギリを取り出して半分食べたりした。早朝に関わらず、おばちゃんがら早起きして作ってくれた。お米は自家製の新潟コシヒカリ。うまいに決まってる。


イメージ 2




妙高山は火山の河口の中に、また盛り上がってそびえ立つ。外輪山をともなっている。

遠くから見ると、山の真ん中にまたもう一つの山がニョキッと顔を出す、二重構造になっている。特徴的な山だ。

見た目は面白いが、山頂にたどり着くのに登って降りて登ってを繰り返さなくちゃいけない。しかももともとは火山の火口だから登り下りはかなり急勾配だった。

イメージ 3


妙高山の山頂付近は雲がかかっていて、ときどき雲が晴れて全容を現してくれたが、写真を見返してみてもベストショットはなかった。


イメージ 4


外輪山の大倉山を超えて谷底に落ちていくような傾斜を下って行くと草を刈る機械音が聞こえてきた。近づくと、先ほど刈られましたという感じのイタドリの茎が散乱して、足元にはネガマリタケの根っこが広がっている。なかなかコイツが滑りやすくて厄介だ。


イメージ 5


男性2人が草を刈ってくれていて
聞きはしなかったが、山小屋の方に違いない。だから今日の営業は2時以降にということなのだろう

イメージ 8

イメージ 9



登山道が大きく崩れて、迂回道が作られていた。春に大規模崩落があったと草刈りの方が教えてくれた。「すごい量だろう、1人くらい埋まってるかもしれねえな」と真面目な顔をして冗談を言う。


イメージ 6

イメージ 7

開く コメント(1)

今回は、キャンプしたいっ!
って事で火打山への中継点
高谷池ヒュッテに立ち寄ったが
荷物を軽くして、妙高山と火打山への登り笹ヶ峰高原へのピストンも、トレイルランナーであれば容易に可能だ。

ただし、お花や風景を堪能するにはもったいないかな、駆け抜けちゃうと。

それに、オプションとして
焼山という、水蒸気を吹き上げてる火山にも行ってみたい。
というのが今回のプラン

イメージ 1


スタート地点の笹ヶ峰には車100台くらいは止めれそうな駐車場があった。


イメージ 2



まずはキャンプ予定地の高谷池ヒュッテに1時間50分で到着。
テントや食料などをデポさせてもらい、妙高山を目指す。

イメージ 3



茶臼山をこえて、黒沢池ヒュッテを目指す。高台からのぞむ黒沢池
周辺の湿原地帯の広がりが美しい

イメージ 4



黒沢池ヒュッテも、
特徴的な形をしていて
少し洋風な感じのする山小屋だ


イメージ 5

イメージ 6

開く コメント(1)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事